profound   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ああ
   
a feeling of profound regret: ああ惜しいという 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 34
ぐっすり
   
lay in a profound Sleep: ぐっすり眠ってしまっている スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 25
むつかしい
   
be engaged in profound thought: むつかしい道理を考えている 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 170

意味深長な
   
profound question: 意味深長な質問 ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 98
強い
   
profound interest: 強い興味 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 196
根底から
   
be achieved only by profound changes in sth: 〜を根底から変えることによってのみ実現される ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 14
心の底から
   
look of profound sorrow on one’s face: 心の底から悲しんでいる顔つき 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 11
深い
   
profound converse of spirits: 心と心の深い結びつき 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 142
be of some profound significance to sb: (人と)深い縁故がある 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 42
生っ粋の
   
a profound English accent: 生っ粋のイギリス英語 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 270
体の奥底からわいてくるような
   
a warm, profound hilarity: 体の奥底からわいてくるようなあたたかな快活さ ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 167
体の奥底からにじんでくるような
   
a cool, profound sadness: 体の奥底からにじんでくるような冷たい哀愁 ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 167
大きい
   
The insult of his present circumstance was profound: 現在の状況が彼に与える屈辱は大きかった トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 128
底深い
   
a profound and vehement fear: 底深い、強い恐怖 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 201

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

profoundest secret: 一番の秘密
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 53
one’s profoundest secrets: 心の奥の秘密
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 66
be profound: 深刻だ
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 333
the profoundest beauty is secret: 最も美しいものは秘められている
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 167
study sb with drunkenly profound narrowness: どろんとした眼で(人を)しげしげと見つめる
マクベイン著 加島祥造訳 『死にざまを見ろ』(See Them Die ) p. 21
something deep and profound: 何か深遠なこと
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 192
seem to have a problem saying anything very profound: なにかもっと気のきいたこと書けないものなのか
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 97
say after a few moments’ profound reflection: しばらくとっくりと考えてから答える
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 31
mutter in profound revulsion: すこぶる不快そうに呟く
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 5
make a profound impression on sb: (人の)胸に刻みこまれる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 11
in the midst of a profound stillness: 満廷いっせいにかたずをのむ中に
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 125
in a tone of profound contempt: 見下げ果てたという口調で
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 31
give sb the impression of profound intellectual torments beyond ordinary human comprehension: ずいぶんと深刻げで不可知な悩みのごときものが感じられる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 436
feel no profound emotion: それほどの感慨もわかない
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 128
this religion has been dedicated to an extraordinarily profound meditation on ...: 〜についておどろくべく深い思索をつづけている
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 189
a profound philosophical reflection: 深遠な哲学的思弁
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 341
have splendidly sharp, sculptured features and look to be sunk in profound metaphysical contemplation: おどろくほどひきしまって立派な、瞑想にふける哲人のような顔立ちが見られる
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 39