hearing   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
   
have always possessed unusually good hearing: もともと(人は)人一倍耳がよい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 464
審問
   
come up at the hearing: 審問で検討される クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 352
審問会
   
have never handled a hearing: 審問会は手がけたことがない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 45
have a hearing: 審問会がひとつ入っている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 24
審理
   
bond hearing: 保釈金を決定する審理 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 46
尋問
   
competency hearing: 適格尋問 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
聴覚
   
have a bit of hearing problem: 聴覚にいささか問題がある ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 308
聴力
   
sb’s hearing is almost gone: (人の)聴力がほとんど失われてしまう ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 60

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the entire hearing: 裁判
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 5
lose one’s hearing: 空耳だ
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 514
hearing aid: 補聴器
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 60
disciplinary hearing: 審問会
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 45
explain within sb’s hearing: (人に)きこえよがしにいう
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 164
insist many times on hearing about ...: 何かに付けて〜の事情を知りたがる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 177
actually succeed in hearing the news of ...: 〜のニュースをはっきりきく
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 140
on hearing sb’s approach: (人の)近づく気配に
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 467
don’t believe what one is hearing: 耳を疑う
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 106
can’t believe what I am hearing: 耳を疑う
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 77
that is the best part of hearing sb talk about ...: (人が)してくれる〜の話は最高だ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 106
can’t help hearing what sb say: (人の)話がいやでも耳に入ってくる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 272
there isn’t a chance of A not hearing B: (Aに)(Bの)声が届いていないはずはない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 403
on hearing when the day closes in that ...: その日も暮れかかるころ、〜という情報が伝わると
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 77
Anne swept by disdainfully, without look or sign of hearing: アンは見さげはてたというように、ふり向きもせずそんな言葉は耳にもいれず、さっそうと通りすぎてしまった
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 163
Honda's hopes for a dismissal at the preliminary hearing were dashed: 予審の段階で免訴を望んだ本多の希望は挫けた
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 375
you’re forever hearing about ...: 〜の話は、もう耳にタコだ
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 86
as the little girl hated hearing ...: 〜を聞くのが子供心に嫌だったのであろう
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 129
hate hearing sb talk about ...: (人が)話をするのがいやでしかたがない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 85
hearing sb do, ...: 〜が〜するのをきくや〜する
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 440
keep hearing: 〜ということをしきりに聞きます
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 457
without sign of hearing: そんな言葉は耳にもいれず
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 163
think I am not hearing straight: 自分の耳が信じられない
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 47
on hearing that ...: 〜といわれると
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 86
lose one’s hearing: 難聴に冒される
have been hearing so much about: これまでさんざん話を聞かされてきた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 233
get tired of hearing ...: 話にうんざりする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 159
be worth hearing about: 〜のことならおもしろい
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 291
be hearing things: 空耳だ
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 139
am I hearing you properly?: ぼくの聞きちがいじゃないでしょうね
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 157
cannot help hearing ...: 耳に、〜が否応なくはいってくる
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 126
a preliminary hearing let the prosecutor’s office off the hook: 予審を経ることで検事局は責任を逃れる
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 416
it makes sb uneasy just to know that, without hearing anything more: それを知っていれば、どうしてその先を聞かずにいられるだろう
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 49
a moderately good hearing-aid: なかなかいい補聴器
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 105
you must be hearing things: 空耳だろう
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 139
quick hearing: 簡単な問診
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 31
Either the driver softened or he got tired of hearing it: バスの運転手が同情したのか、話にただうんざりしたのか、どちらかはわからない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 159
give me a sympathetic hearing: 親身にきいてくれる
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 135
just hearing sb talk like that: (人の)そんな声を聞いたとたん
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 42
We were hearing of Karla's trade-craft from the horse's mouth: なにしろカーラのテクニックを当事者の口からきくんだからな
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 475
it makes sb uneasy just to know ..., without hearing anything more: それを知っていれば、どうしてその先を聞かずにいられるだろう
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 49