husband   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
うちの人
   
my husband: うちの人 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 463
お父さん
   
<例文なし> 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 131
ご主人
   
husband deserted by his wife: 女房に逃げられたご主人 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 82
crazy husband of yours: ネジの飛んでるおたくのご主人 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 219

結婚した相手
   
Her husband was an Army fighter pilot: 彼女の結婚した相手は陸軍のジェット・パイロットだった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 61
結婚相手
   
be more interested in looking for a husband than ...: 〜などそっちのけで結婚相手を探すのに血道をあげている ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 147
主人
   
My husband used to play tricks on me a lot: わたし、主人にしょっちゅうひっかけられていたんです スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 107
my husband: うちの主人 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 136
have a truly devoted husband: ご主人はとっても思いやりのある方です ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 140
have a husband in the military: (人の)御主人は軍人さんだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 352
<例文なし> 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 107
主人になる男
   
sb’s husband: (人の)主人になる男 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 20
脊の君
   
<例文なし> 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 36
   
indulge my husband’s hobby: 宅の道楽につきあってくださる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 35
旦那
   
It appears that women usually outlive their husbands: 大抵世間じゃ旦那が先で、細君が後へ残るのが当たり前のようになっているね 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 90
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 275
   
husband with something to hide: やましい男 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 119
亭主
   
The wife was scheming at the time to kill her husband: そのまた雌の河童というのは亭主を殺すつもりでいたのです 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 34
She killed her husband: あの女、自分の亭主を殺したんだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 97
Fat Linda's husband has simply pulled out on them: 太っちょリンダの亭主はただ単にあいつらからトンズラしただけだよ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 68
cuckolded husband: 寝取られ亭主 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 81
an angry husband: 寝取られ亭主 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 127
<例文なし> ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 138
   
think it is time for one’s family to meet one’s husband: そろそろ自分の家族に夫を紹介したい ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 131
one’s frightened mouse of a husband: 常日頃ネズミのようにびくついている臆病者の夫 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
confident in one’s power over one’s husband’s mind: 夫の心など思うままに支配していると確信してつゆ疑おうとしない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 176
a scowl from her husband dislodged her: 夫のひとにらみが、彼女の腰を持ち上げた ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 20
連れ合い
   
Sam is my husband's sun: サムはわたしの連れ合いの息子で、 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 201

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the prospective husband: 相手
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 88
jealous husband: 寝取られ男
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 227
husband and wife: 夫婦
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 21
have a husband: 結婚した
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 107
take doctors as husbands: 医者の婿を迎える
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 29
make the best husband: 女房はしあわせだ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 191
act the part of the faithful, loving husband: 忠実振りを発揮する
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 109
be chosen for sb’s husband and adopted into sb’s family: 入聟になる
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 61
in the place of my afflicted husband: うちの哀れな旦那さまの代わりに
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 165
believe that sb be really a very good husband but that ...: (人は)根が善良このうえもない夫であるくせに、〜だ
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 14
Words like "coarse" or "unpolished" were still taboo around her husband: 夫の前で、無神経とがさつは、まだ禁句である
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 186
a really demanding husband: なかなか世話のやける旦那さん
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 31
is it honouring your husband to dishonour his business: 亭主の商売にケチをつけることが、ええ、亭主を立てるってことなんか
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 295
ex-husband:前夫
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 169
describe her husband’s repeated failures in the bedroom: 彼女の夫の寝室での不能ぶりを述べたてる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 97
a faithful husband: 女房孝行一途の亭主
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 161
fixing her husband with a stare that ...: 〜という目で夫を見る
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 24
a friend of your husband’s: ご主人にお世話になっているものですが
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 189
get killed by a jealous husband: 寝取られ亭主に殺される
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 131
She had snapped and killed her husband: 彼女は神経に異常をきたし、夫を殺害した
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 338
one’s late husband: 亡くなられた御主人
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 103
her new husband: 結婚したばかりの夫
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 226
outlive one’s husband: 旦那が先で細君が後へ残る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 90
one’s husband’s playing one up: 夫が冷淡だ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 261
what a father and husband had done to their daughter in the name of the greater good, in the name of career advancement and positive public images: 大義名分の名のもと、昇進と良き対外イメージ保持の名のもとに娘に対してやった行為
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 306
Even her reportage of her husband's stroke was dully matter-of-fact: 夫の卒中についての記述さえ、淡々と無感動になされている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 64
Before long my husband returned, looking the same as ever: しかし間もなく主人はまったく変りのない表情でふたたび姿をみせました
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 145
'I have to speak to your husband' Smiley said: 「ご主人にお目にかかりたい」スマイリーはこたえた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 338
after separating from one’s husband: 別に住むようになって
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 126
reply with a stock husband phrase: おきまりの亭主用語で答える
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 105
be tethered to her husband’s home: 夫の家にしばられる
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 75
be undoubtedly he husband for sb: 〜の夫になる男は〜をおいて他にない
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 267
a still unfamiliar husband: まだ気心も充分しらない夫
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 22
sb’s unsatisfactory husband: ぐうたらな夫
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 197
an upright husband and father: いい夫、いい父親
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 30
You the husband: おたくはご主人?
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 14
young husband: まだ若かった(人の)夫
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 82