key   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
かなめ
   
key to sb’s data: (人の)実験結果のかなめ フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 38

キー
   
the fucking key keep going astray: キーは入ってくれない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 280
stick one’s key in the door: 鍵穴にキーを差し込む タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 256
be hooked up to a key chain: 〜には鎖つきのキー・ホルダーがついている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 197
a key going into the keyhole: 鍵穴にさしこまれるキー タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 195
キイ
   
have the key in ignition: イグニッションにキイを入れる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 333
コツ
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 45
ネジ
   
endlessly wind the key: 何度も何度もネジを巻く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 279

音階
   
in different keys: ちぐはぐな音階で ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 322
基調
   
visualize Morning Glory played just in that key: その演技の基調を「勝利の朝」に生かす ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 190
   
try to squint up the number from one’s key: 鍵のナンバーとおなじロッカーをみつけようと目をこらす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 37
the sad keys to the whole fucking tragedy: 救いようのない悲劇の哀しい鍵 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 120
the key which works on the drawers: 衣装だんす用の鍵 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 179
the key which locks and unlocks sth: 〜の開閉に用いる鍵 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 179
ring of keys: 鍵束 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 325
one’s house keys: 自宅の鍵 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 263
key concept: 鍵概念 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 23
a set of keys: 鍵束 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 178
鍵をがちゃつかせる音
   
hear the key: ドアの鍵をがちゃつかせる音を聞きつける タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 179
左右する
   
be key to a firm’s success: 企業の成功を直接左右する サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 71
手がかり
   
seem a possibly key to finding sb: (人の)居所を知る手がかりになるかもしれない デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 278
重要
   
key people: 重要人物 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 168
重要な
   
CIA’s key Latin American assets: CIAにとって中南米での重要な手づる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 78
   
turn the key: 錠をおろす 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 22
調子
   
as though one set a different musical key by one’s words: ちょうど(人の)言葉で歌の調子が半音だけ狂ったような感じだ アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 268
   
the key to defense: 守りの要 ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 383

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

keys: 鍵束
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 118
in key positions: 要職にある
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 192
the key to as much power as sb have: (人)ほどの力を自在に操る鍵
still keyed up from the cremation: 火葬場から帰った昂ぶりも手伝って
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 117
some of the key characteristics: この種の事件につきものの特徴
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 159
sb be a key part of sth: (人の)働きが〜に大きく貢献する
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 198
sb’s gentle concern is a key influence in helping sb do: (人が)〜できたのは(人が)示した温かい思いやりのせいだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 494
sb’s ears key for the first sound of ...: が今聞こえてくるか今聞こえてくるかと耳をそばだてている
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 250
play it low key: おさえてやる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 70
one’s key begin to rattle in the lock: 鍵穴をがちゃつかせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 270
key up and ready to fight: すぐにでも闘える体勢になる
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 171
begin to sob in a high treble key: かん高い声で泣きじゃくる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 163
be directly keyed to sth: 〜しだいだ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 274
a real key is ...: 〜かどうかが問題だ
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 67
a key phrase for sb: (人の)殺し文句
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 255
a key part of ...: 欠くべからざる
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 73