manners   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

all according to correct manners: 作法通りである
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 205
people of such age or manners: そのような年代の、そのような様子の人々
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 273
be quite a thing apart from normal table manners: すこぶる礼法にはずれている
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 5
sb’s manners are atrocious: 〜の態度ってまったくなってない
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 15
sb’s brusqueness and bad manners: (人の)無礼な態度と物言い
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 330
have the bad manners to ask sb sb’s business: (人に)さぐりを入れようとする
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 216
have the bad manners to ...: 不料簡にも〜する
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 51
laugh indulgently at sb’s breach of good manners: (人の)無礼を大声で笑いだす
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 170
display cautious manners: 多少気がねをしている
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 296
with the self-assurance and disdain for conventional manners: 確たる自信にあふれ、旧来のやりかたを軽蔑する
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 210
have the testy manners of a country solicitor: 田舎の事務弁護士を思わす気のみじかさが態度に見える
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 93
in case of such cowardly manners: こんな往生際の悪い場面もあろうかと
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 130
demure manners and prim deportment: 地味な性質
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 260
have easy-going manners: あくまで何気ない風をしている
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 30
it is just sb’s elaborate manners that made me uncomfortable: あんまり上品に振舞われたので、かえって気が落ち着かない
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 163
forgive one’s rude jokes and ill manners: 下品な冗談や柄のわるい態度をニコニコと聞き流す
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 176
have the good manners not to do: 礼節をわきまえる〜は〜しなかった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 305
good manners of sb: (人への)仕つけが行きとどいている
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 260
sb’s manners have been of that silent and sullen and hang-dog kind: (人の)態度ときた日には、全くひと言も口をきかない、全くの仏頂面で、あれじゃまるでふてくされだよ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 250
What lousy manners: 下司な野郎ったらありゃしないよ、全く
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 39
one’s manners are not refined: 起居振舞いの下卑た
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 58
smooth manners: 人あたりのいい態度
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 78
there is such a thing as manners: 親しき仲にも礼儀ありって言葉があるんだぞ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 133
mind one’s manners: 行儀よくなる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
lack manners: 不躾に
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 20