obligation   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
やむをえない
   
a matter of obligation: やむをえないこと トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 205

   
be an under obligations to sb: (人の)ご恩をこうむる ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 40
恩義
   
I have only my debts and my obligations: わたしには、借りがあり恩義があるだけ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 26
義務
   
really have no obligations: 義務というほどの義務はどの方角にも根を張っていない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 145
family obligation: 親戚の義務 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 186
a failure of one’s solemn obligation: 厳正な義務の放棄 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 25
義務や責任
   
without the obligations: 義務や責任をともなわない ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 41
義理
   
meet one’s obligations: 義理を果たす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 483
be due to sb’s sense of obligation to sb: (人に)対して済まないという義理が加わる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 191
重荷
   
with such obligations: そんな重荷を背負わされていたら ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 55
責任
   
all obligations: いっさいの責任 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 112
責務
   
it is family’s obligation to do: 〜するのは親族の責務だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 468
束縛
   
leave the children, the house, the job, and all the obligations of daily life: 子供や、家や、勤めその他、日常生活の束縛を凡て後にする リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 65
負い目
   
hate to be under obligation to anyone: 誰にも負い目をつくりたくない フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 162

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

sense of obligation: 義理
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 248
this obligation makes sb face the possibility of violence: そのせいで暴力沙汰に直面することがある
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 473
sense of professional obligation: 職業的責任感
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 10
have no intention of feeling an obligation to do: 〜などと義理立てはしないつもりだ
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 99
feel an obligation to attend on one’s behalf: (人の)ためにも欠席できぬような気持ちになる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 279
feel an obligation to ...: 当然のごとく〜する
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 198
feel an obligation not to do: 〜せぬ仁義がある
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 23
be under an obligation: 世話になっている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 439
some freighted sense of obligation cause one to decline: 責任を感じて〜する気になれない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 66
some imaginary obligation: 見えない義務
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 26
be some kind of family obligation: 親戚の義務としての〜だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 186
must feel a special sense of obligation to sb: (人に)ひとかたならぬ恩義を感じているのは必定だ
辻邦生著 スナイダー訳 『安土往還記』(The Signore ) p. 124
feel a special sense of obligation to sb: (人に)ひとかたならぬ恩義を感じている
辻邦生著 スナイダー訳 『安土往還記』(The Signore ) p. 124
explaining the strong obligation one is under to do ...: なぜ今なんとしても〜しなければならないかを説明する
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 110
survive, at any rate, in no conscious form of obligation or regret: すくなくとも義務感とか後悔といった意識的な形においてはもはや存在しない
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 195