move   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いざる
   
move awkwardly in one’s crouching position: 中腰のままだるそうにいざる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 440
いじる
   
move a few lima beans around on one’s plate: 自分の皿の中の何粒かのいんげんをフォークでいじる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 45
うごかす
   
one’s hand keep moving to do ...: たえず手をうごかして〜している トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 289
うごめく
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 202
かけ直す
   
move the blanket to cover sb from the morning chill: 毛布をかけ直して朝の冷気があたらぬようにしてやる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 42
からだをうごかす
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 221
くりあげる
   
move up the rendezvous time: 会合予定時刻をくりあげる 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 39
こけ
   
make a move on sth: (人を)こけにする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 14
さばく
   
move a lot for us: ずいぶんさばいてくれる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 454
ずらからる
   
move fast: 早いとこずらかる ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 138
ずらす
   
move one’s cushion towards verandah: 半分縁側の方へ席をずらす 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 87
せっせと動かす
   
look ominously at sb as one’s fingers move: せっせと指先を動かしながら、実に気持の悪い目付きをして(人を)にらむ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 213
ちょっかい
   
make a move on sb: (人に)ちょっかいを出す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 369
つきだす
   
move sth toward ...: (物を)〜のほうにつきだす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 111
どかす
   
move ...: 〜をどかす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 425
どかせる
   
move ...: 〜をどかせる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 88
にじりよる
   
move sb toward sth, closer and closer: ( 人の)身体を押すように、すこしずつすこしずつ〜ににじりよる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 88
のばす
   
move one’s hand over to sb’s knee: (人の)膝に手をのばす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 27
のぼりつめる
   
move from secretary to top executive: 一介の秘書からトップの座までのぼりつめる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 161
はいりこむ
   
have been moving in surreptitiously: 順次ひそかにはいりこむ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 507
はなれる
   
move away from sth: 〜のそばをはなれる 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 18
まわりこむ
   
move in front of sb: (人の)前にまわりこむ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 86
もぐもぐさせる
   
move one’s lips: 口をもぐもぐさせる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 227
もじもじする
   
move in one’s chair: 椅子の上でもじもじする アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 137
ゆく
   
move along street: 通りをゆく 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 202
ゆっくりかきまわす
   
move the air above sb: 頭上の空気をゆっくりかきまわす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 268

ゴソゴソ動く
   
feel something alive moving: なにか生き物がゴソゴソ動いているような気がする スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 17
モーション
   
try one’s moves on sb, and sb like them: (人の)モーションをかけ、(人が)それに乗ってくる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 393

移す
   
sth should have been moved intact to ...: このまま〜に移されるべきしろもの トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 213
移る
   
move into the house: 実家へ移る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 259
move into one’s own place: ひとり暮らしできるところに移る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 207
移動する
   
in close harmony move to ...: 仲睦まじく〜へ移動する ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 22
一手
   
this unexpected move: その意想外の一手 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 447
sb’s every move carefully considered: どの一手も熟考済みだ ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 103
引っ越す
   
move frequently: 引っ越しばかりする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 120
move frequently: 追い立てられるみたいにしょっちゅう引っ越しばかりする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 96
引っ張る
   
talk sb into moving in with one: 強いて(人を)自分の家に引っ張って来る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 198
運ぶ
   
move one’s feet: 歩を運ぶ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 154
越す
   
wil be moving soon: ちょっと別のところに越すことになった 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 26
押していく
   
move the cart inside: なかへカートを押していく タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 40
回る
   
the room had not begun to move: まだ部屋は回りだしていない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 170
感じる
   
the sight of familiar places failed to move him: 懐かしささえ素直に感じなかった 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 96
感動する
   
the ritual moves sb tremendously: 葬式であんなに感動したことはない 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 124
寄る
   
move to the window: 窓に寄る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 114
move a little closer: 少しこちらに近寄る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 21
去っていく
   
get one’s fill and move on: もうこれで充分だと去っていく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 299
近づく
   
move confidently to sb: 慣れたようすで(人に)近づく グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 93
be moving in one’s direction: (人の)ほうに近づいてくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 170
近よる
   
