led   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

be easily led: すぐ人の話にのる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 278
one thing led to another: 話はつぎからつぎへとはずむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 367
a puzzled frame of mind: いくらか面食らった気持ち
abandoned the bar and fled into the night: 夜逃げ同様の店のしめかただった
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 89
it just about killed sb when ...: 〜の時など、(人は)危うく憤死するところだった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 63
He lifted his head abruptly, then smiled faintly: ふと、彼は頭をあげて、それからかすかに笑った
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 94
say in one’s never-ruffled, absolutely placid voice: 決して荒げたことのない落ちつきはらった声で言う
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 103
be absolutely thrilled about sth: 〜を心待ちにする
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 13
be absolutely puzzled: 困った立場におかれる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 94
be absolutely fucking thrilled to ...: 〜だなんて、考えただけでも泣けてくる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 391
absorb one’s grilled steak and rhubarb-tart: 網焼きステーキと大黄のタルトを腹に収める
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 117
later events abundantly revealed: 後日の出来事が教えて余りあった
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 165
an accomplishment unparalleled in ...: 〜とは相容れない方向の歩み
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 39
give sb a fairly lengthy, detailed account of ...: 〜についてはかなり克明に具体的に話をする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 140
achieve what sb failed to do: (人が)やりそこなったことの仕上げをする
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 128
acknowledge sb’s salute: (人の)敬礼にこたえる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 345
acknowledge ...: 〜にこたえる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 147
“...,” sb acknowledge: (人は)、はっきり言う
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 13
be acknowledged as something of an international authority in this field: この分野におけるひとかどの国際的権威とみなされている
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 17
acknowledge the people one know: 知っている顔を見ると挨拶する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 196
please acknowledge: 応答ねがいます
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 245
determine not even to acknowledge sb: 頑として(人の)ほうを見もせず
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 219
learn to acknowledge the existence of a world other than one’s own: 自分以外に世界のある事を悟る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 201
acknowledge the boons at the several points in the course of ...: (人が)受けた恩恵について、文中で適時述べる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 591
acknowledge:承認する
辞遊人辞書
acknowledge diplomatically: 認めて、攻撃をかわす
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 65
acknowledge:認める
辞遊人辞書
acknowledge:認定する
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 419
all suggestions gratefully acknowledged: どんな提案も謹んで拝聴する
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 120
acknowledge to sb that ...: (人に)〜と率直に打ち明ける
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 239
'Acknowledge,' Tyndall ordered briefly: 「「了解」だ」ティンドルはひとこと命令した
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 179
would be acknowledged in ...: 〜のなかで触れられることになっている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 280
without acknowledging ...: 〜を意に介さず
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 55
tacitly acknowledge sth: 〜を黙認する
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 351
say, as if acknowledging that one have no control over ...: まるで自分で〜をいかんともしがたいと言っているようだ
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 76
refused to acknowledge any problems: 何の問題もないと言い張る
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 181
not that sb could not acknowledge ...: といっても、〜を感じなかったわけではない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 62
look up sb and embarrass sb by making sb acknowledge one: (人の)前にのこのこ現われて、姿をさらして(人に)恥ずかしい思いをさせる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 569
don’t acknowledge sb in any way: もう二度とまともに(人を)見ようとはしない
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 260
do not acknowledge sth: (物を)無視する
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 216
do not acknowledge sb: 無視する
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 14
barely acknowledge: 上の空でいる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 44
acknowledge the presence of sb: (人に)会釈を返す
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 406
acknowledge sb’s presence by doing: わかってるわよといわんばかりに〜する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 246
acknowledge nobody but sb: (人)以外の者には見向きもしない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 199
barely acknowledged part: ふだんはその存在を意識しないような部分
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 258
acknowledged authority on ...: 自他ともに許す〜の権威
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 168
acknowledged master: 自他ともに認める(〜の)名人
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 163
acknowledged:自他共に許す
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 263
the acknowledged intellectual of the crew: 誰もが認める船中一の知恵者
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 142
demonstrative acknowledgement: 大仰な挨拶
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 143
respond with acknowledgement: 確認の合図を送り返す
