remarkable   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あまりにもよく
   
bear a remarkable resemblance to sth: (物と)あまりにもよく似ている 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 5
うまい
   
quite remarkable: 実にうまい トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 132
うるさい
   
be not remarkable for one’s punctilious reading of the original text: 本文校訂にうるさくない 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 77
しっくりしたものを感じさせる
   
<例文なし> クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 119
すばらしい
   
be the most remarkable: ほんとうにすばらしい グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 57
びっくりする
   
there is nothing so very remarkable in that: それ自体はさしてびっくりするほどのことでもない ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 11
びっくりするほど
   
resemblance is remarkable: びっくりするほど似てる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 367
ふつうじゃない
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 53
めざましい
   
remarkable job: めざましい仕事 クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 291
<例文なし> アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 20

意想外
   
The information was somewhat remarkable but it had to be true: 出てくる情報はだいぶ意想外なものだったが、きっと事実だった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 590
意味深い
   
remarkable dream: 意味深い夢 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 138
異様な
   
it is remarkable: なんとも異様な光景だ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 327
驚くばかりの
   
with remarkable clarity and empathy: 驚くばかりの明晰さと思い入れをもって ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 332
驚くべき
   
what a remarkable person: なんという驚くべき女性 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 205
驚くべきことだ
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 17
驚異的だ
   
Remarkable: 驚異的だな トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 168
敬意に値する
   
a remarkable person: 敬意に値する人 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 527
見事な
   
remarkable tale of outrage and devastation: 憤怒と荒廃した心についての見事な物語 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 424
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 207
思いもよらない
   
Remarkable how he went to pieces: あいつがあんなにやすやすと参ってしまうとは、思いもよらなかったね アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 451
上々
   
Remarkable: 上々 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 189
人にすぐれた
   
remarkable man: 人にすぐれた人物 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 298
人目を惹く
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 63
千載一遇の
   
a remarkable chance: 千載一遇のチャンス クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 143
素晴らしい
   
make a remarkable and unsolicited offer: 自分のほうから素晴らしい提案をする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 591
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 234
相当なもの
   
Remarkable: 相当なものだわ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 55
相当の
   
be a remarkable person in one’s way: 相当の人物だ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 165
大した
   
have a remarkable memory: 大した記憶の持ち主だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 569
大変な
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 203
卓抜な
   
remarkable theory: 卓抜な理論 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 96
得がたい
   
have the makings of a quite remarkable agent: なかなか得がたいエージェントの素質を持っている イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 209
特徴的な
   
remarkable eyes: 特徴的な目 バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 134
特別なこと
   
do not find sth the least bit remarkable: ちっとも特別なことだとは思っていない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 25
不思議
   
<例文なし> 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 13
並たいていのことではない
   
be remarkable: 並たいていのことではない ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 79
明らかに
   
made some remarkable changes toward the end of one’s life: 晩年には明らかに人間ががらっと変わっていた ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 355
目につく
   
I told you you had a remarkable face: そら、見ろ、よく目につく顔だって言ったろう ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 208
瞠目すべき
   
A remarkable achievement for a girl of her age: この年齢の女の子にしては瞠目すべき好演でしたな ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 108

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

think sth remarkable: 不思議におもう
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 34
be remarkable feature: 不思議なのは〜だ
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 13
welcome sb with the easy courtesy for which one is remarkable: いつものようにじょさいなくむかえる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 97
there is nothing so very remarkable in that: それだけなら、べつにどうってこともないやね
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 14
the remarkable thing about sb: (人の)強み
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 482
sb’s good looks are really quite remarkable; everybody notices them: (人の)顔つきの奇麗なことときたら、だれだって目を瞠(みは)るほどだから
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 99
remarkable open amusement at ones’ maneuvering: 相手との駆け引きを楽しんでいる様子
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 197
maintain a remarkable composure: おどろくほど冷静にかまえている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 101
it is remarkable and terrible to tell ... to sb: 〜は(人に)聞かせるのに適した話ではない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 87
have a remarkable ability to see years ahead: 何年先まで見通しだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 344
funerals have at all times a remarkable attraction for sb: 葬式といえば、どんなのでも(人に)とっては、見のがすことのできない絶好の機会だ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 282
bear a remarkable resemblance to sth: (物と)そっくり同じだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 135
be no way remarkable: 特筆すべき点のない
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 45
be in the midst of a very remarkable inquiry: 非常に奇妙な事件の調査に手をつけている
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 166
be always saying remarkable things: いつもとってもよく知恵が回る
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 366
a remarkable achievement for two short words: たった二語の組合せながら、その効果は絶大で利用範囲も広い
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 321
"The kids in the clinic are the most remarkable" Dan averred: 「クリニックに来ている子どもたちは、ほんとうにすばらしいんです」とダンは言葉に力をこめた
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 57
there is a remarkable change: 趨勢が大きく変わる
ホーキング著 林一訳 『ホーキング、宇宙を語る』(A Brief History of Time ) p. 219
a man with a remarkable imagination and vision: 見事なイマジネーションとヴィジョンを持ち合わせた人物
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 34
be no more remarkable than ...: 〜とおなじくらい、珍しくもなんともない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 127
reveal oneself with remarkable candor: おどろくべき率直さで自己をさらけだす
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 7
a remarkable set of automatons: ずらりと並んだ見事な自動人形たち
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 45