hush   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
しん
   
a hush fell over the crowd: 会衆はしんとなった デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 406
しんと
   
a hush falls over the class: 教室がしんとする 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 95
そっととめる
   
one’s efforts to hush sb up have been off no effect at all: なんとかそっととめようとする努力の甲斐もなく 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 399
ひそめる
   
speak in a hushed voice: 声をひそめる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 132
ひっそり
   
share intimate disheartening confessions in hushed tones: 気の滅入る告白をひっそりわかち合う ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 163

口留め
   
hush money: 口留め料 アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 343
静まり返る
   
three tumbrils faring away with their dread loads over the hushing snow: 囚人護送馬車が三台、恐ろしい荷物を満載して、静まり返った雪の上を進んで行く ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 175

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

hushed silence: 水を打ったような静寂
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 284
hush now: 何もいうな
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 192
be unpleasantly hushed: 不気味なほどしんとしている
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 30
be hushed: がらんとしている
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 55
there is a hushed secretive atmosphere in this part of town: なにか息をひそめているような一角だ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 65
talk in hushed voices: ひそひそ話す
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 131
speak in a hushed bitter tone: 恨みがましい低い声になる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 112
say in a hushed voice: ひそひそ声で云う
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 45
hush little baby, don’t cry: 坊や、泣くんじゃないよ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 436
a hush fall: あたりはしんと静まりかえる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 327
feel a need for the hush and quietude of ...: 〜が恋しくなる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 123
hush-hush:内証の内証
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 472
all very hush-hush: すべては内密に内密に運ばれて
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 201
there be no hush-hush: もう緘口令も功を奏さず
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 118