past   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜ごしに
   
look ahead of one past sb’s shoulder: (人の)肩ごしに前方を見つめる サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 47
〜のそばを
   
edge past sb: (人の)そばをすりぬける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 108
〜のそばを通りすぎる
   
stomp past sb: (人の)そばを通りすぎる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 272
〜を横目に
   
lope down a bridlepath past sb: (人を)横目に、乗馬道をすたすた歩く ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 169

かつての
   
past Dodger heroes: かつてのドジャースのヒーローたち プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 189
から
   
walk in the direction of ... past the back of ...: 〜の裏から〜の方角に歩いて行く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 38
ここ
   
the past several days: ここ数日 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 323
この
   
over the past three years: この三年ほどのあいだに スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 203
これまで
   
sound like a sober reflection on one’s own past: 自分自身のこれまでを振返っているしみじみした調子 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 234
これまでの
   
past New Year’s: これまでの大晦日 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 59
すぎ
   
past midnight: 夜半すぎ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 230
すぎる
   
be way past being humorous: 冗談の度がすぎるぞ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 303
そばを通りすぎる
   
summer drowse past sb: 夏がうつらうつらと(人の)そばを通りすぎる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 220
もうない
   
the need for sth is past: 〜の必要はもうない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 209
やりすごして
   
past sb: (人を)やりすごして デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 432
よけて
   
past the conglomeration of bicycles: 自転車の群れをよけて セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 71

以上
   
go past the flirting stage: いちゃつき以上に及ぶ デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 43
以前
   
in the past: 以前は 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 177
越えた
   
a year or two past fifty: 五十を一つ二つ越えた トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 81
押しのけて
   
past sb: (人を)押しのけて ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 240
横の
   
begin climbing the hill past sth: 〜横の坂を昇りはじめる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 96
横を
   
hurry past sb: (人の)横をかけ抜ける ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 272
過ぎの
   
woman past forty: 四十過ぎの女 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 205
過去
   
what have gone wrong have occurred in large part as a result of sb’s past: うまくいかなかったのは、元をただせば(人の)過去に起こったことのせいなのだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 555
vindication of sb’s past: (人の)過去の名誉挽回 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 379
take on the past: 過去を引き受ける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 595
reply sb’s past: 過去を再現する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 83
ravage a certain treasured part of sb’s past: (人の)過去の日々のある大事な一部を踏みにじる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 527
over the past decade: 過去一○年のあいだに ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 16
one’s colorful past: 華々しい過去 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 110
make sth a thing of the past: 〜を過去の遺物にしてしまう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 185
help make the past palpable for sb: 〜で過去を受け入れることができるようになってくる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 97
have no past to brag about: 吹聴できる過去がない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 150
face a past to make the strongest of hearts quail: どんな強い心臓をもふるえさせるような過去をみすえる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 212
exhume the past: 過去を暴きたてる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 589
dwell on the past: 過去にこだわる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 35
dwell on the past: 過去をだらだらと打ち明ける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 146
during the past year: 過去一年間に ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 108
dig up sb’s past: 過去をあばく 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 82
denigrate sb’s entire past: (人の)過去全体が(人に)誹謗される ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 262
be connected with such a bad past: おぞましい過去に繋がる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 323
a somewhat checkered past: 多彩な過去 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 131
過去の
   
political posters from past campaigns: 過去の選挙ポスター トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 188
今までの
   
the past few months: 今までの何ケ月か 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 175
思い出
   
seem lost temporarily in images of the past: しばらく思い出の世界にひたっているらしい フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 82
身の上
   
when it comes time for sb to talk about one’s own past: 自分の身の上話をする段になると ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 114
   
true, in the past: 昔は、たしかに 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 199
talk incessantly about the past: 休む暇もなく昔話をする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 524
have become a part of one’s past: 〜も今は昔である 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 97
from one’s distant past: はるかな昔の 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 72
先まで
   
run about twelve feet past sth: 〜の十二フィート先まで転がる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 261
前から
   
sb from school one have been seeing for the past month: (人が)学校の同僚で、一ヵ月ほど前からつきあっている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 290
前を
   
march softly past sb: (人の)前をしずかに通って行く ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 518
lurch past one: ふらふら前を通る セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 109
通りすぎていく
   
scurry past: 足早に通りすぎていく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 238
通りすぎる
   
go past without slowing: スピードをゆるめることなく通りすぎる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
drift past ...: 〜の前をただようような足どりで通りすぎる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 140
blow past sb: さっと通りすぎる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 275
無視し
   
talk past sb to sb: (人を)無視し、(人に)いう フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 526