move toward ...: 近よる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 259
決断
   
Smart move Dalbert: いい決断だぞ、ダルバート デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 94
結ぶ
   
move onto a friendly footing with sb: 友好関係を結ぶ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 202
向かう
   
move toward an undesired destination: 好ましくない方向に向かう トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 351
行く
   
move along the streets: 通りを行く クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 418
行動
   
consider a bold move: 大胆な行動に出ようかと思う タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 111
仕草
   
in three easy moves: さりげない三つの仕草で デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 124
持ち去る
   
move sth: (物を)持ち去る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 248
取り除ける
   
move ... away from ...: 〜を〜から取り除ける 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 225
   
the next move: 次の手 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 95
see three moves down the road: 三手先を読む デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 285
one’s next move: 次に打つ手 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 58
it is this last sudden move: 問題はこの最後にとつぜん打った手だ ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 98
each move sb makes: (人の)一手一手 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 446
can’t put oneself in a trance and prophesy sb’s next move: 神がかりになって(人の)次の手を読むことはできない デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 136
a deft move: うまい手 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 86
手でうごかす
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 445
手を動かす
   
Dewey, of course, didn't move: もちろんデューイは手を動かさない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 246
手口
   
old cop move: 昔ながらの刑事の手口 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 62
住みこむ
   
move in ...: 〜に住みこむ ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 76
出る
   
move into the sun: 日の当たる場所に出る ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 64
出動させる
   
have a really good reason to move sb: よくよくの理由があって出動させる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 76
処置
   
a precautionary move: それを防ぐ処置 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 220
上げる
   
move sb up to the next level: つぎのクラスに上げる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 301
乗り込む
   
move in: 現場へ乗り込む バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 210
伸ばす
   
move a hand: 手を伸ばす 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 102
心うごかす
   
be moved by sb’s tone: 声の調子に心うごかされる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 152
心は動く
   
have been half moved to do ...: 心は大分動いていた ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 111
心をうごかす
   
move sb: (人の)心をうごかす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 399
心を動かす
   
find sb incredulity moving: 信じられないといった(人の)表情は心を動かす アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 301
振り出される
   
move forward at that wondrous speed: あの恐るべきスピードで前に振り出される プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 252
身じろぎ
   
have not moved: 相変わらず身じろぎもしない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 180
身のこなし
   
the move is so gracefully executed that it looks to sb almost like a dance-step: (人の)眼には、その優雅な身のこなしがダンスのステップを踏んでいるかのように映る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 200
move with the ease: 身のこなしにのびやかさがある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 399
move with sb’s kind of lithe, animal grace: 身のこなしがこれほどしなやかな デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 39
身を引く
   
move back from sth: 〜から身を引く 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 10
身振り
   
make a vague move to object: あいまいな異義の身振りをしたが トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 83
身動きする
   
This time Lucien moved: 今度はルーシャンが身動きした トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 35
stay still for a long moment, not talking or moving: 長い間、じっと凍りついている。口をきくものもなく、身動きするもない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 384
it is some seconds before he seemed able to move on: しばらくたつまでは、身動きもできぬようだ スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 247
進む
   
move with grace and speed through ...: 〜を、恩寵とともに速やかに進む トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 226
move in slowly and carefully: 用心しつつゆっくり進む クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 183
move down the hall: 廊下を進んでくる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 58
all move south: (車が)いっせいに南へ進む デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 413
進出する 人事
   
there was some debate about the wisdom of that move: その人事を危ぶむ声も出た イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 8
船を入れる
   
watch sb move in expertly to sb’s guest slip: ゲスト・バースに船を入れる本職はだしの腕に見とれる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 388
訴える
   
move sb as ...: 〜として(人に)訴える 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 29
早める
   
move ... back a month: 〜を一か月早める トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 147
走る
   
move fast: かなりのスピードで走る 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 94
走行
   
a moving car: 走行中の車 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 166
足を踏み入れる
   
move inside: 足を踏み入れる アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 53
対応
   
smart move: 賢明な対応 サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 306
電送路を流れる
   
