phrase   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いう
   
..., once sb phrased it: (人の)いう〜 ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 76
ちゃんとした科白にする
   
can not phrase a question: 質問をちゃんとした科白にできない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 175
ひとこと
   
in a phrase: ひとことで言えば トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 102

科白
   
some odd phrase like that: こういう妙ちきりんな科白 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 40
言いまわし
   
Mungo liked that phrase and he repeated it to himself: マンゴーはその言いまわしが気に入って、もう一度頭のなかで繰り返した レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 35
言葉
   
Unbidden, old Socrates's phrase came into his mind and he smiled faintly: ふと、ソクラテス老の言葉が頭にうかび、彼はかすかに笑った マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 421
At home--John realized the phrase he had used: うち−−ジョンは自分が使った言葉に気づいた レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 102
a phrase sb hear a lot: 〜という言葉をよく耳にする フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 92
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 168
言葉を口にする
   
I’m not sure how I phrased sth: (物について)どういう言葉を口にしたのか正確には覚えていない オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 48
語句
   
startling turns of phrases: 息をのむような語句の彩り ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 304
phrases keep running through sb’s mind: さまざまな語句が脳裏をかすめた クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 243
台詞
   
a favorite phrase: お気に入りの台詞 レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 174
表現
   
we all know that wonderful old phrase: 誰もが知っている、あの絶妙な表現で言えば バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 412
Bernstein and Woodward lingered over phrase 'this particular incident: バーンスタインとウッドワードは「この特殊な事件」という表現にこだわった ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 36
back off one’s own phrase: 自分が考えた表現に難色を示す ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 425
artless phrase: さりげない表現 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 372
文字
   
repeat the phrase many times: 幾つも幾つも際限なく同じ文字を並べる 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 63

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

every few phrases: ひと息ごとに
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 168
try to phrase one’s question: 言い方に気をつける
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 253
the phrases everybody used during the war: 戦争中に通用していた定まり文句
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 275
repeat the same mumbled phrases: 徒におろおろと繰返す
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 400
one phrase of sb’s that ...: 〜という(人の)一言
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 124
be no mere phrase: 誇張ではない
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 69
a key phrase for sb: (人の)殺し文句
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 255
a few meaningless conversational phrases: 意味もない短い会話
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 148
phrase akin to sb: (人に)そっくりの文句
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 135
K had always been fond of the phrase "concentration of mind.": Kは昔しから精進という言葉が好きでした
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 239
every phrase in which ura or omote appears can be explained in terms of this correspondence: オモテとウラを含む大部分のものがこれで説明がつくと考えられるのである
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 11
a chance phrase that one have heard at ...: 〜でふと耳にしたことば
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 102
chant a harsh, unintelligible phrase: 耳ざわりな、わけのわからぬ文句をうなる
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 135
be definable in a single phrase: 一語で規定できる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 387
disdain the phrase “clockwork toy,”: 「ぜんまい仕掛けのおもちゃ」という言い方は耐えがたい
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 25
chant a harsh, unintelligible phrase akin to sth: (物のように)わけの分らぬ言葉をしゃがれ声でしゃべる
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 55
occasionally use a phrase like ...: 〜ような類の言い回しがときどき顔を出す
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 4
the phrase ‘A’ sounds like magic: Aという、この言葉の魔術だ
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 190
puzzle over the significance of the phrase: その意味をはかりかねている
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 213
savor the phrase: いまの自分の言葉をしばし反芻する
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 159
reply with a stock husband phrase: おきまりの亭主用語で答える
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 105
Suddenly a phrase from his April Fool's Day letter to the Mets came to mind:: あのエイプリル・フールの日、シドがメッツにあてて書いた手紙の一節が、わたしの脳裏にだしぬけに浮かんだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 326