remark   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜という話をする
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 62

いいたいことをいう
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 259
いう
   
you have heard me remark that ...: 前にもいったはずだが ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 53
the Superintendent remarked brightly: 主任警視は気をきかせていった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 52
remark with relish: たのしそうにいう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 260
remark with a grin: 歯をにっと見せていう プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 403
remark petulantly: 苦虫を噛みつぶした顔でいう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 394
remark not very nicely: 辛辣にいう ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 61
remark carelessly: さりげなくいう ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 59
one’s remark leads one to suppose that ...: そういうと如何にも〜なようだ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 29
make incoherent remarks: しどろもどろな事をいう 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 103
'Wish I had an enemy, I must say,' Enderby remarked turning a few pages: わたしも仇敵のひとりぐらいはほしいよ」エンダビーはいって、ぱらぱらページをくった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 364
いったこと
   
one’s last remark: 自分が最後にいったこと マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 419
いってのける
   
remark simply: あっさりいってのける ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 127
くちにだす
   
be evidently esteemed a piece of impudence too shameful for remark: 口に出すのも恥ずべき厚顔と思ったに相違ない E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 42
ことば
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 113
せりふ
   
the lack of any smart remark: 気の利いたせりふを思いつけない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 162
つぶやき
   
what one means by the remark: そのつぶやきの意味 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 111
ひとこと
   
each remark become an excuse for additional laughter: 何かひとこと言うたびにわっと笑い出す オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 57
ぽつりとつぶやく
   
<例文なし> カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 30
ぽつりと感想をもらす
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 96

ポイント
   
underscore pertinent remarks: 重要なポイントに下線を引く オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 26

悪罵
   
hear those remarks: 悪罵を浴びせられる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 291
感想
   
distract one from sb’s lame remark: (人は人の)平凡な感想を聞き流す デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 96
感想を述べる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 69
   
sb’s last remark: (人の)最後の一句 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 30
警句
   
make a saucy remark: 生意気な警句を吐く トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 215
clever, stylish remarks: 気の利いた警句 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 186
言いぶん
   
repeat one’s remark with variation: 自分の言いぶんをまたべつのことばでくり返す ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 80
言いまわし
   
the most casual remarks become tinged with erotic overtones: ごくささいな言いまわしでさえもエロティックな響きを帯びるようになっていく オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 57
言い種
   
one’s usual remark: 相変わらずの言い種 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 180
as one remarks ...: 〜の言い種ではないが、〜 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 159
<例文なし> セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 108
言った言葉
   
a chance remark of sb: (人が)何かの拍子に言った言葉なんだ アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 355
言ってやる
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 436
言葉
   
Not that this remark seemed particularly rancorous: とはいえ、とくに悪意から出た言葉とは思えなかった トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 245
mutter stray remarks: とりとめない言葉をつぶやく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 89
make remark: 言葉を口にする ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 248
make a very significant remark: 意味深長な言葉を放つ アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 256
invoke by one’s remark a pointed silence: この言葉で緊張をはらんだ沈黙が流れる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 224
how one’s remarks should have produced such an exhibition of bad temper: 自分の言葉がなぜあんなに(人の)気を悪くしたのか E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 76
greet this remark with scorn: この言葉を笑って、取り合わない スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 269
go on without noticing sb’s remark: (人の)言葉に耳もかさず、つづける ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 126
But when I catch his expression I recognize that his remark was personal: だが、その表情を目にすると、いまの言葉は彼の個人的な感情のことだとわかる トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 15
be actually halfway to some sly remark: ある狡猾な言葉がほんとうに口まで出かかっている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 297
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 86
口がひらく
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 260
思う
   
remark to oneself that ...: 〜と思う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 587
冗談
   
a crude remark: 悪い冗談 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 345
情報
   
hear a few remarks about sb: (人に関する)二、三の情報を〜の口から引きだす アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 114
注意する
   
often remark that ...: 〜と口癖のように注意する カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 22
   
<例文なし> 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 273
答え
   
remark in a thoughtful tone: 〜の答えも慎重だ ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 123
念を押すように言いわけをする
   
remark to sb that ...: 念を押すように〜と言いわけをする ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 182
発言
   
recognize there is a little humor in the remark: 発言の中にいささかのユーモアを認める ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 455
<例文なし> セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 88
評する
   
<例文なし> セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 71
附言
   
sb’s abrupt remark: 唐突な附言 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 175
文句
   
repeat one’s remark with variation: さきほどの文句を、今度は少し変えて繰り返す ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 80
返事
   
one simple remark and ...: (人の)返事一つで〜になる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 78
make a vague remark: 曖昧な返事をする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 129
話しかける声
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 280