one’s data move: データが電送路を流れる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 271
踏みだす
   
make the first move: 最初の一歩を踏みだす サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 138
動かす
   
move sth an inch: (物を)ぴくりと動かす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 75
move sb up and down the board: 将棋の駒のように動かす デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 304
動き
   
move quickly for a man of his size: その図体の男にしては(人の)動きはすばやい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 120
move like sb be crazed: その激しい動きは、〜のどこにこれだけの元気があるかと思うほどである フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 45
動きまわる
   
everybody’s always pushing and moving: 全員がいつも動きまわっている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 283
動きをする
   
one’s hands move gently, delicately, in sb’s: (人の)手につつみこまれた(人の)手が、微妙な動きをする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 150
動き出す
   
move forward noiselessly: できるだけ静かに動き出す 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 31
動く
   
refuse to move: そのままビクとも動かなくなる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 208
one’s fingers, which move with rapid surely: 確信に満ちててきぱきと動く(人の)手 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
move without moving: 動く気配さえ見せずに動く プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 126
move with such fluidity that ...: あまりにしなやかに動いているので〜 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 29
move with a strange, jerky motion: ぎくしゃくと動く 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 133
move through ... as if undersea: 海の底にでもいるかのように(場所)をのろのろと動きまわる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 101
move quickly: 風のように動く スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 200
move in the faint motion of one’s doing: 〜するたび、かすかに動く プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 100
move forward on sth: 〜に関して前向きに動く ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 275
move around: 動きまわる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 378
move ahead carefully: 慎重に動く トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194
have never known how quickly sb could move until tonight: (人が)こんなにすばやく動けるということは、いまのいままで知らなかった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 203
can hardly move it: うんともすんとも動かない ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 206
be moving toward more democratic government: 政治の民主化に向かって動いている ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 13
動作
   
move with brisk economy: 動作はきびきびして無駄がない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 465
move slowly: ゆっくりとした動作の(人) カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 280
move slowly: 緩慢な動作 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 96
move lackadaisically as one do: 緩慢な動作で〜する 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 44
in one move: なめらかな一連の動作だ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 253
反応
   
get sb moving: 反応がある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 59
飛び出す
   
be slow to move at green light: 青信号ですぐに飛び出さない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 181
赴く
   
move hastily into ...: あわただしく〜へ赴く ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 8
変わる
   
be moving from a position of doing ... toward one of doing ...: 〜しようとする姿勢から〜という姿勢へと変わりつつある ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 14
変更する
   
move the dep from two to one: 証言録取を二時から一時に変更する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 134
be moved forward to ...: 〜に変更する 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 46
歩く
   
still moves slowly and unevenly: のろくさした千鳥足を変えずに歩く クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 470
move slowly toward ...: (場所)の方へのっそりと歩く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 24
move serenely and watchfully: 悠々と、あたりを注意深く見廻しながら歩く O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 53
move in a shambling but now exceeding quiet gait: ふらふらと、だがもう極力足音を忍ばせて歩く クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 424
move across the room with the agility of a cat: 猫のようにしなやかに部屋を歩く イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 42
move about downtown: ダウンタウンを歩く トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 131
歩み
   
the move of sth proceed at different paces in ...: 〜の歩みの速度は〜によってまちまちだ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 322
歩む
   
move in one’s farmer’s gait to ...: (場所に)向かって、農夫のような足どりでゆったり歩んでいく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 286
滅び去る
   
a silent reminder of the time when the world has not yet moved on: 滅び去る以前の世界の名残を今に伝える無言の形見である スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 106
躍り出る
   
move to center stage: 舞台の中央に躍り出る ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 10
離れる
   
feel incapable of moving from the hearth: なかなか炉傍から離れられない E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 86
立ち動く
   
sound of people moving around: 人が立ち動く気配 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 194
流れる
   
cars moving freely in the opposite direction: スムーズに流れている反対車線の車 フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 86
流れるような動き
   
have the moves: 流れるような動きが素晴らしい フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 183
徘徊する
   
can swear something is moving nearby: 体の近くを何かが徘徊しているような気配を感じる 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 43