name   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜という名の
   
there is a living breathing human named ...: 〜という名の男が実在している トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 119
〜と呼ぶ
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 295
〜を口にする
   
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 402

なまえ
   
dotted lines reserved for names and address: 名前と住所を書くための点線を引いた空欄 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 207

ネーム
   
cover name: コードネーム クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 388

決め手
   
name of the game: 勝負の決め手 サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 74
件名
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 133
言う
   
name ...: 〜を言ってみなよ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 63
言葉
   
call sb the foulest names one can muster: 習い覚えた思い切り汚い言葉で(人を)罵る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 194
call sb a few choice names: いくつかの不適切な言葉で(人を)罵る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 221
呼び名
   
name for what sb do: (人の)仕事の呼び名 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 224
a name that sticks, that fits, that convinces: 理にかない、ぴたりとはまった納得させられる呼び名 ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 97
呼ぶ
   
nothing you could really name: どう呼ぶべきかわからない何か トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 63
固有名詞
   
gravely noted down each name she mentioned: ポリーが固有名詞をもちだすたびその名前を重々しくノートにかきとめていた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 62
口でいいあわらす
   
be not too large to name: 口でいいあらわせないほど大きくはない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 123
識別する
   
name what one is seeing: いま目にしているものを識別する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 107
   
come out with a good name: まっとうな身で社会に戻る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 391
題名
   
the name of the book: 本の題名 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 38
be not named: 題名がない デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 121
定義する
   
sth hard to name: 定義しがたい〜 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 257
吐く
   
give sb the name of ...: 〜ってえ名前を吐く トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 244
表現
   
the names one throw at sb: (人が)(人を)あざける表現 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 261
表札
   
The name was below the peephole: 表札は、覗き穴の下についていた プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 357
評判
   
get something of a name for one’s prowess with young woman: 女に対する凄腕として評判をとる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 249
本名
   
sb’s name: 本名 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 20
   
use sb’s name: (人の)名を騙る 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 124
the peculiarity of the name: その名の奇妙なひびき トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 35
shout sb’s name out: 必死に(人の)名を呼ぶ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 128
say sb’s name: (人の)名を呼ぶ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 150
say one’s name: 名を名乗る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 338
refer to sb by name: (人の)名を出す ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 463
more sth than you can name: 〜と名のつくことすべて フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 73
match the name with a guy who ...: (〜された)男の名であることに気づく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 338
in the name of sth: 〜の名のもと デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 306
in the name of justice: 正義の名のもとに 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 32
in the name of decency: 品性の名において スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 121
in name only: 名ばかりで 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 164
heard one’s name mentioned: (人の)名を呼ぶ声が聞こえた プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 229
have the same name: 同一の名を冠せられる 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 11
give one’s name: 〜と名乗る ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 20
give one’s name: 名を名のる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 35
give a false name: 偽名を使用する ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 20
do under one of sb’s names: 偽名のひとつを使って〜する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 134
check the man’s name against a list one have brought along: 捕虜の名を持参のリストで照合する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 17
call one’s name out deliriously: うわごとのように(人の)名を叫ぶ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 201
bend down again to read off the name: もう一度かがんで認識票の名を読みとる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 17
be replete with the names of martyrs: 〜には殉教者の名がおびただしい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 408
be about to use sb’s name: 相手の名を口にしかける トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 203
名づける
   
name sb for ...: 〜にちなんで名づける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 30
名義
   
in the name of sb: (人の)名義まで借りて トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 156
名札
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 362
名指しで非難する
   
be personally named: 名指しで非難される トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 161
名乗り
   
place one’s name in the hat: 名乗りを上げる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 480
名乗る
   
any bookstore worth the name: いやしくも古本屋を名乗る者なら ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 120
名声
   
cash in on sb’s name: (人の)名声にすがる ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 331
名前
   
without referring to sb by name: (人の)名前は出さず プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 335
where the name comes from: 名前の由来 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 18
whatever sb’s name is: 名前は何でもいいが トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 329
the name is country-horrible: どうしようもなく田舎くさい名前 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 191
the dumbest name for a horse: こんなばかばかしい馬の名前 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
tell sb one will take the name: 〜の名前を教えてくれと頼む トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 210
take the names: 名前を読む カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 285
take names: 名前を控える トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 305
such an exotic variety of name: かくもヴァラエティに富むエキゾチックな名前 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 293
share bossy’s name: 牛と同じ名前を持つ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 57
sb whose name one will never know: 名前を知る手だてもない(人) トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 178
sb ever mention anyone named ...?: 〜って名前、(人から)聞いたことは? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 46
recognize sb--if not by sight, by name: (人の)ことを顔は知らないかもしれないが名前は知っている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 230
preserve the family’s name: 一家の名前に傷がつなかないようにする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 215
patiently list all these names: その名前を丹念にリストアップする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 229
offer a couple of names for reference: こちらに問い合わせてみて下さいと言ってふたつばかり名前をあげる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 285
name sb ... in the honor of ...: 〜の名前を取って(人の)名前を〜にする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 141
mouth sb’s name: (人の)名前を口にする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 311
make a name for oneself: せっせと名前を売る グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 21
live up to one’s name: 名前に恥じない生き方をする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 50
leave one’s name and address: 自分の名前と住所をいう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 177
keep sb’s name out of it: (人の)名前を出さない デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 195
I mustn’t tell you her real name: ほんとの名前は教えるわけにいかないんだ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 181
have to give up sb’s name: (人の)名前を出さないわけにはいかない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 310
have super name: 名前だけは大層なものだ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 392
greet sb by name: 名前を呼びかけて挨拶する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 253
give sb a name: 名前を教える トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 20
give sb a doctor’s name: 専門医の名前を教える トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 260
give A B’s name: AにBの名前を教える トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 246
get the same names inside out: おなじ名前を逆さにして名のってる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 246
do not have sb’s name: (人の)名前もわからない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 90
come up with the particular name for sb: (人の)ために妙な名前を選ぶ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 140
be hasty with sb’s name: 性急に(人の)名前を出す トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 118
be familiar with sb’s name: 〜という名前に心あたりがある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 18
as one’s name suggests: その名前から察しがつくように 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 105
address sb by name: 名前で呼びかける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 29
a rather interesting name: なかなかおもしろい名前だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 138
a pretty good name: なかなかいい名前 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 272
... is one’s name: 名前は〜と言う フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 137
名前をつける
   
name sb for Mommy: お母さんの名前をもらってつける トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 50
名前を出す
   
name sb as the inventor: 発明者として(人の)名前を出す カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 29
名誉
   
clear sb’s name: (人の)名誉を挽回する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 49
blacken sb’s name: (人の)名誉を傷つける ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 227
命名
   
do sb the service of naming: 命名式までおこなう タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 123
用語
   
forbidding name: いかめしい用語 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 14