puzzle   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
けげんそうに
   
Takichiro looked puzzled: 太吉郎はけげんそうに、 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 100
こんぐらかる
   
be too much puzzled to say anything: すっかりこんぐらかって、なにもいえなくなる ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 122
たじろぐ
   
<例文なし> べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 221
なぞ
   
feel as though one is wrapped in a puzzle: なぞにつつまれたような思いである 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 149
はかりかねる
   
puzzle over the significance of the phrase: その意味をはかりかねている マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 213
はめ絵
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 121
まごつく
   
somewhat puzzle at sb’s speech: (人の)雄弁にいささかまごついて E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 88
look puzzled: まごついたらしい ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 113
I remember this one puzzled me: あの時には、まごついたのをおぼえている スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 20
めんくらう
   
be too much puzzled to say anything: すっかりめんくらって、二の句がつげずにいる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 112
be puzzled when ...: 〜したのにはめんくらう クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 557

パズル
   
puzzles of a lifetime: 一生がかりのパズル トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 291
push around these puzzle pieces: パズルのピースを頭のなかでひねくりまわす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 70

意味をはかりかねる
   
puzzle at ... a while: しばらく〜の意味をはかりかねている ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 22
煙に巻く
   
talk to sb with unknowing professionalism and puzzle sb away: 大人びた口をきいて(人を)煙に巻く スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 102
何かしらという顔をする
   
<例文なし> オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 241
解せない
   
only one thing puzzles sb: たったひとつだけ解せないことがある マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 78
怪訝な
   
pull a puzzled smile: 怪訝な笑みをうかべる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 93
怪訝に思う
   
a cryptic remark that puzzles sb: なにか奥歯にもののはさまったようなその言葉を怪訝に思う マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 309
割り切れない
   
puzzled and disturbed at the same time: 割り切れない、そして異様な気持になり 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 11
驚かされる
   
puzzle sb not a little: 〜には少なからず驚かされる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 128
懸命に考え続ける
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 98
見当もつかない
   
be a puzzle to sb: (人には)見当もつかない カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 10
狐につままれる
   
look extremely puzzled: 狐につままれたような顔で メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 197
continue one’s puzzled explorations: 狐につままれたように歩きまわる O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 61
考えあぐねる
   
puzzle over the idea: この問題をあれこれ考えあぐねる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 147
合点がゆかぬ
   
continue one’s puzzled explorations: さっぱり合点のゆかぬ探検をなおも続ける オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 141
心に引っかかる
   
puzzle sb: (人)の心に引っかかる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 257
頭をひねっている
   
remain puzzled by sb’s game: まだ(人)のことで頭をひねっている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 255
頭をひねる
   
puzzle one’s head for some time over this information: しばらくこの情報をもとに頭をひねる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 150
<例文なし> セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 62
謎々
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 203
不思議
   
it puzzles sb that one should do ...: (人が)〜するのは自分でも不思議で仕方がない オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 45
面くらう
   
the puzzled child thinks to oneself: 面くらった少女は、心のなかでつぶやく ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 104
腑に落ちない
   
puzzle sb: (人の)腑に落ちない ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 103

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

that’s puzzling: なんだかこんがらかってきた
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 128
sth puzzle sb: (人が)〜に首をかしげる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 60
sth puzzle sb: (物事が)なんのことかよくわからない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 103
seem puzzled: ポカンとした顔をする
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 271
remain puzzled: 腑に落ちない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 337
puzzled though enraged: 困惑しつつも激怒に駆られ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 364
puzzled and murmuring: けげんそうな顔でおしゃべりをはじめる
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 116
puzzle over sth: 首をかしげる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 359
looking puzzled: 狐につままれたような表情で
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 220
look seriously puzzled: 怪訝そうな顔をする
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 263
look puzzled: けげんそうな顔をする
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 209
look puzzled: けげんそうにする
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 181
look puzzled: はてなという顔をする
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 254
look puzzled: 怪訝な顔をする
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 177
look puzzled: 不思議そうに
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 235
jigsaw puzzle: 嵌め絵
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 96
in puzzled wonder: 腑に落ちない表情で
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 276
feel puzzled: 不可解な気持ちになる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 174
feel puzzle: 当惑をおぼえる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
feel dreadfully puzzled: すっかり頭がこんぐらかっちゃう
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 98
feel dreadfully puzzled: もうなにがなんだかわからなくなる
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 98
be puzzled: はてなと思う
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 409
be puzzled: 身のおきどころがない
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 56
be puzzled: 判じかねる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 65
be puzzled: 不思議でならない
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 216
be absolutely puzzled: 困った立場におかれる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 94
ask, genuinely puzzled: 本当にのみこめなくてきく
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 213
the thing that puzzles sb is ...: (人にとって)不思議なのは〜ということである
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 94
the puzzled child thinks to oneself: キツネにつままれた思いでひとりごと
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 94
sb’s clowning puzzles me: (人の)道化芝居にはついていけない
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 67
say with a puzzled air: きょとんとした顔だ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 109
puzzle over sth for some time: しばらくのあいだ考えあぐんでいる
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 28
puzzle over sth for some time: しばらく首をひねっている
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 29
puzzle over sth for quite a while: いろいろ考える
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 277
one’s voice be puzzled: 当惑を隠せない声
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
one’s expression is a little puzzled: (人の)顔にとまどったような表情が浮かんでいる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 42
notice something ... which puzzles me: 不思議なことに気づく
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 77
look at sb, puzzled: 当惑の表情を隠せず、(人を)じっと見る
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 325
look at sb with perfectly honest, puzzled eyes: 実に正直な、怪訝そうな目で(人を)見る
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 37
it puzzles sb why ...: 〜は合点が行かない
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 174
have always puzzled sb: かねてから(人は)不思議でならない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 295
frown in a puzzled way: なにか解せない顔つきで眉間にしわを寄せる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 223
be puzzled by sth: 〜に関して解せないところがある
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 132
be puzzled by sth: 〜に首を傾げる
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 120
be puzzled by sth: (物事に)首をひねる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 47
be puzzled by sb’s curious behavior: (人の)態度を不審に思う
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 53
be puzzled by sb: (人に)とまどいを見せる
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 12
be puzzled by ...: 〜でとまどう
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 64
be more and more puzzled: ますますわけがわからなくなる
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 72
after a great deal of puzzling: 四苦八苦したすえに
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 59
a puzzled look on one’s face: 測りかねた面持で
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 114
never fail to puzzle sb: いつも(人を)当惑させる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 140
the picture on the adultery puzzle is taking shape: 不倫の謎を説明する図がだいぶ見えてきた
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 91
the puzzle ring is reassembled: 謎の輪が閉じる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 192
a tantalizing puzzle: 非常な難問
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 22