realm   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
   
probe deeply into the realm of ideas: 思想界の奥へ突き進んで行く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 161
世界
   
sb’s inner realm: (人の)内面世界 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 130
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 144
本拠地
   
there is a certain milieu that is sb’s realm: (人に)は自分の本拠地ともいうべき場所がある ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 271
領域
   
some realm where ... is more tangible: 〜がより明確化する領域 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 210
individual’s private realm: 個人のプライベートな領域 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 39

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the mortal realm: この人間界
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 209
a separate realm: 別世界
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 9
it is not altogether outside the realm of possibility that ...: 〜だってないとはいえない
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 157
be beyond the realm of possibility: どうあがいても手の届かないところにある
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 439
can do almost anything if it falls within the mortal realm: この人間界でふりかかるたいていのことには対処できる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 209
His knowledge of Helen's inner realm was nodding, at best: ヘレンの内面世界についてのスターンの知識は、最高に見ても皮相的なものにすぎなかったし、
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 130