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 168
with one’s fervent acknowledgements: ほんとに心から感謝していますって
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 137
wink acknowledgement of the signal: 命令了解の信号を明滅させる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 333
without acknowledgement: 知らぬ顔で
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 141
bow gravely in acknowledgement: それに対してうやうやしく一礼する
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 59
an acknowledgement-of-damage slip: 損害賠償伝票
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 433
give no such acknowledgment: そんなそぶりは見せない
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 444
And the purpose of this acknowledgment?: この確認合図の目的は何か
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 125
acknowledgment:謝辞
辞遊人辞書
acknowledgment:承認
辞遊人辞書
acknowledgment:返事
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 124
with due acknowledgment to sb: (人に)敬意を表しながら
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 263
by way of acknowledgment: わかったというふうに
ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 67
The President merely exhaled, acquiescing: 大統領は吐息をついて、先を促した
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 172
Florentyna said, passing on her newly acquired knowledge: フロレンティナは仕入れたばかりの新知識を受売りした
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 119
acquire the knowledge of ...: 〜に関する知識を自分のものにする
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 10
it can only be called an act of calculated cruelty: あまりにむごい行為といえる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 424
Even long after, I wondered what force impelled them to such an action: 何の力が、かれらをこのような衝動に駆ったのか、のちのちまでも私は考えた
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 30
post sb as killed in action: 戦死扱いにする
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 107
be killed in action: 戦死する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 298
have sufficient actual knowledge: 充分な証拠を見つけている
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 87
'So much obliged!' added Tweedledee: 「まことにおそれいります」ソックリディーもいいそえる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 68
be charmingly addled and not quite sure: ささやかな混乱や不安げな様子も、なかなか魅力的だ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 99
respond simply with a vague, addled stare: ただポカンとした顔で応じる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 143
addled:頭がおかしい
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 159
be extolled as admirable: 称揚される
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 159
have not concealed one’s fervent admiration for sb: (人には)感嘆の眼を見張っていた
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 88
be compelled to admire sb: (人に)讃嘆の念を禁じえない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 367
admit to being puzzled: さすがにふしぎに思う
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 71
people knowledgeable in Panamanian political affairs: 政情に通じた一部のパナマ人
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 125
a smile filled with affection: 慈愛のこもった微笑
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 264
after a lifetime filled with women: さまざまな女性遍歴を重ねたあげく
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 416
Afterwards, Steve White filled me on the details: のちにスティーヴは探知の状況を詳しく話してくれた
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 82
'Call again,' he growled: 「もういっぺんよんでみろ」老人がだみ声でいった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 324
can feel the coiled tension at the center of one nudge sb’s belly: (人の)中心にとぐろを巻いているこわばりが、(人の)下腹部に押しあてられる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 134
gnarled with age: 節は高くなっている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 128
say with a puzzled air: きょとんとした顔だ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 109
be propelled into the air: 宙高く飛び上がる
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 70
be killed in an airplane crash: 飛行機が墜ちて亡くなる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 38
with one’s blood all chilled: 体じゅうの血も凍るような思いで
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 247
with sth all bundled in one’s arms: (物を)腕いっばいにかかえて
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 135
the fount of all knowledge: 全能
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 46
sport a disheveled, untamed beard that sprouts all over one’s swarthy face: 蓬髪山賊髭というやつで、とにかく顔全体がまっくろけのボウボウ顔
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 58
have struggled all the way there only to breathe one’s last: せっかくここまで来ながら息絶える
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 262
all called or not: 判定はレフェリー次第だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 283
do not allow one’s baffled state to express itself in one’s sinister face: これにはちょっと閉口した様子。だが、さすがにそんな気配は、その陰険な顔つきに、微塵も出しては見せない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 329
almost got oneself killed: すんでに死ぬところだった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 216
the knowledge that ... belongs to sb alone: 〜を知るのは(人)ただひとりだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
the characters so neatly written along the ruled lines: 几帳面に枠の中にはめられた字画
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 140
be already settled in its curious way: 妙に〜は、すでに落ち着くところに落ち着いている
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 559apply