run   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜をはたらく
   
run the protection racket: 恐喝をはたらく レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 281

あふれ出る
   
the tears are running anywhere: 涙があふれ出る ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 399
ある
   
run the risk of being spotted: 気取られる恐れがある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 461
いいようにする
   
run the show: 店をいいようにする 三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 171
いちもくさんに走る
   
run northward over the land towards ...: 北へ、〜へむかっていちもくさんに走る ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 35
いとなむ
   
who ran You Sew and Sew: 「ユーソー・アンド・ソー」をいとなむ ... スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 53
うごかす
   
run sb: (人を)うごかす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 78
うろちょろする
   
run beside sb: (人の)そばをうろちょろする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 295
おかす
   
a risk one be unwilling to run: おかしたくないリスク クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 585
かけずりまわる
   
run an unsuccessful behind-the-scenes campaign to ...: 裏工作をしてなんとか〜しようとかけずりまわったが、結局、徒労に帰す ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 43
かける
   
run sth through one’s shredder: 〜をシュレッダーにかける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 230
hear the sounds of doors opening while the engine keep running: ドアのあく音が、かけっぱなしのエンジン音のなかにきこえる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 518
go running: かけて行く 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 78
come running through the wood: どやどやと森をかけぬけていく ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 125
かけ足
   
in a fake sort of run: まるでインチキなかけ足をしながら 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 169
かすめる
   
a few clever replies ran through my mind: 気の利いたせりふがいくつか頭をかすめる デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 31
すっとんでくる
   
run around here: ここへすっとんでくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 304
すっとんで行く
   
run to sb: (ひとの)ところへすっとんで行く ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 61
ずらかる
   
run for a place: どこかへずらかる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 298
たたかう
   
run the race as best one can: 全力でレースをたたかう クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 528
たどる
   
run one’s finger down the column: 指で欄をたどる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 88
つっぱしる
   
run down dark alleys: 暗い路地をつっぱしる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 24
つづく
   
run awhile: しばらくつづく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 257
とびかう
   
be running wild: とびかっている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 176
とんでいく
   
be going to run and help sb: 助けにとんでいってあげる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 134
なくなる
   
have run out of answer: もう答えることがなくなった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 205
のびる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 86
はしる
   
run across ...: 〜を走りぬける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 368
ひとっ走り
   
have just come in from a run: いまひとっ走りしてくる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 424
やっていく
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 57
やっている
   
run a paper stand: 新聞売りのスタンドをやっている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 217
やってみる
   
run a hand over one’s head: 頭に手をやってみる 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 6
やってゆく
   
run a business: お店をやってゆく 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 79
やる
   
run a villa-renting service: 賃貸別荘周旋をやる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 129
cannot run one’s own operation: 自分で自分の商売をやれない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 255
わたる
アイドリングする
   
be running: アイドリングしている フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 189
コロコロと
   
tumble out with a run: コロコロところがる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 51

囲い
   
wire runs: 金網囲い ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 250
引く
   
one’s blood ran cold: すーっと血が引いた ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 19
運営
   
run ... single-handed: 〜の運営をひとりで切りまわす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
運営していく
   
run sth: 〜を運営していく トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 156
営む
   
run market economies: 市場経済を営む サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 137
稼働させる
   
run at capacity: フル稼働させる サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 81
会う
   
run into sb: (人と)会う 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 48
監督する
   
run sb: 〜を監督する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 31
管理する
   
run the computers: コンピュータ・システムの管理をする ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 10
起伏する
   
with only a heavy swell running: 大きなうなりだけが起伏する マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 169
牛耳る
   
run the city: この街を牛耳ってる ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 281
<例文なし> セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 285
駆けずりまわる
   
striving sb running around: 精力的に駆けずりまわる(人) トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 308
run all over the city: 町じゅう駆けずりまわる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 246
run all over ...: 〜じゅうを駆けずりまわる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 183
駆けだす
   
run for the schoolhouse: 校舎をさして駆けだす ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 165
駆けていく
   
run all the way to: そのまま〜のところまで駆けていく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 94
駆けぬける
   
