miserable   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
うちひしがれた
   
look miserable: なんだかうちひしがれた感じだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 264
じれったい
   
the average speed now a miserable ten knots: 速度は十ノット前後とじれったいほど遅い リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 96
つまらん
   
this is a miserable business if ever there was one: こんなつまらん商売はないですよ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 32
とんでもない
   
the same miserable ruling: あのとんでもない規則 メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 264
ひどい
   
this miserable record company: このひどいレコード会社 ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 137
ひどい状態
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 62
みじめったらしい
   
<例文なし> オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 21
みじめで
   
be absolutely miserable and terrified: どうしようもなくみじめで、どうしようもなくおびえきっている ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 216
みじめな
   
dense miserable sensations: 極度にみじめな気持ち トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 138
a miserable man: みじめな気持ちになる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 146
むごたらしい
   
one’s miserable death: (人の)むごたらしい死 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 264
わびしい
   
in this miserable P.O.W. life: わびしい捕虜生活のあいだ 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 99

哀れな
   
a miserable wretch: 哀れなできそこない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 315
悪い
   
miserable TV reception: テレビ映りの悪い クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 54
眼もあてられない状態
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 61
傷ましい
   
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 36
情けない
   
your voice on the telephone sounded so miserable: 電話でとても情けない声をしていた 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 31
心痛
   
sb’s face is drawn and miserable: 顔は心痛でひきつっている アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 153
被害者意識の強い
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 127
貧相な
   
He hunched his oilskinned shoulders, and looked more miserable than ever: そういってオイルスキンの両肩をすぼめると、いっそう貧相に見えた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 69
貧乏たらしい
   
miserable yellowish eggshell lacquer: 貧乏たらしい黄白色のラッカー トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 287
無念そうな
   
have looked miserable and been grimly silent: 無念そうな顔をしてほとんどあまり口をきかなかった 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 227

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

miserable hoarder: ずいぶん欲張りだ
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 58
look miserable: 大変だったみたいね
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 230
make sb’s life absolutely miserable: (人に)ほえづらかかせる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 368
in one’s miserable writhing: 七転八倒しながら
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 209
have been in a miserable mood the entire day: その日は朝からずっと手のつけようがない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 145
brutal and miserable lives: 殺伐とした人生
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 106
be miserable at the prospect of sth: (物事)を目の前にして切なさを感じる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 137
a miserable flood of tears: とめようのない涙の洪水が押しよせてくる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 260
be a miserable man, never have much of cases: 成功の見込みもないみじめな男だ
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 58
how much charm it has lent to otherwise brutal and miserable lives: どれほど殺伐とした人生に潤いがもたらされているか
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 106
come to one’s senses in a miserable little shop: 息を吹き返してながめまわしてみると、これはまたなんともいえぬちっぽけなひどい店
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 94
with miserable feelings: 傷ましい思いで
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 36
look terminally miserable: その姿は惨めで、見る影もない
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 179