handwriting   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
   
have beautiful handwriting: 字が綺麗だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 203
字面
   
sb’s peculiarly standoffish and beautiful handwriting: 一種独特のふっきれたような美しい字面 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 68
書体
   
one’s handwriting remains firm: (人の)書体が確かだ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 72
筆の運び
   
sb’s handwriting shows none of the hesitancy which one might expect: この種の病人に見るふるえが少しも筆の運を乱していない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 72

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

one’s handwriting: (人の)肉筆
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 47
And you didn't recognise the handwriting: もしや筆跡に見覚えはなかったろうね
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 185
It hurt him that she had typed, it, though he remembered her handwriting was more or less indecipherable.: タイプで打たれた手紙に傷つけられたものの、そもそも彼女の肉筆はおよそ判読不能だった。
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 47