likely   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜かもしれない
   
more likely: それとも〜かもしれない マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 42
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 78
〜する恐れは充分ある
   
be likely to do ...: 〜する恐れは充分ある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 287
〜だろう
   
be likely to spook sb: 相手は警戒するだろう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 283
〜も同然である
   
If it's busy, then likely I've got the right number: 話し中なら、証明できたも同然である ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 209

おおかた
   
most likely: おおかた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 94
おそらくちがう
   
but that was unlikely: おそらくちがう マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 40
かもしれない
   
most likely ...: 〜かもしれない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 424
きっと
   
most likely: きっと ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 51
きっと〜だと思う
   
Likely she'd listen to you quicker than to me: あたしなんかの言うことより、きっとききめがあると思うわ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 188
しかねない
   
be likely to consist of mere wind: 無意味な言葉をつらねただけと取られかねない O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 39
その可能性もある
   
think it likely: その可能性もあると考えている ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 247
だろう
   
think it likely that ...: 〜だろうと思う 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 168
どうやら
   
most likely: どうやら ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 51
ぴったりの
   
seem the most likely answer: いちばんぴったりの答のような気がする アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 116
まともな
   
more likely reason: もう少しまともな根拠 メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 253

往々にして
   
be likely to end up collapsing on the street: 往々にして行き倒れになる 北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 40
可能性
   
most likely: 可能性が強い デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 106
可能性がある
   
it is more likely: このほうが可能性大だ ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 34
可能性は高い
   
thievery is likely: 盗品説のほうが可能性は高い ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 119
現実のものとなる
   
seem increasingly likely: しだいに現実のものとなっていくようです カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 7
考えられる
   
most likely the target is ...: いちばん考えられる標的はやはり〜だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 232
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 100
動機が充分にある
   
have a look of a man likely to do ...: (人)には〜する動機が充分あったと思われる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 130
濃厚に
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 31
不思議はない
   
be quite likely to do: 〜としても不思議はない メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 170

