pale   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
うすら
   
in the pale winter sunlight of ...: 冬のうすら陽の当る(場所)で 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 66
ささやかで淡い
   
a pale glow: ささやかで淡い光 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 88
まっ青な
   
look pale and scared: まっ青なおびえきった顔をする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 77

顔の色がすぐれない
   
look pale: 顔の色がすぐれない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 495
血の気が失い
   
how pale sb’s face is: 顔からは血の気が失せている ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 51
血の気も失せてやつれ果てる
   
be pale: 血の気も失せてやつれ果てる スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 69
色素が薄い
   
the freckles cover sb’s pale face: そばかすだらけで色素が薄い 吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 131
真青
   
look paler and shakier than sb have seen one’s look before: いつになく真青になってぶるぶる震えている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 166
真蒼になって
   
wretchedly pale: 真蒼になって震えている 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 29
青い顔
   
grow increasingly pale: みるみるうちに青い顔になる 有吉佐和子著 タハラ訳 『紀ノ川』(The River Ki ) p. 25
青みがかった
   
It was thick-sided, slightly irregular, a pale weathered grey: どっしりと厚みがあり、ややいびつながら、年代を経て青みがかった灰色の肌理が美しかった メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 285
楚々として
   
her lovely pale neck: 楚々として形の良い襟足 リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 32
蒼い
   
The priest's neck was thin and his face as pale as an invalid's: 首筋も細く衰え、面色は病人のように蒼い 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 68
蒼ざめている
   
can see that sb have paled: その顔が蒼ざめているのをみてとる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 102
蒼然と
   
shine pale: 蒼然と光る 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 441
蒼白に
   
go ghostly pale: 蒼白になる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 201
淡い
   
the pale light comes in: 朝の淡い光が射し込む カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 259
pale sunlight: 淡い日差し 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 95
a pale yolky color: 淡い卵黄色 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 128
a pale green gown: 淡いグリーンのドレス クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 152
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 60
淡い色あいの
   
a pale far-off-fision of a smile: 彼女の微笑みは淡い色あいの遠くの情景のように見える 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 190
淡い色の
   
pale lipstick: 淡い色の口紅 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 11
淡色の
   
a pale tie: 淡色のネクタイ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 298
白い
   
pale meaty thighs: 肉づきのいい白い太もも トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 159
loose pale flesh: だぶついた白い皮膚 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 172
extremely pale skin: 優れて白い皮膚 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 9
as pale as milk: ミルクのように白い スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
a pale rim of flesh: 白い肌の線 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 179
白っぽい
   
the high, pale cast of light in the windows: 太陽の白っぽい光が窓の高みに射す カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 168
薄い
   
dark and pale: 色の薄い濃い 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 31
薄れかかった
   
a pale sun: 薄れかかった日差し 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 183
晧い
   
the pale moon: 晧い月 有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 123

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

turn very pale: さっと顔色が変わる
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 17
turn very pale: 蒼白になる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 206
turn pale: 顔色を変える
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 302
turn pale: 色を失う
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 293
turn pale: 青ざめる
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 19
turn noticeably pale: あきらかにすこし蒼ざめた顔をする
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 33
paler sky: 白さをおびてきた空
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 119
pale white: 蒼白
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 48
pale green and white light: 蒼白な光
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 22
pale and faint: 血の気を失い、意識がない
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 124
beyond the pale: 身の程知らずの
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 274
turn pale and tremble: 顔色を変えて動揺する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 329
small woman with pale complexions: 骨の細い色白の女
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 116
sb’s cheek grows paler and paler: (人の)頬は次第に色を失っていく
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 74
one’s face pale and tired: げっそりとやつれた顔
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 281
one’s face pale and bloated: 青んぶくれの顔で
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 98
one’s face has gone dead pale: 顔は死人のように真っ青
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
laying the palest shadow of a stress upon the second word: 後半の言葉には、ほんとにかすかながら、妙に力がはいっている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 72
in the quiet and pale darkness of snowfall: しんしんと降りつもる雪の薄明かりを頼りに
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 20
glow a pale gray and evaporate: すうっと灰色に光って蒸発してしまう
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 102
brand sb as creature beyond the pale of normal society: (人に)はみだし者の烙印を平気で捺す
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 255
pale light breaking through the curtains: カーテンごしにさしてきた薄明かり
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 77
the pale moon shining brightly: 晧晧と晧い月が輝いている
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 123
become deathly pale: 真蒼になる
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 142
sb’s face is pale and still and distant: (人の)顔は青ざめ、茫とした表情だ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 125
Even Kojuro turned rather pale at the sight: さすがの小十郎もちょっと顔いろを変えた
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 302
He was fiftyish, groomed, and thickset, with a dark suit and a pale tie: 五十がらみ、でっぷりして身づくろいもよく、ダーク・スーツに淡色のネクタイを締めていた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 298
it is a fine face, though pale and lean: 蒼白い細面は端正だ
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 57
show its pale underside with a ghastly twist of the body: 不気味に青白い腹をくねらす
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 90
dark slowly gives way to a pale and ghostly gray: あたりはしだいに明るくなり、暗闇は蒼白い無気味な灰色に変わっていく
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 123
Smiley wondered whether he was naturally so pale: この男の顔の蒼白は生まれつきなのだろうか、とスマイリーはいぶかった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 62
Occasionally as Villem talked, tears rolled unashamedly down his pale cheeks: ときおり、しゃべるヴィレムの青白い頬を、涙が見栄外聞もなくつたいおちた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 153
paint sth with a pale wash: (物に)うすい色を刷く
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 442
pale-blue:空色をした
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 135
pale-coloured:薄色の
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 89
sb’s face is surprisingly pale and serious: はっと思うほど思いつめた蒼い顔で
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 55
suddenly turned pale: さっと顔いろが青ざめる
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 104
be woefully thin and pale: いたいたしほどにやせこけ、青さめている
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 137