opening   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
すべりだし
   
have a good opening: すべりだしがよい ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 222
すべり出し
   
a good opening: 上々のすべり出しだ エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 289
でだし
   
this is not an encouraging opening for ...: これはあまり幸先のいいでだしとはいえませんね ルイス・キャロル著 高橋康也・迪訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 74

スキ
   
be not going to give sb an opening: (人に)つけ込むスキを与えまいとする オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 119

開店
   
the grand opening have gone very, very well: 開店大売り出しは大盛況のうちに幕をとじた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 369
開店の日
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 80
滑りだし
   
bungle the opening: 滑りだしが失敗する 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 165
欠員
   
<例文なし> ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 366
見込み
   
is there an opening: 見込みはあるか O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 93
最初の
   
lean forward to catch the opening words of sb’s story: 身を乗り出し、(人の)最初の一言を待ちかまえる マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 35
初手
   
opening gambit: 初手の口上 デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 72
書き出しの
   
opening words: 書き出しの言葉 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 353
店びらき
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 191
突破口
   
wait for a possible opening: どこかに突破口が現われるのを待つ オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 67
in time an opening would appear: いつかはかならず突破口が開ける ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 69
劈頭の
   
the opening sally: この劈頭の連射 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 447

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the opening: 初日
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 51
opening day: 店びらきの初日
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 144
this is not an encouraging opening for a conversation: これではおしゃべりをはじめようにも気乗りがしない
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 61
this is not an encouraging opening for a conversation: 開口一番がこれではあんまりぞっとしない
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 62
reach an opening in the trees: ふいに木立がひらける
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 120
it is a rather abrupt opening: それにしても唐突だ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 19
for opening day against the Cardinals: 対カーディナルスの開幕戦
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 208
..., opening and shutting sth: 〜をあけてはしめ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 268
the blow came on opening day: 決定的な打撃は開店当日に訪れた
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 45
the click of a refrigerator door opening and closing: 冷蔵庫を開け閉てするときのがちゃっという音
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 355
try to coax sb into opening up: 証言させようと説得している
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 284
the creak of the door opening and then a moan: 扉を開くときにぎいっと音がして、それからぶうんとうなりをあげる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 101
on the crowd’s opening the coach doors: 寄って集まって馬車の扉をこじあける
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 284
an opening-day crowd is deceptive: 開店日の客足を見ただけで即断は禁物である
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 48
A deliberate, unimpressive opening: わざと月並みに切りだす
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 37
opening is the most delightful part of one’s operation: 作戦を遂行する際、店びらきというプロセスはいちばん気分を華やかにしてくれる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 191
hear the sounds of doors opening while the engine keep running: ドアのあく音が、かけっぱなしのエンジン音のなかにきこえる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 518
opening out on the expanse of Arashiyama: ひろびろとひらけて、嵐山である
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 36
"You know that I'm not opening this door," she would say firmly: 「言っておくけれど、ドアは開けないわよ」彼女はきっぱりと言う
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 269
such a plea only gives sb another opening: こんなふうに頼んでも、(人は)また始める
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 113
the incandescence of the opening star-stabbed sky: 突然開かれた星の燦めく大空からの白光
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 76
begin opening and closing assorted briefcases noisily setting up shop: さっそくがさがさとブリーフケースを開いたり閉じたり、店を広げはじめる
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 70
opening statement: 冒頭陳述
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 9
with the melting of the snow and the opening of the streams: 雪が解けて小川が流れ始めると
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 81
opening one’s eyes wider: 目をむき
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 259
opening one’s eyes to the knowledge that ...: 目覚めて〜と気づく
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 35
opening day: 開幕戦
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 115
be opening up: あけすけにしゃべる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 77
sb’s opening remarks: (人が)開口一番
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 84
sb’s opening remarks are scarcely diplomatic: (人が)開口一番、はなはだ怪しからぬことを言う
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 84
make the opening statement: 冒頭陳述をする
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 9
We had a good opening we had a fantastic summer: すべりだしがよかったし、夏場がまたばかによかった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 222