other’s   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

いわば〜ともいえる軽度のパラノイア: one another’s paranoias to be mild enough to admit of ...
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 280
母亡きあと: after one’s mother’s death
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 40
万人が万人にとって敵である世: world where all men are each other’s enemies
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 97
母のためにがまんして(物事に)参加する: go along with sth for Mother’s sake
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 13
人目に触れる: be read by another’s eyes
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 242
(人と)(人が)ひしと抱きあう: sb and sb are in each other’s arms
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 433
(人)のことをいますぐにでも母親の座につこうとしてる人間と思ってるんじゃないかしら: see sb as trying to step into one’s mother’s place too soon
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 197
互いが先を争ってぶつかりあう: stumble over one another and block each other’s exit
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 66
母親ゆずりのしっかりした骨格: mother’s strong build
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 169
おたがいゴミの中身には神経質なものだ: do cast a careful eye over one another’s garbage
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 158
弟の部屋を喜び勇んでノックする: knock cheerfully on my brother’s door
吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 62
おばあさん子になる: become one’s grandmother’s child
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 135
遊ぶ: enjoy one another’s company
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 213
みんないっしょに暮らせることに満足している: be content with each other’s company
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 85
おたがいに取材先がかちあう: cross each other’s tracks
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 66
たがいの砂漠の樹木を枯らす: defoliate each other’s deserts
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 262
長いこと顔を見合わせて立っている: stand in each other’s long silence
弟殺しのおとしまえをつける: even up one’s brother’s killing
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 176
パラノイアともたえずつきあわなければならない: can expect one another’s paranoias
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 280
兄の悪評が(人の)身に及ぶ: be seen as an extension of one’s brother’s reputation
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 382
母方の祖父: one’s mother’s father
母親の髪を受け継いだ: have got one’s mother’s hair
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 151
ほかのものの手に自分の運命をゆだねること: a placing of sb’s destiny in another’s hands
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 125
人心を収攬する: seize another’s heart and mind
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 119
母親に生き写し: one’s mother’s image
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 287
お互いの姿勢や動きをリズミカルにまねたがる傾向: our need to keep each other’s time reflects a rhythmic mimicry
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 25
火をみるより: as well as I know my mother’s maiden name
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 14
母の甘美な胸より滴れる乳: milk from a mother’s sweet titty
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 72
たのしみの最大なるもの:mother’s milk
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 132
おたがいの〜をくらべ合う: note each other’s ...
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 12
覗き穴から眺める母の部屋: peering at one’s mother’s bedroom through the peephole
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 7
他人の宝物だから大切に扱わなければならない: out of politeness for another’s treasures
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 223
互いに支えあう: stand on one another’s shoulder
順繰りに肩車に乗っている: stand on one another’s shoulder
もう昔と違ってとっ組み合いの喧嘩などはしない: are not at each other’s throats anymore
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 27
自分の顔を相手の顔にくっつけるようにする: thrust one’s face close to the other’s
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 314
息の合った引っ越し作業員みたいに: like a pair of furniture removers used to one another’s timing
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 80
プライバシーには立ち入らない: step on each other’s toes
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 482
(人の)母の娘時代: during sb’s mother’s youth
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 87