nervous   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あがる
   
so far from being nervous: あがるどころか ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 127
いらだっている
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 199
おちつかない
   
be nervous: どうもおちつかない ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 137
おちつきがない
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 389
おちつきのない
   
The nervous idleness of slow motion: おちつきのない、無為なスローモーション ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 60
nervous bound: おちつきのない身ごなし ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 96
おどおどして
   
Nervous, you see: おどおどしていた ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 124
おののき
   
I suppose you know how nervous I must be: わが心のおののきは貴女様もお察しくだされたことと思います スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 144
おびえからの
   
nervous vision: おびえからの想像 ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 186
おびえている
   
be nervous about something: なにかにおびえている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 77
おろおろして
   
make sb nervous: おろおろしてしまう クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 322
be so damn mad and nervous and all: すっかり逆上して、おろおろして、どうにもならない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 161
ぎこちなく
   
give sb a nervous smile: ぎこちなく微笑みかける ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 586
ぎごちない
   
be nervous: ぎこちない ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 219
こわばった
   
nervous social smile: こわばった社会的なほほえみ フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 17
せかせかと
   
gulp in short, nervous breaths: 浅くせかせかと息を吸い込む クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 10
そわそわ
   
make sb feel nervous and out of place: 自分が場違いな人間であるように感じられ、そわそわしてくる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 446
そわそわした様子で
   
take nervous puffs: そわそわした様子でふかす タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 189
たじろぎを覚える
   
Jim Christy made me nervous--he sounded like a narc: ジム・クリスティはいかにも麻薬捜査官らしい態度物腰で、私はたじろぎを覚えずにはいられなかった ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 119
どこか板につかぬ
   
the expressions of nervous benevolence: どこか板につかぬ慈悲の表現 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 434
ひきつった
   
nervous laughter: ひきつった笑い ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 134
びくついた
   
be very nervous: すごくびくついた プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 184
びくつく
   
And he'd get too nervous: それにあいつはビクつくに決まってるさ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 126
びくびくする
   
be very nervous: もうびくびくしちゃう ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 138
びくびくもの
   
be nervous about doing ...: びくびくもので〜する 井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 23
ぴりぴりした
   
immediately get nervous: みるみるうちにぴりぴりしはじめる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 207
ぴりぴりした空気が流れた
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 381
ほっそりした
   
chuckle to oneself and rub one’s long, nervous hands together: ひとりたのしそうな顔つきで、長くてほっそりした手をこすりあわせる ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 11
むずかしい
   
it was the nervous time: むずかしい時だった ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 146

ドキドキしながら
   
in nervous haste: ドキドキしながら急いで ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 94
ナーヴァス
   
be nervous and tentative: ナーヴァスになり、ぎこちなく話をする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 418

気おくれがする
   
be a little nervous in a crowded streets: 雑踏の街に出るのは気おくれがする ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 60
気の弱そうな
   
look at her with one’s beautiful nervous eyes: 美しい、気の弱そうな瞳で彼女を見つめる ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 185
気の小さい
   
nervous guy: 気の小さい男 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 286
居心地の悪い
   
nervous silence in the sedan: 車内での居心地の悪い沈黙 コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 96
居心地悪い
   
smile and look nervous: いかにも居心地悪そうに微笑みを浮かべる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 447
驚き易い
   
a frightened nervous person: 気の小さい、驚き易い人間 アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 85
緊張する
   
have never been so nervous in one’s entire life: こんなに緊張したことはない、というくらい緊張する 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 33
be a little nervous when one see how small sth is: 〜が思いのほか小さいのには少々緊張する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 391
緊張気味
   
Even Anne was nervous that weekend: さすがのアンもこの週末は緊張気味だった ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 257
戸惑い気味の
   
a crash of nervous applause: 戸惑い気味の拍手 ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 283
真剣な
   
with this nervous expression on one’s face: 真剣な表情を浮かべて サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 214
神経
   
have a nervous breakdown: 神経がいかれる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 273
神経が鋭敏
   
She's nervous as hell: すごく神経が鋭敏なんだな サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 245
神経にさわる
   
be nervous: 神経にさわる ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 129
神経質に
   
also make some people intensely restless or nervous: 時として人を極端に落ち着かなくさせたり、神経質にすることがある ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 425
繊細な
   
rub one’s long, nervous hands together: 長い繊細な手をこすりあわせる ドイル著 阿部知二訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Holmes ) p. 11
痛々しい
   
a nervous wreck: 打ちひしがれた痛々しい女 エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 294
不安
   
say in nervous anger: 不安と怒りの混じる口調でいう ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 66
不安で
   
be too nervous to bear witnesses: あまり不安でたまらないので、だれにもそばにいてもらいたくない ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 84
不安のまじる
   
reduce sb to fits of nervous laughter: 不安のまじる大きな笑い声をあげる ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 109
怖い
   
nervous about ...: (何かが)怖い デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 130
怖そうに
   
nervous grip of an arm: 怖そうに腕をとる マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 226
落ちつきがない
   
They looked nervous respectful and tough: 落ちつきがなく、まともそうで、したたかに見える ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 19
She was very nervous for a prostitute: 売春婦にしちゃ、ひどく落ちつきがないんだな サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 147
落ち着かぬ様子で
   
be nervous: 落ち着かぬ様子で クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 168
落ち着きのない
   
nervous jubilant laugh: 落ち着きのない、はしゃいだ笑い声 ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 90
in a bashful nervous monotone:: はにかんだような落ち着きのない口調で レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 422
a nervous giggle: 落ち着きのない笑い声 イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 61

