movement   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
からだをうごかす
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 388
からだをうごかせる
   
Glad of the movement Smiley went down the room again: からだをうごかせるのを感謝して、スマイリーはまた部屋のむこうへ行った ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 260
しぐさ
   
with a fluid movement: いかにもものなれたしぐさで マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 201
Hideo admired the hair and Naeko's beautiful movements: 秀男はその姿、また、そのしぐさを、美しいと見た 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 191
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 81

ステップ
   
the strange, stiff movements of the dance: 奇妙でぎくしゃくしたディスコダンスのステップ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 246

移動
   
sharply limit the movement of sb: (人の)移動がきびしく制限される ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 183
一挙手一投足
   
closely analyze sb’s movements: (人の)一挙手一投足を逐一分析する ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 56
運動
   
need a lesson in the foolishness of resistance to the people’s liberation movement: 人民解放運動に抵抗する愚を教える必要がある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 258
往時の勢い
   
revive the movement: 往時の勢いを取り戻す アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 103
気配
   
there is not a single movement: かすかな気配もしない 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 203
起居
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 138
挙措
   
follow sb’s every movement: (人の)挙措をいちいち追う ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 140
仕草
   
make a little bobbing movement: ちょこんと身をかがめるような仕草をする デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 33
実践
   
a parallelism of thought and movement: 思考と実践の並行 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 83
手つき
   
casual movements: 無造作な手つき 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 92
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 104
手や口
   
all movement ceases for a moment: 一瞬その手や口を休める 安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 9
手順
   
through a convoluted set of movements: あれこれと複雑な手順を踏んで ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 408
手足のうごき
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 181
身のこなし
   
there is something about sb’s movements also: 身のこなしもどことなくおかしい ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 223
suspect from sb’s movements that one be quite fit: 身のこなしから察するにかなり手強そうだ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 70
be somewhat clumsy in movement: 身のこなしが何となく不様だ ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 95
切れ
   
movement of the ball: 球の切れ ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 382
動いている限り
   
movement gives one the feeling that one ...: 動いている限り〜気がする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 276
動かす
   
the occasional slight movement of ...: 時々、〜をかすかに動かす 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 73
動き
   
collide in frenzied, awkward movements: 焦慮の不器用な動きでぶつかり合う 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 45
動きまわる
   
a sound of sb’s movements: (人の)動きまわる気配 安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 42
動く
   
no movement on the street except in darkness: 路上を動くときは暗がりに限る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 401
動作
   
in one swift movement: 実にすばやい動作で 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 383
動静
   
sb’s every movement is new: 動静がいちいちニュースになる レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 138
keep track of the movements of ...: 〜の動静を、のがさず追っている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 264
物音
   
hear movement: 物音が聞こえる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 166
揺れ
   
sway with the movement of the train: 列車の揺れにあわせてよろめく カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 106
立居
   
rhythm of one’s movements: 立居のリズム ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 254
流れ
   
movement of the sea’s great tides: 海の巨きな潮の流れ 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 45
流転
   
the movement of things: 万物の流転 マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 165

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

without movement: 身動き一つしないで
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 304
in a single movement: 一気に
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 195
hear sb’s movements: (人の)動く気配がする
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 168
finger movement: 指さばき
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 419
every movement one make: 一挙一動
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 143
without the slightest movement: 身じろぎもせず
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 75
there is not the slightest movement: びくとも動かない
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 53
there is no movement from sb: (人は)動かない
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 66
the slight movement up among ...: 〜の間をさっと抜けるもの
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 126
the quick movements of ...: さっと振り動かされる〜
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 390
the movements of the clouds suddenly become more obvious and erratic: 雲がけわしく動いている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 247
stir sth into huge movements: それを大きくゆさぶる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 118
sb’s every perilous movement: (人の)危うい一挙一動
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 58
make not the slightest movement: まるで身動きもならない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 215
make lethargic movements with ...: 惰性のように動かす
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 404
make another of one’s almost imperceptible movement this time with one’s head: 動いたか動かないかわからぬほどわずか顔を向ける
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 436
make a little movement: 身体をもじもじさせた
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 83
make a feeble movement to get up: 立ちあがるためにかすかな身じろぎをする
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 108
in one easy movement: ひとなでであっさり
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 279
hear a gentle sound of movement: 人のうごく気配がかすかにする
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 239
every movement of ...: 〜の一挙一動
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 171
every movement and gesture of sb: (人の)一挙一動
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 39
cause a sharp movement: 激変をもたらす
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 175
movement of sb’s breasts against one: こちらの体に当たる(人の)乳房の動き
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 34
keep one’s movement altogether secret: 完全に秘密裏に行動する
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 115
make no movement of any kind: ぴくりとも動かない
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 43
brisk movement: 颯爽とした動き
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 30
be cautious in movement and manner: 挙措動作がおちついている
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 138
in one convulsive movement: 勢いよく
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 43
with a single experienced movement: 手馴れた動作で一気に
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 154
He is a painter who was in the forefront of the abstract movement: なんでも、抽象の先達みたいな画家やそうでんね
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 55
to touch heavily would be to arrest the pattern and freeze the movement: 固く手を握ったりすれば動きが鈍る
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 98
in one galvanic, concerted movement: はじかれたようにひとつの動作で
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 353
Almost involuntarily he made a little movement: ほとんど無意識に彼は身体をもじもじさせた
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 83
an involuntary movement of affiliation: つい本能的な連帯動作
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 37
in a quick jerky movement: さっと素早く
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 32
Her movement caught the newcomer's eye: 新来の客もその動作に眼をとめた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 69
nice heel and toe movement: 爪先かかとのうごきもなめらかな
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 125
only movement in ... is the beating of one’s pulse: (人の)心臓の鼓動だけがたしかに鳴っている。〜のなかで。
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 216
release a movement of shadow: 待ちかねていたように影が踊る
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 29
require a willful movement: いかにも無粋に見える
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 128
She was rewarded with slight movement and a great burst of agony: が、指はほんのわずかしか動かず、すさまじい痛みが逆襲に転じてくる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 271
here is a riot of color and movement: ごっちゃな色彩と動揺とがいっぺんに目のなかに飛び込んでくる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 75
in a nearly savage movement: 殺気立つような動きで
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 274
a slow thud like the movement of sth: 〜がそろそろうごくような気配
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 252
smooth movement: こなれた動き
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 234
until all movement stopped with the question un-asked and -answered: …が、すぐにすべての動きがとだえ、出されずじまい、こたえられずじまいの問いだけが、宙にのこった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 470
Suddenly everything was in movement: つぎの瞬間、すべてがうごきだした
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 97
a vigorous movement of sb: (人の)きびきびした行動
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 44
the whisper of a movement: かさかさっと動く気配
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 274
be as slow of wit as sb is deliberate of physical movement: 躯の動きが悠揚としているように、血のめぐりもおそい
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 22