recollection   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
おぼえ
   
have no firm recollection: さだかなおぼえがない 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 224

過去想起
   
these monumental acts of recollection were her genius: 過去想起というこの比類のないわざこそは、彼女の天稟であった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 261
覚え
   
have no recollection of doing: 〜した覚えはない 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 76
記憶
   
unearth contrary recollections: こちらに不利な記憶を掘り起こす トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 181
transported recollections of ...: 〜の夢のような記憶 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 271
reform the recollections of sb: (人の)記憶をよびおこす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 44
ignite one’s recollections: 記憶を呼びさます トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 265
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 155
思いだす
   
have little coherent recollection of ...: 〜のことで筋道立てて思いだせることはほとんどない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 361
doing in sudden recollection: なにを思いだしたのか、不意に〜する マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 193
思い出話
   
jot down some recollections of sb: ちょっと(人の)思い出話のようなことを書く 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 160
思い返す
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 199
証言
   
based on the recollections of sb: (人の)証言を頼りに ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 50
心に残る
   
<例文なし> 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 98
追憶
   
be deep in recollections: 追憶にふける 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 75

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

in painful recollection: 思いだすのも痛そうに
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 346
the vaguest recollections of ... come to mind: 〜のことは、頭にぼんやりよみがえってくる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 172
sift through one’s recollections: 少し記憶をたどる
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 148
sense of false recollection: 見当ちがいの記憶
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 56
proceed with the somewhat uninteresting recollections of a lifetime: あまり面白くもない懐古談にふける
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 9
in recollection of the buried past: 埋もれていた記憶のなかで
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 223
have vivid recollections of ...: 〜のことを鮮明に憶えている
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 398
have some recollection of sth: 覚えがある
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 41
have no recollection of ...: 〜であったか記憶していない
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 8
have no clear recollection of having seen before: あまり見なれない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 118
days go by before one wake to any recollection of ...: 〜をまったく思い出さないうちに日々が過ぎていっている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 274
be lost again in recollection of the past: 追憶が(人を)しめつける
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 187
Brooks smacked his hand on his thigh, guffawed in sudden recollection: ブルックスはなにを思いだしたのか、不意に手でひざを打って、からからと笑った
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 193
retain a most pleasant and grateful recollection of the help: ご助勢は今も、喜ばしくありがたいことと記憶にとどめている
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 124
insistently recollection is prodding sb: 自分の思い出に触発される
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 172
have no recollection of sb’s ever having lived: (人が)いたことすら覚えていない
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 72
at the sudden recollection of sth: 〜がふっと思い出されて
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 90
sb’s recollection is usually a little vague: 記憶が曖昧だ
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 129
He winced in painful recollection: 彼は思いだすのも痛そうに顔をしかめた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 346