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

very likely ...: おそらく〜にちがいない
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 54
very likely: ありうる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 214
solicit likely passersby: 行きずりの人間に誘いをかける
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 45
or more likely: というか
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 133
not very likely: ありっこない
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 146
not likely: やなこった
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 115
most likely ...: 〜と予測する
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 111
most likely ...: 〜というのがよく使われる手だ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 28
most likely ...: おそらくは〜ではないだろうか
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 128
most likely: きっと〜だろう
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 17
most likely: 大差ない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 17
more than likely: まあ、そんなところだろうよ
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安晦日蕎麦』(Master Assassin ) p. 203
more likely: おそらくは〜であろう
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 245
more likely: というよりも
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 67
likely to ...: 〜しかねない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 35
likely destination: 行先
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 16
less likely: 可能性は少ないが
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 32
be more likely: 〜のほうが自然だ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 76
be likely right: (人の)言うとおりだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 61
be likely ...: 〜である疑いがこい
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 13
would very likely do: 〜することはおおいにありうる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 54
would be more likely to let sb store ... than ...: (人が)〜したいといいだしたりしたら、〜をしまうほうがまだマシだと考えるような人間だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
who more likely to know ... than sb?: 〜について(人)よりもっとよく知っている人間がいようか?
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 155
view her in terms of the pleasure her body is likely to confer: 彼女の躯が与えてくれる快楽の量を計る
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 76
this does not seem likely to happen: どうやらそんなけはいはなさそうだ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 62
think that’s as likely as anything: そのあたりが真相じゃないかと思う
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 161
think it more likely that ...: それよりも〜のような気がする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 307
think it likely that ...: 〜するでしょう
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 167
the most likely suspect: 容疑者として最有力
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 221
the least likely suspect perhaps: 嫌疑は一番薄い方だろう
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 248
that’s not so likely: 可能性としちゃありそうもない
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 162
seem the more likely explanation: おそらく〜だろう
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 468
seem more likely to sb: 可能性は高い
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 121
pretty likely that ...: 〜と見てまず間違いない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 236
parrots are hardly likely to be roaming wild: 野生の鸚鵡はいる筈がない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 157
less likely to do: 〜の可能性がより少ない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 125
least likely to arouse suspicion: 絶対に相手の疑惑をかきたてるおそれのない
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 109
it seems likely that ...: おそらく〜のだ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 157
it is much more likely that ...: 〜と考えるほうがずっと筋が通っている
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 301
it is more likely sb is ...: (人は)〜に近い
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 82
it is likely the sort of ...: 〜する種類の〜だ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 552
it is likely that ...: 〜ということは十分考えられる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 429
it is hardly likely that ...: まさか〜ということはないだろう
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 124
it’s not likely to get better: 癒りっこないでしょう
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 142
it’s just as likely that ...: 〜する可能性だって充分にあるだろう
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 199
be not so gifted as at one time seemed likely: 一時思っていたほどには才能がないことが解る
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 80
be not likely to do: 〜するわけない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 112
be not likely to do: 〜はまずないだろう
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 125
be likely to make things worse as better: 事を悪くしても、よくはしない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 184
be likely to do: 〜ことにもなりかねない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 110
be likely to do: つい〜しがちだ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 146
be hardly likely to cast sb aside: (人を)そのまま捨ててはおかない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 33
all the more likely that ...: どう考えても〜
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 107
a mystery that would most likely be better left unsolved: たぶん知らないほうがいい秘密
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 54
... looks the most likely year: たしかに〜年という年はあぶない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 32
most likely a bar hostess: 素人ではないらしい
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 190
By his own buddies most likely knowing their cabals: おおかた仲間にやられたんだ、内輪もめの多い連中だから
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 94
When the sun is shining on the roots of a likely-looking oak, approach cautiously and, ...: 見込みのありそうなカシの根方に日の当たっているところを狙ってそっと近づき ...
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 81
likely to be dangerous: 凶暴性あり
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 46
Most likely they die before they get here: ここまでこぬうちに、ふたりとも命をおとすかもしれんな
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 424
the first two eventualities are more likely: はじめの二つの場合のほうが自然なんだが
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 76
some other likely lass will take sb’s fancy: (人が)だれか別の女の子に関心を移す
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 69
it seems likely--certain indeed--that ...: おそらく--いや、間違いなく--〜のだ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 157
cut sb a quid, as’ll likely be the last: 一きれ切ってくれ。どうやら、これが噛みおさめらしい
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 209
the lengths sb is likely to go to: 将来どこまで突っ走るか
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 117
likely-looking:見込みのありそうな
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 81
this would be the likely moment for sb to do: おそらくこのとき(人が)〜した
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 129
more likely: それより
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 98
most likely ...: おおかた〜だ
ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 50
But it's just as likely that she would have politely sent me away: しかし、体よく追い払われておしまいになっていた可能性だって充分にあっただろう
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 199
very likely produce ...: 〜のきっかけをもたらしたのではないかと思われる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 300
Slovakia, Romania, Bulgaria, and Albania would be the least likely prospects: チェコのスロバキア地方、ルーマニア、ブルガリア、アルバニアの行く末は、あまり明るいとは言えない
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 131
would not be likely to realize: 味わい得ないと思われる
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 220
Most likely it was run-down when it was built: きっと建った時から既に古びていたのだろう
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 17
shortlist XX likely sths: 有望そうな(物を)XXにしぼる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 132
have a look of a man likely to steal: (人)には盗みをはたらく動機が充分あったと思われる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 130
Then doesn't that leave him as the most likely suspect?: とすると、彼が容疑者として最有力というわけだな
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 221
a life that seems likely to have a timid ending: 怯懦に終わってゆくらしい生涯
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 88
It is unimaginative, flat, dry, and likely to consist of mere wind: 想像力に訴えないし、単調で、無味乾燥だし、無意味な言葉をつらねただけと取られかねない
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 39