rubbing   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
摩擦
    辞遊人辞書

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

be rubbing noses with my folks every day from morning to night: 毎日、朝から晩まで、おやじやおふくろと鼻を突き合わせている
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 131
rubbing one’s eyes, trying to wake up: 眠い目をこすりこすり
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 266
She drew away, grimacing and rubbing frantically at the spot: コーラは顔をしかめて身をのけぞらせ、とりみだしたようにキスされた場所を手でこすった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 189
My guide nodded in apparent relief, intently rubbing his jaw: 案内の男はほっとしたようにうなずいて、しきりに顎をなでていた
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 193
in this humiliating, nose-rubbing way: このような屈辱に堪えてまで
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 220
old Harper and Row rubbing their translucent hands together and cackling wildly: 天国の2老人は、揉み手をしながら笑い転げている
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 15
rubbing the portion of oneself which have suffered in the assault: 攻撃されて傷ついたあちこちをさすりながら
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 177
be rubbing sb: (人を)愛撫しつづける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 201
come rubbing itself against ...: 〜にすり寄ってくる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 282
sound of crickets rubbing their legs seductively together: 差し招くように鳴く虫の音
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 142
Lap, rubbing his eyes, was surprisingly composed as he replied:: しかしラップは目をこすりながら、意外にも落ち着いて返事をしました
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 44