mysterious   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あやしい
   
<例文なし> 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 79
いかがわしい
   
mysterious activities: いかがわしい仕事 アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 68
おののき
   
mysterious tingling: 不思議なおののき 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 98
とかく謎に満ちた
   
mysterious and often sublime relationships: とかく謎に満ちた、往々にしてかけがえのない人間関係 イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 208
どこだかわからない
   
some mysterious nook: どこだかわからない隠し場所 セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 188
なぜか
   
mysterious reluctance to ...: 〜をなぜかきらう気持ち ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 444
なんだかえたいのしれない
   
a mysterious scary person: なんだかえたいのしれないコワイひと 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 62
わけのわからない
   
mysterious question: わけのわからない問いかけ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 362

フクザツな
   
wear a mysterious expression somewhere between ... and ...: 半分〜して半分〜しているようななんともフクザツな顔をしている 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 22

淫靡
   
<例文なし> べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 256
為体の知れぬ
   
<例文なし> 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 205
一風変わった 何とも説明しようもない
   
that mysterious boundary line: あの何とも説明しようもない境界線 マクベイン著 加島祥造訳 『死にざまを見ろ』(See Them Die ) p. 20
何とも知れぬ
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 43
怪しい
   
a terribly exciting, mysterious and vaguely sinister place: 恐ろしくも怪しい魅力の魔界 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 161
奇々怪々
   
be grey and triste and mysterious: 地味でお粗末で奇々怪々 メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 140
奇妙に
   
a mysterious depressed-looking, middle-aged couple: なにか奇妙に陰気な中年の男女 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 232
見知らぬ
   
mysterious visitor: 見知らぬ訪問客 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 53
自分でもいぶかしいほど
   
feel a mysterious hesitation: 自分でもいぶかしいほど躊躇われる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 317
神秘的な感じをただよわせた
   
a mysterious Blond Bombshell: 神秘的な感じをただよわせたブロンドのすごい美女 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 256
正体のわからぬ
   
mysterious man: 正体のわからぬ男 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 465
得体の知れない
   
mysterious diseases: 得体の知れない病 ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 106
得体の知れぬ
   
be filled with a mysterious vitality: 一種の得体の知れぬ活力のようなものにみたされた 辻邦生著 スナイダー訳 『安土往還記』(The Signore ) p. 81
a mysterious numbness: 得体の知れぬ痺れ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 24
謎に満ちた
   
mysterious airplane crash: 謎に満ちた飛行機の墜落事故 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 347
謎の
   
the mysterious sb: 謎の人物・・・ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 65
mysterious visitor: 謎の訪問者 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 56
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 309
謎の男
   
From the kitchen the mysterious Mostyn appeared with tea;: 台所から謎の男モスティンが、お茶を持ってあらわれた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 67
謎めいた
   
one of those mysterious and prolonged absence: 謎めいた長期間の雲隠れ ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 190
lend one the mysterious look of sth: 〜のような謎めいた感じを与える トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 161
謎めかす
   
be mysterious towards sb: (人に)謎めかす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 486
不可解の
   
reckless homage to that mysterious azure boundary: あの青い不可解の一線をやみくもに崇拝する 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 71
不思議
   
even more mysterious to a child like sb: 子供ごころにも不思議だったのは 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 63
不審な
   
mysterious vehicles: 不審な車両 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 425
魔法の
   
use a mysterious Tibetan sap on the ball: チベットに伝わる魔法の塗り薬をボールにつける プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 305
味な
   
work in mysterious ways: 味なことをする バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 25
妙な手紙だ
   
Mysterious!: 妙な手紙だ! スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 145
妙に
   
a mysterious dread of sb by which one be constantly haunted: (人が)絶えず妙におびえていたらしい、(人)への気兼ね ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 314
妖しい
   
mysterious pattern of the beetle’s flight: ニワハンミョウの妖しい足どり 安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 13
要領をえない
   
sound rather mysterious on the phone: 電話の話はさっぱり要領をえない アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 108
理由のわからない
   
mysterious attachment to sth: 〜に対する理由のわからない愛着 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 67

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

sb utter this exultant sound with mysterious significance: 思わずおどり上がった(人の)叫びには、妙にいわくありげな響きがある
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 281
have something just a little mysterious about sb: ちょっとばかり秘密めかしいものを持った
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 41
feel a faint, mysterious shuddering: 不思議なときめき
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 158
be mysterious to sb: (人に)隠す
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 186
anything as mysterious as ...: 〜なんてわけのわからないこと
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 30
be as reticent and mysterious as sb: (人に)負けず劣らず口が重く、ミステリアスだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 114
bring a mysterious woman into the situation: そこに新しく一人の女を付加する
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 191
His tiredness had given way to a new and mysterious clarity: 疲労が消えて、あらたな、ふしぎな冴えが頭をしめた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 123
sorts of elaborate and mysterious: 複雑怪奇な
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 192
What other gifts had our mysterious visitor left for us?: 見知らぬ訪問客は何か置き土産を残していきはしなかったろうか?
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 53
sometimes try too hard to be mysterious: 自分を謎めいた存在に見せようとする妙な癖があるようだ
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 162
a little mysterious: ちょっとミステリアスだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 37
the most mysterious-looking insects: 虫けらとも思えぬほど変な恰好をした虫
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 17
Now, there’d been some mysterious occurrences: ところで、このところいくつかの謎めいた出来事があった
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 151
the terrible, mysterious way that sb has been killed: ミステリアスで無惨な(人の)殺され方
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 526