journey   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ドライブ
   
"How long was the journey" Smiley interrupted, as he continued writing: 「時間にしてどれぐらいのドライブだった?」スマイリーが書く手を休めずに質問をはさんだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 467

運送
   
on journey: 運送中に ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 159
遠出
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 146
過程
    辞遊人辞書
   
a journey of a thousand miles begin with a single step: 千里の行も一歩より起こる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 266
行き来
   
How many times he repeated that brief journey that night, Doyle never knew:: その夜、自分が何度その短い行き来をくりかえしたか、ドイルは知らなかった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 409
行動
   
Tuesday morning’s journey can now be corroborated: 火曜の朝の行動の裏づけをこれでとれる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 176
frantic journey: 必死の行動 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 130
持ち出す
   
all ready for sb’s journey: 何時持ち出しても差し支えないように 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 118
出かけていく
   
have journeyed several times back to the Indian camp: いく度もインディアンの小屋のところまで出かけていった ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 81
体験
   
Italian journey: イタリアでの体験 ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 359
脱出
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 152
渡航
   
sb’s journey to Japan: (人の)日本渡航 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 15
   
the return journey: 帰りの道 ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 243
determine one’s own journey: 自分で自分の道を走っている ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 249
道中
   
car journey: 道中 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 361
訪問
   
a fruitless journey: 無益な訪問 レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 431
   
go on a journey up the Mackenzie: 旅に出て、マッケンジー川をさかのぼる ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 150
banquet the journey away: 飲めや歌えやの旅 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 157
旅行
   
so many lonely journeys: あのいくたびとも知れぬ、ひとりきりの旅行 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 24

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the journey to work: 出勤
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 372
car journey: ドライブ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 361
the final part of its journey: 最後の一丁場
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 13
sweet dreams at the end of the journey home: 家に帰れば、道はそのまま夢路へと通じている
it is a grueling journey: 連日強行の道中
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 196
did you have a good journey: 道中、無事でしたか?
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 56
bring a long journey on foot: はるばる〜まで徒歩護送されてまいります
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 104
avoid such discomforts as a train journey: むやみに汽車になんぞ乗って揺れない方が好い
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 125
a ticket issued from ... to cover a twenty-five miles journey: 〜発売の二十五マイル区間の切符
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 153
the final link in one’s bizarre journey: めまぐるしい旅の最後の行程
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 61
feel one’s journey to have come to a crisis: (人の)この旅も一つの危局に来たなとは感じている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 116
disturb sb’s journey into the past: (人を)過去への旅から引き戻す
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 176
seemingly endless journey: いつ終るとも知れない旅
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 166
we estimated that we had sufficient provisions for the long and arduous journey: 長くつらい旅のための食料は充分にあると踏んでいた
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 113
the dreadful return journey have to be faced: いやでもまた恐ろしい帰りの道に向かわなくてはならない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 243
be neither talkative nor forgiving for the journey: 旅のあいだ口もきかず、甘い顔も見せない
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 22
go on with the journey: 先へ行く
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 30
how long is the journey: 時間にしてどれくらいのドライヴだ?
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 467
stressful journey: 難渋な旅
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 27