guard   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あずかる
   
guard ... with one’s life: 命にかえてもだいじにあずかる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 310
かくす
   
guard one’s feeling: 気持ちをかくす クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 113
かためる
   
guard the flanks: 両外翼をかためる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 471

ガード
   
be guarded by fold-back grates: 鉄格子でがっちりガードしてある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 174
プロテクター
   
Pendleton wears two black gloves and a guard on his right forearm: ペンドルトンは両手に黒い手袋をはめ、右腕に黒いプロテクターを巻いている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 389

   
drop one’s guard: 鎧を脱ぐ ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 87
垣根
   
the guard drops between sb and sb: (人と)(人の)垣根が取り払われる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 108
監視人
   
be lined with guards: 〜はすべて監視人が配置される 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 7
監督する
   
officers to guard the soldiers: そのまた兵隊たちを監督する士官たち ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 79
警戒
   
appear to be on one’s guard against sb: (人に)対して暗に警戒する所もあるようだ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 174
be nervously on one’s guard: 警戒をとかない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 203
become uncharacteristically guarded: いつになく警戒する口調になる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 228
catch sb off guard: (人の)警戒心が思わずゆるむ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 110
警備にあたる
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 410
護る
   
guard sth with one’s life: 命にかけて護る デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 272
守備
   
send them off to their night guard posts: 兵を夜間守備配置につかせる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 369
守備する
   
there are soldiers to guard ...: 今でもまだ守備兵はいる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 79
守備隊
   
a battalion of border guards: 国境守備隊一個大隊 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 527

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

with guarded contempt: なめていると思われないように気をつけて
thrown off guard: 出鼻をくじかれた格好で
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 60
stand guard: 警護にあたる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 266
stand guard: 見張り
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 182
stand guard: 見張りの務めを果たす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 182
one’s own palace guard: 自陣営
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 264
on guard at sth: 〜の立番
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『虔十公園林』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 13
on guard: しっかり留守番をしてる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 276
on guard: 警戒心をとぎすます
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 59
on guard: 張り込んでいる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 113
old guard: 古参組
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 354
look-alike guard: 近衛兵
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 33
guard sth: (物を)だいじにする
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 34
guard one’s tongue: でかかった言葉をのみこむ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 444
caught off guard: 不意だったので
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 223
be well guarded: 厳重に守衛がついている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 108
be under guard: 護衛つきだ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 82
be on guard: 警戒する
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 477
you caught me off guard: でも、びっくりしましたわ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 100
thoroughly guarded solid, and intolerable citadel: 八方すきなしの、かんかちこの、やり切れない砦
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 34
think it best to be on one’s guard: 用心するにこしたことはない--こう(人は)考える
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 176
remind sb, catching sb off guard: (人の)言葉に(人は)びっくりする
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 368
put sb on guard: 〜すると(人は)警戒の姿勢をとる
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 30
palace guards and attendants have showed me to the anteroom: 衛士と侍従が、控えの間に導いてくれる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 42
never let one’s guard down against sb: (人には)決して隙を見せない
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 110
must always be on one’s guard: 油断が出来ない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 75
momentarily caught off guard by sb’s response: (人の)その返事は思いがけなくて一瞬戸惑う
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 80
let one’s guard down: 気がゆるむ
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 66
her emotions are always catching her off guard: 彼女の感情は隙だらけだ
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 8
have guard dogs behind the counters: カウンターの後ろには番犬が控えている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 562
guard this secret jealously from everyone: 用心ぶかくかまえてだれにも打ち明けない秘密
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 260
don’t guard oneself well: 明け放しだ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 238
dismiss the security guard: ほあんいんを遠ざける
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 523
catch sb off guard: (人も)愕然とする
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 267
be totally on guard: もはや、つけこむ隙がない
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 149
be standing guard over sth: 〜を見張っている
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 87
be so on guard with sb: (人を)腫れ物にでもさわるように扱っている
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 133
be always on one’s guard: 寸分の隙も見せない
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 118
guard and protect sb absolutely: (人を)どこまでも護る
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 203
be coming into Paris under a guard five hundred strong, in cavalry alone: こともあろうに騎兵五百人に守られてパリ入城を企図している
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 77
avoid the obvious guard: 警備員らしい男の目を巧みにごまかす
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 254
that guard is a real bastard: まったくインケンなガードマンだ
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 96
a silent immediate guard appears between the curtains: 衛士が、垂れ幕のかげからすうっとあらわれる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 46
carefully guard: 周到にかくす
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 113
a full complement of security guard: 完璧な警備体制
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 133
one’s difficulty at the guard-house in this small place have been such: とりわけこの小さな町の番所での取調べはひどかった
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 116
guard duty:懲罰室監視
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 174
be on guard duty: 不寝番に当っている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 209
Kenney was immediately on guard: ケニーはたちまち警戒した
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 477
Not even a guard's insult to wake me up: 眠らせないための看守のいやがらせすらもない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 190
the obvious guard posted there: そこに張りついている警備員らしい男
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 254
ostensibly to check the guard posts: 衛兵詰所を見まわると称して
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 333
perspiring over one’s guard-books: 切抜き帳の上で汗水垂らしている
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 79
The guard scowled: 門衛は怖い顔をした
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 139
security guard:ガードマン
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 63
set oneself soberly to work upon one’s guard-book: 切抜帳相手にしっかり仕事に取りかかる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 71
technically speaking sb is not a really guard anymore: 厳密にはもう護衛と呼べない
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 515
I smoked another cigarette and thought over the encounter with the guard: 僕はもう一本煙草を吸ってさっきの警備員とのやりとりを思いかえしてみた
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 149
to say that sb did not guard himself well would be an understatement: 穴だらけというよりむしろ明け放しと評するのが適当な位に無用心でした
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 238