quality   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜なところ
   
a vaguely plaintive quality: どこか悲しげなところ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 238

ところ
   
near-religious quality: お説教臭いところ デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 49
どんな
   
Can you try and describe the quality of the pain?: どんな痛みかいってください ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 211
もの
   
tragic quality: 悲劇的なもの 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 18
lamenting hortatory quality: 悲しくも押しつけがましいもの トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 22
よさ
   
quality of one’s character: 性格のよさ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 305

悪さ
   
the quality of the food: 食事の悪さ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 429
加減
   
the quality of the sunlight: 陽光の加減 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 62
感じ
   
a don’t-give-a-damn quality to sb’s voice: 投げやりな感じのする声 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 232
顔まけの
   
cop-quality dissembling: おまわり顔まけのとぼけぶり エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 287
個性
   
impressive qualities of sb’s person: (人)という人間の印象的な個性 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 271
工合
   
quality of the sound: 音の工合 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 240
   
improve the quality of human life: 人類の生活の質を向上させる ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 9
be of poor quality: 質はよくない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 106
性格
   
appreciate sb’s glandular qualities: (人の)もってうまれた性格を気に入る ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 251
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 137
性質
   
have some interesting qualities: 面白い性質をもっている 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 155
長所
   
<例文なし> ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 92
特質
   
be too complex a quality to deal with: 謎を解く鍵としてはややこしすぎる特質だ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 139
美点
   
the quality: 美点 ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 315
   
give ... a kind of curious wild quality: 〜に奇妙な、荒々しい味を加える プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 111
優劣
   
quality of ...: 〜の優劣 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 150
   
praise sb tor the quality of ...: (人の)〜の腕を褒めあげる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 206

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

quality stuff: 高級品
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 301
high quality of ...: 上等の〜
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 37
emphasize quality labels: レッテルが何より大切だ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 26
a quality of two-sidedness: 二面性
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 17
a positive quality: 長所
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 58
a negative quality: 短所
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 58
the same qualities of character: ほかならぬこの性格
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 86
the quality of the telescope’s images: 望遠鏡の分解能
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 31
the quality of our relationship: わたしたちのこの良好な関係
the quality is beginning to arrive: 高級品の出番だ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 190
the dream figure take on corporeal qualities: 夢が肉質化する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 177
that had a touching quality as well: それもまたいじらしい
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 205
take upon sb as the embodiment of womanly qualities: 女の代表者として( 人を) 知っている
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 206
sth is a quality one does not deal in: 〜という言葉は(人の)辞書にない
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 202
special qualities of the Japanese psychology: 日本人心理の特性
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 7
seem to have a special quality of its own: 〜が格別だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 157
reveal qualities of one’s character: 自分の内実をかいま見せる
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 193
quality of the moment: その場の空気
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 194
possess no special qualities worthy of note: (人に)特色がない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 24
in the rank and quality of ...: 〜の身分で
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 258
have some quality of magnetism: どこか人をひきつける磁力がある
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 205
have some of the qualities of a young Stephen Crane: スティーヴン・クレインの初期に作風が似ている
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 45
give outstanding quality service: 最高のサービスを提供する
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 104
exuding patronage of the most offensive quality from every pore: 鼻持ちならぬそのパトロン臭を、体じゅうの毛穴から発散させながら
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 53
enjoy a reputation for uncanny discernment of fine quality: 品物の鑑識と選択に古い信用がある
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 26
destroy the esoteric quality of ...: 〜がもはや秘密ではないことをばらす
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 131
a species of men whose unique quality is badness: 造り付けの悪人
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 161
a Person of great Quality: たいへん名門の男
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 32
a brooding desperate quality: 一種の沈鬱な絶望
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 319
agree to adopt a continuous quality management philosophy: 常に品質管理を継続する方針に合意することを約束する
ヒーブラー著 高遠裕子訳 『ベスト・プラクティス』(Best Practices ) p. 30
one’s voice taking on a distant,thoughtful quality: ぼんやりと考えこむようにいいながら
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 50
The picture was of poor quality homemade: 素人の撮ったものとみえ、映像の質はよくない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 106
identify the odd quality: この異様な感じに気づく
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 104
the air here has that odd magnifying quality: 透明な空気は不思議に遠いものを見た目に近く引き寄せる
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 171
To use statistical quality control, every production worker must master it: 統計的品質管理を実施するためには、ひとりひとりの労働者が統計的品質管理の方法を習得しなくてはならない
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 227
open-hearted, easy-going quality: 気のおけない安易さ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『燃えつきた地図』(The Ruined Map ) p. 74
neither new nor of more than ordinary quality: 新しくもないし、とりたてて上等でもない
ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 141
The quality of our relationship was partly created by a peculiar distance: わたしたちのこの良好な関係は、一つには、お互いに相手を尊重して距離を保つことで成り立っていたと言える
the picture is of poor quality: 映像の質はよくない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 106
tender quality: いたいけな感じ
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 114