ink   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
   
<例文なし> 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『どんぐりと山猫』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 11

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

use a lot of ink and papers: 多言を費やす
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 58
let the tiniest drop of the ink fall on ...: 〜に一雫のインキでも容赦なく振り掛ける
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 265
find oneself able to think about sb without doing: (人の)ことを思い出しても〜特に〜しない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 316
be able to do what one thinks is right: だから良いと思う所を強いて断行する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 185
think about that: そこまで考える
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 71
the more one think about it: 考えれば考えるほど
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 161
think with terror and absolute surety: おぞましくも不動の確信だ
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 66
sink in a state of absolute stupor: 昏睡状態におちいる
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 15
be surely unthinkable, absurd: いくらなんでも、まさか
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 149
think absurdly: ばかげた考えがわく
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 144
think absurdly: 埒もないことを考える
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 202
think I made it abundantly clear that ...: 〜だと、くどいほど明確に申しあげたはずだ
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 234
accept another drink: おかわりを注文する
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 305
tend to accept his own wishful thinking: 誰の心にも生じがちの希望的観測が残っている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 413
think it quite acceptable to do ...: 〜するのは別に悪いことでもないくらいにしか考えていない
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 29
think it is a vulgar accident: あれがありきたりの間違いだったと考えている
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 163
"You've been drinking," she accused: 「あなた、飲んでたんでしょ」と、なじりにかかる
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 338
wink acknowledgement of the signal: 命令了解の信号を明滅させる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 333
for a get acquainted drink: お近づきのしるしに一杯やる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 270
across the top there’s writing in pink letters.: てっぺんにはピンクの字が入っている
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 255
never even actively think ...: 〜なんて(人に)は想像もできない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 96
drink in the atmosphere of commerce and activity: 繁華街の活気に魅せられる
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 47
I think that ... actually: いえいえ〜だと思う
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 365
actually, one think ...: おそらく〜だろう
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 310
I think I better take this up with sb actually: これはひとつ、(人に)いっておいたほうがいいな
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 7
Actually, she was a shrink, wasn't she?: そういえば、彼女自身も心理学者だったな、そうだろ?
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 63
think with admiration: 感にたえて思う
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 238
admit that one think that ...: 〜なのを裏書きする
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 118
admit that not everything one is thinking in these moments is very gracious: そんなことがあると、決してまとな気持ちではいられない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 555
I think that’s advisable: それでよかったんじゃないかな
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 240
First of all, I think we must verify the story of the affair last night: その第一歩として、昨晩の事件について、その真実性を確かめる必要があります
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 223
a master and servant linked by bonds of affection: 仲のよい主従
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 182
But after having drinks with him, I think our intuition is correct: でも、さっき一緒にお酒を飲んだときに感じたあの直感は正しいと思う
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 361
think of one excuse after another: 色々の弁護を自分の胸で拵える
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 251
dink one ball after another: つづけざまにドロップショットを打つ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 160
after XX years I think I can wait for a few more minutes: XX年間も待ったんですから、あと数分ぐらい待てないわけはありません
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 168
after thinking hard: 散々考えたあげく
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 76
think maybe it is going to be again: もういっぺんもとにもどるかな、と思わないでもない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 199
think again: よくかんがえる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 168
think again about ...: 一方に〜を考える
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 122
think once again: あらためてわかる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 159
think again: またしても思う
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 211
ask ... to think again: 反省を要請
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 144
decide against another drink: もう一杯飲むのはやめにする
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 94
the first drink one have had in ages: 久しぶりの酒
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 302
I don't think God meant for church services to be so aggravating: 神様だって教会の礼拝をこんなに耳ざわりなものにするつもりはなかったはずだとわたしは思っている
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 37
gape like a cretin, eyes unblinking, agog at ...: ほとんど痴呆的な熱意をもって、〜にまじまじと見惚れる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 317
it is sloppy work to start thinking ahead of oneself: 考えが先走れば失敗を犯しやすい
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 22
drink the clean night air in gusts: きれいな夜気を存分に吸う
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 98