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

with a nervous stomach: 胃弱で
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 87
sound nervous: 困惑しているようす
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 30
seem nervous: ぴりぴりしている
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 198
on nervous impulse: ぎくりとして
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 118
nervous glances upstairs: 二階に気を兼ねたしぐさ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 46
make sb nervous: (人は)〜にひどく面食らう
make sb nervous: どうも落ち着かない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 383
make sb nervous: 本当に人の気を突っつくようなことを言う
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 114
make sb nervous: 落ち着かなくなる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 193
make feel nervous and ill at ease: 妙に
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 25
looks nervous: (人が)そわそわしている
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 87
look nervous: 不安な表情をしている
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 36
I’m very nervous: とってもどきどきしてるのよ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 313
Don’t be nervous: びくびくしなくてもいい
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 333
begin feeling nervous: 落ち着かない気分になる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 36
become nervous: 落ち着きをなくす
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 249
be very nervous: かなりおっかなびっくりだ
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 147
be very nervous: すっかり上がる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 480
be very nervous: なんでもひどく気にする
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 168
be too nervous: すこしもゆっくりした気分になれない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 140
be pretty nervous: 全くびくびくものだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 277
be not nervous: 落ち着いている
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 414
be nervous: すっかりおびえる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 299
be nervous: びくついている
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 278
be nervous: びくびくしている
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 72
be nervous: 警戒している
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 299
be nervous: 上がる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 317
a nervous little chap: 小心者
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 127
a forced and nervous smile: 微苦笑
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 54
you’re making me nervous pacing up and down like that: そんなふうにうろうろ歩きまわられたんじゃこっちが落ち着かない
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 331
with a light nervous laugh: ひくりと笑って
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 49
wince and crawl back into one’s shell of nervous anticipation: 次第に萎縮してゆく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 208
what stops sb being too nervous: (人の)気おくれがこの程度で済んでいるのは
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 113
seem quite nervous unsure: 不安そうで、落ち着きがない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 492
peep up in a nervous hesitating fashion at sb’s windows: おずおずとためらいながら(人の)窓を見あげる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 96
make sb so nervous: ますます不安になる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 151
make sb feel slightly nervous: (人を)心配させる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 140
let out a nervous shriek: 甲高い悲鳴をあげる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 330
keep a nervous eye out for ...: 〜を気にしている
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 480
in the same state of nervous tension in which sb is sbself: (人と)同じように神経をはりつめて
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 238
grown sticky with nervous perspiration: 冷や汗に濡れた
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 30
feeling curious and still a little nervous: もの珍しく半ばこわごわと
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 437
feel nervous and fearful in one’s heart: 胸の底ではいつもはらはらしているような気がする
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 44
feel nervous about not ~ing: 〜しなければ悪いような気がしてくる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 19
feel nervous about doing: 〜することもためらわれる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 118
feel a nervous clutching sensation: きゅっと掴まれるようないやな感じがする
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 45
experience a few nervous moments: 一時は色を失う
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 326
don’t make one feel nervous or point out one’s mistake: 押しつけがましくなくて、寛大だ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 70
couldn’t feel nervous with ...: べつだんこわいとも思わない
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 54
couldn’t feel nervous with ...: べつに怖くはない
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 58
bureaucrats always make me so nervous: お役人は苦手だわ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 114
begin to feel nervous: 落ち着かない気持ちになる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 193
be under too much of a nervous strain: 神経が疲れすぎている
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 38
be taken by surprise and made nervous: 不意を打たれて、ふるえ上る
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 68
be now in an even greater state of respectful, nervous confusion: おそれいって益々おろおろしている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 37
be nervous around sb: (人を)警戒する
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 211
be nervous about ...: 〜かとはらはらしている
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 94
be afraid of the nervous ferocity sb might display: あまり敵意をむきだしにされても困る
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 28
have an abrupt manner which tends to make people nervous: つけつけした物言いで周りの者を神経質にする傾向がある
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 63
seem nervous agitated: 神経質になって、ぴりぴりしてるようだ
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 387
give a nervous angry sigh: 不安と不機嫌の入り混じったためいきをつく
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 347
pulling the daisy to bits with one’s long nervous finger: 細長い、神経質な指の先で雛菊を千切りながら
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 17
but everything is so quiet it makes sb nervous: あまりに静かなのが、かえって不安だ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 192
be reduced to a state of nervous collapse: すっかり神経がまいってしまう
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 67
be a little nervous in a crowded streets: 雑踏の街にでるのは気おくれがする
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 60
be too sharp and nervous to go well with the casual manner in which sb speak: さりげない口のききかたとはうらはらに、ぎくしゃくと神経質すぎる
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 223
have a nervous breakdown: 神経衰弱を起こす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 249
poke a nervous head round the door: 不安顔をドアの陰から覗かせる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 179
be a little nervous when one see how small sth is: 〜思いのほか小さいのには少々緊張する
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 391
to say that she was nervous would not do justice: ナーヴァスと呼ぶだけでは言葉が足りない
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 21
nervous make-up: 神経作用
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 52
have more than a minimal nervous system: ひととおりの神経系を持つ
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 29
nervous breakdown:ノイローゼ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 77