low   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あざとい
   
No trick was too low for Dixon: どんなあざとい手口でも平然と使うディクソンは、 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 261
あまり気乗りのしない
   
one’s manner is low and unruffled: あまり気乗りのしない、どちらかといえば冷淡な態度 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 159
かすかな
   
embed the glow of low lights: それ自体かすかな光を放つ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 324
こそこそと
   
speak low: こそこそと話す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 387
どっぷり
   
sink low in the water: 水の中にどっぷりつかる バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 19
ひくい
   
speak quickly in a low voice: 早口のひくい声で喋りはじめる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 45
mumble in an irritatingly slow, low voice: のったりしていらだたしくなるほどひくい声で言う 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 59

安い
   
be pitifully low: 気の毒になるくらい安い 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 164
暗い
   
in low light: 暗い光の中で トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 99
押殺したような低い
   
the voice, low but penetrating: 押殺したような低い声だが、強くひびく 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 50
下っ端の
   
the lowliest worker: 一番下っ端の部下 ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 412
傾く
   
until the sun is low in the west: そのうち日も西に傾く ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 85
小さな
   
add in a low voice, as if to oneself: ひとりごとぐらいの小さな声で言う 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 16
深々と
   
bow low: 深々とお辞儀する ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 95
沈む
   
feel low: 沈んでいる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 71
低い
   
speak in the low comfortable tones: 耳に心地よい低い声で(人は)ささやくようにひとりごちる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
go on in the same low confidential tone: さっきと変わらぬ自信に満ちた低い声で(人は)つづける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 241
低く
   
whisper in a low voice: 低く言う 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 45
say in a low voice: 低くつぶやく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 226
低空
   
stay low: 低空を維持する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 12
低目
   
ask sb whether sb want the ball high or low: (人に)高目がいいか低目がいいかをたずねる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 302
田舎の野暮な
   
a low habit: 田舎の野暮な流儀 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 144
二重に
   
bend low over the shoemaking: 腰を二重におって靴つくりをしている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 70
二束三文の
   
quote sb a derisorily low buyback price: 人の足元を見たような二束三文の下取り価格を提示する べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 138
貧弱な
   
the stores is so low: 食糧の貯蔵がひどく貧弱だ スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 159
平べったい
   
a broad, low space: 平べったい空間 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 49
抑えた
   
sb’s low voice warns: (人が)抑えた声で叫ぶ デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 300
落とす
   
when one speak, it is in a low voice: それから声を落として語りだす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 577
愕然とする
   
at the low point: 愕然とする瞬間に ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 142