normal   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あたりまえ
   
This was normal Herr Max: 当時はそれがあたりまえでしたよ、ヘル・マックス ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 307
perfectly normal transaction: あたりまえだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 462
あたりまえの
   
it’s a fairly normal reaction to do: 〜するというのは、ごくあたりまえの反応だ クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 161
ありきたりの
   
be not the normal responses to be expected: 予期されるありきたりの反応とは異なる アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 74
いつもと変わっていない
   
be relieved to hear that one’s voice sounds normal: (人の)声がいつもと変わっていないことをたしかめ、胸を撫でおろす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 199
いつもの
   
normal departure time: いつもの退出時間 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 508
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 300
いつものとおり
   
draw one’s normal ten thousand: いつものとおり一万フラン引き出す ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 427
つねの
   
have a gravity that is not normal sb’s way: (人には)つねのものではない真剣みがある ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 33
なんの変哲もない
   
Just walk to the bridge and wait, it's normal: 橋のたもとまで歩いてきて待つ。なんの変哲もない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 516
ふだんと変わらぬ
   
one’s heart return to its normal rhythm: (人の)心臓はふだんと変わらぬ動悸を打つ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
ふつう
   
life as normal: ふつうにしていよう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 276
まともな
   
be a normal gull: まともなカモメになる バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 20
よくある
   
He was spared the normal crude byplay of the locker room: ロッカールームでよくある下品ないたずらに遭うことは、めったになかった ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 79
be normal: よくあることだ ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 50

異常ではない
   
that’s normal: それは異常ではない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 61
異常なし
   
reveal ... to be perfectly normal: 結果はまったく異常なしだ フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 49
会話らしい
   
normal conversation: 会話らしい会話 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 95
   
the normal state of things in every man’s life: 人の世の常 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 122
常の
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 372
人並み世間並み
   
<例文なし> クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 504
尋常
   
be changing into something recognizably normal: 目に見えて尋常なものになりつつある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 131
世間一般の
   
like any normal father: 世間一般の父親のように 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 423
正常
   
be not normal: 正常でない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 277
正常に
   
even when it’s as normal as ninety-eight-point six: いくら正常に見えたとしても スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
知らん顔の
   
in one’s normal manner, one receive sb: 知らん顔で(人を)迎える 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 197
通常の
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 25
普通に
   
be perfectly normal procedure: 普通にやることだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 134
普通の
   
normal people: 普通の家庭 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 80
judged by the standards of a normal person: 普通の人から見れば 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 195
平常
   
go pretty much back to normal: ほとんど平常に復する プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 248
平常である
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 159
平生の
   
lose one’s normal calmness: 平生の自制を喪失する 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 266
平静な
   
speak in a normal voice: 平静な声を出す デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 31
並の
   
'Would keep out any normal submarines,' Tyndall finished: 「並の潜水艦なら、ふせぎとめることもできるだろう」と、ティンドルはひきとった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 44

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

under normal conditions: 平生は
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 74
under normal circumstances: ふだんだったら
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 172
normal young-boy shyness: 少年期特有のハニカミ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 213
like a normal person: 人並みに
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 184
it’s only normal: このくらいの方がいいんですよ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 15
in the normal run: ふつう
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 223
in normal circumstances: 日頃の
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 50
by normal standards: 世間一般に比べて
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 61
be normal looking: その辺にいそうな人に見える
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 138
a normal man: 凡人
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 271
would be normal in an old person: 老人にはよくある癖だ
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 185
trying to act as normal as possible: それとないそぶりで
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 177
the flow of trade becomes more normal: 商売が順調に運び出す
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 53
start feeling more normal: だんだんもとに戻ってくる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 148
return to one’s normal self: はっと我に立ち帰る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 240
not think the same as normal people: その辺にうろうろしている凡人には思いもよらないことを考えるにちがいない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 103
let the case take its normal course: いっさいの進行を見送る
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 49
it would be normal: 別に変じゃない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 184
it is only normal ...: 〜は当たり前の人情だ
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 50
it is a matter of normal self-respect: 意地でもそうしなくてはならない
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 78
have to accept sth as a part of normal life: それもまた人の世のうちだと思う
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 504
have led a perfectly normal respectable life: まったくどこといって非の打ちどころのない生活を送ってきた
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 215
have be now become part of sb’s normal existence: (人は)〜に馴れている
大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 12
enjoy normal family life: 水入らずの時間がある
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 247
deliberately make one’s voice as normal as possible: できるだけいつもと同じような調子で聞く
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 47
brand sb as creature beyond the pale of normal society: (人に)はみだし者の烙印を平気で捺す
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 255
be the normal condition of sb’s existence: (人の)日常茶飯事になっている
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 165
be not beyond the range of normal variation: 多少毛色がかわっているという程度で通る
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 75
a normal male adult: 一人前の男
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 81
be quite a thing apart from normal table manners: すこぶる礼法にはずれている
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 5
'Who are they?' he asked Tsuboi, impelled by no more than normal curiosity: 「どういう人たちですか」と勲は尋常な興味にかられて訊いた
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 137
earth-normal:地球並み
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 58
at the normal end of a very successful life: 天寿を全うして
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 96
He was a normal-looking kid (but in Korea everybody is normal looking): いかにもその辺にいそうな少年だった(韓国では、だれもかれもがその辺にいそうな人に見えるのだけれど)
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 138
normal life expectancy: 現在の平均寿命
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 323
Tonight he had a gravity that she sensed immediately was not his normal way: 今夜の彼には、つねのものではないと即座に感じとれる真剣みがあった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 33
one’s habitually slack mouth hanging open to twice its normal extent: もともとしまりのわるい口を二倍の広さにあけ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 317
lead the normal life: 正常な生活を営む
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 50
a normal-looking kid: いかにもその辺にいそうな少年
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 138
"Grigoriev drew his normal ten thousand," he said: 「グリゴーリエフは、いつものとおり一万フラン引き出した」と彼はつげた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 427
it is just sb’s normal self: いつもこうなのだ
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 69