drink in the air: 空気をいっぱいに吸う
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 20
stopping pretty often at ale-houses by the way to drink: 途中居酒屋があると、たびたび馬をとめて一杯やる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 24
so that’s all you think of me is sth, am I?: どうせわたしは〜よ
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 38
not really think about ... at all: 〜のことをちゃんと突きとめて考えたことがないんじゃないかな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 256
might think of sb all the more: 心のなかの(人への)想いをつのらせるため
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 100
drink all right: 完全に酔っている
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 190
drink all night: 夜明かしで飲む
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 141
don’t think the situation is perfect at all: これは満点とはほど遠い
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 117
don’t think it’s all that horrid: 別にいやらしくは思わない
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 50
can’t afford to drink all the time as sb apparently do: さうしょつちゅうは飲めない
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 37
blink on and off all night: 夜もすがら点滅をつづける
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 79
be all one can think of: それしか思い浮かばない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 149
all wrinkle up: しわくちゃにされる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 243
all one can think of is ...: 唯一考えていることは〜だ
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 607
all one can only think of is to do: なすすべもなく〜する
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 81
about all one could think of were ...: 思い浮かんだのは〜だけだった
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 264
I think that’s the allegation: それは言いがかりというものだ
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 141
if only one would allow oneself to think in such terms: そういう目で見れば
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 268
allow oneself to think: 思う
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 12
think about the shady, almost criminal look in sb’s eyes: なんだかしみじみと犯罪者ふうに暗かった(人の)眼を思い浮かべる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 61
do almost without thinking: ろくろく考えもせずに〜する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 560
almost think of ... as one’s home: 〜を故郷のように感じる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 258
one’s flesh is already shrinking: 身を硬くする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 260
be also a remarkably heavy drinker: しかも大の酒好きだ
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 10
thinking what an attractive alternative this have suddenly become: ふいに、そのほうがよほど楽だという気がする
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 59
think, although that, of course, is impossible: そう思いはしたものの、そんなことが不可能であるのはいうまでもない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 246
vacancy into which sb always sink: 決って虚脱状態に陥ってしまう
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 75
only sb one can think of who is always reminding one of things: 自分にくどくどと念を押す人間といったら、(人)しか思い浮かばない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 355
listen half amused and half shocked, and can’t help thinking, ...: その声を聞きながらなかば笑い、なかば愕然として〜と思う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 230
think that is just about as amusing as filtered cigarettes: フィルター付き煙草並みの余計なお世話だと思う
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 32
and sb was thinking that ...: いましも頭にわいたのは〜との思いだった
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 177
And that could lead to kinds of trouble he didn't even want think about: そうなったら最後、ぼくは考えたくもないようなトラブルの渦に巻きこまれてしまうだろう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
And how do you think they'll take the news?: それにしても、ご両親は、おしりになってどうお思いになるかな?
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 17
think of sb lying in bed and of sb worrying: (人の)寐ている様子だの(人の)心配している顔だのが眼に浮かぶ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 56
I've never figured it out and I don't think it's important that I do: そればかりはわからないんだよ、でもわからなくてもいいのさ
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 178
for a long time one drink beer and beer: 長いあいだビールばかり飲む
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 242
and to think ...: 〜なのにな
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 319
be annoyed because sb thinks that sb has guards out there: 護衛たちは何をしているのかといぶかる
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 515
James was flustered and poured himself another drink: ジェームズはうろたえてまた酒を飲んだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 125
another wrinkle ...: まだほかにも考えるべき点がある
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 227
have another drink: もういっぱいおかわりを飲む
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 190
put off thinking about ... until another day: 〜については考えを保留して置く
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 32
never have to buy another drink: みんなから酒をおごられる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 219
have another taste of one’s drink: 酒をすする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 393
have another drink concerning that leg of ...: 酒をおかわりする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 390
fix another drink: もう一杯飲む
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 177
think about it oneself long enough to answer: じっくり時間をかけて考え、答える
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 230
think of no answer: 返す言葉がない
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 57
I think you know the answer: それはきかずともわかるだろう
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 385
do not think it would make any difference: そうなったところで状況にさほど差はない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 162prompt