reserve   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
引っ込み思案
   
The stories of DiMaggio's reserve were legendary: ディマジオの引っ込み思案は伝説にさえなっている ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 90
距離
   
with reserve: ある程度の距離をおいて トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 102
限定する
   
be reserved for ...: 〜に限定される アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 95
口座に入れる
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 193
残っているだけの
   
call up one’s reserves of strength: 残っているだけの力をふりしぼる ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 218
使われている
   
be usually reserved for the business manager: ふだんは支配人の控え室として使われている デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 100
   
beyond one’ present reserves: 現在の自分の手に余る トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 116
特有の
   
reserve to sb: (人)特有の トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 74
予備
   
be in the Fleet Reserve: 艦隊予備 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 293
予備役兵
   
<例文なし> ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 33
抑制
   
observe one’s usual reserve: いつもの抑制を保つ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 139

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

sections reserved for ...: 〜の欄
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 317
reserve with sb: 〜に多くを語らない
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 82
in the panel reserved for miscellaneous comments: 備考欄に
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 361
in reserve: 控えの
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 80
freely and without reserve: 腹蔵なく
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 164
cool reserve: 冷静さ
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 128
try to express the New Year greetings formally and with a certain reserve: 他人行儀なことばで、年賀の挨拶をすまそうとする
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 16
the line reserves for ...: 〜という項目に書きこまれた〜
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 317
show a respectful reserve toward sb: (人を)敬遠する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 88
one’s tiny reserves of strength: のこり少ない体力
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 350
drain the last reserves of sb’s frail strength: 〜ののこり少ない体力のありったけをしぼりとる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 203
dotted lines reserved for names and address: 名前と住所を書くための点線を引いた空欄
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 207
be wont to show little reserve in ...: 〜位の事を平気でする(人)だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 251
be reserved for ...: 〜にしかないと思われている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 20
be held a lot in reserve: 表には出さぬ多くのものを秘めている
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 191
be a note of reserve: 何か隠しているようなところがある
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 194
The colonel's brown eyes were hard and appraising and held a lot in reserve: 中佐の茶色の目はけわしく、相手を見さだめ、表には出さぬ多くのものを秘めていた
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 191
privilege reserve over eloquence: BよりもAのほうを好む
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 24
But sometimes I was inclined to regard his reserve unfavorably: 時によると、またそれを悪くも取った
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 34
sb is treated with reserve: (人に対しては)ある程度の距離をおいてつきあう
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 102