living on the run: 人生を駆けぬける クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 91
駆けまわる
   
run to beat all hell: そこらじゅうを駆けまわる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 120
run around: そこらじゅうを駆けまわる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 183
駆ける
   
run wildly: あたふたと駆ける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 306
run to the side of the ditch look for sb: 溝へ駆け寄って様子をうかがう ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 163
run down ... as fast as one can: 全速力で(坂を)駆けくだる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 306
don’t choose to have sb running all about: 〜じゅう駆けずりまわられてはかなわん ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 155
駆け回る
   
run around chasing people: 追いつ追われつ駆けまわる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 127
駆け寄る
   
run to ...: 〜へ駆け寄る タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 88
靴下の伝染病
   
notice a run: 靴下の伝染病を発見する 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 8
掲載する
   
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 43
経営
   
running a company: 企業経営 ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 3
経営する
   
run a popular shoe store at ...: 〜でいちばん繁盛している靴屋を経営する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 62
減っている
   
we are running out of sth: 今、地球から〜が減っている フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 115
合う
   
run on the new ...: 〜の新しい機種に合う スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 197
采配をふるう
   
run the whole show: ぜんぶ采配をふるう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 411
錯綜する
   
run crazy: 気が狂ったように錯綜する O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 230
run crazy: 目茶苦茶に錯綜する オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 164
仕掛ける
   
run probe mikes into ...: 〜にマイクを仕掛ける ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 407
仕切る
   
run the show: ショーを仕切る エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 210
run the operation: オペレーションを仕切る トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 168
使われている
   
charges run up in ...: 〜でカードが使われている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 60
姿を消させる
   
be run out of town: 町から姿を消す カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 48
指揮をとる
   
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 62
失脚させる
   
run sb out of office: (人を)失脚させる トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 25
疾駆する
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 219
疾走
   
run especially fast in the dark: 暗中疾走は得意中の得意なんだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 272
実行される
   
run with root privilege: スーパーユーザーの特権で実行される ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 144
取り仕切る
   
run sth: 〜を取り仕切る レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 83
出くわす
   
would not fancy running into sb: (人に)ばったり出くわしてはたまらない 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 47
run into sb: (人に)出くわす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 118
処理する
   
run things: 事を処理する ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 213
衝突する
   
run smack into sb: (人と)もろに衝突する タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 132
進める
   
run a quite different investigation: まったくべつの捜査を進める ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 47
垂れている
   
run to the floor: 床まで垂れている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 253
水音
   
a tap running: 蛇口からの水音 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 11
遂行する
   
run such a quiet and effective operation: かくも穏便かつ効果的な作戦を遂行する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 256
生計を立てる
   
run a ferry: フェリーの運航で生計を立てる バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 126
切りまわす
   
run this place by oneself: ひとりでここを切りまわす タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 27
run the shop: 店を切りまわす ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 283
run the night desk: 夜勤の仕事を切りまわす タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 26
切りもりする
   
run the place single-handed: ひとりで一切を切りもりする ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 80
操縦する
   
run sb pretty well: (人を)うまく操縦する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 403
操縦実技
   
be teaching sb to run sth: 操縦実技の手ほどきにかかる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 150
走らせる
   
the way sb run sb’s fingers through sb’s hair: 髪に指を走らせるしぐさ クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 298
send AA running out to call BB: AAを走らせてBBを呼ばせる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 95
走りまわる
   
run in packs: 群れをなして走りまわる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 286
run around bumping into each other: 押しあいへしあい走りまわる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 157
走る
   
start to run: 走って逃げ出す 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 21
run to find sb: (人の)ところに走っていく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 75
run on premium: プレミアム・ガソリンを燃料にして走る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 138
run hard the other way: 脇目もふらず逆の方向に向かって走る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 232
run at full speed: ひた走りに走る 三島由紀夫著 モリス訳 『金閣寺』(The Temple of the Golden Pavilion ) p. 13
run all over town: あちこち走りまわる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 232
run after sb: 走って来る 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 42
in a running position: 走る格好で ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 78
have one’s own errand to run: 仕事を果たすべく自転車を走らせている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 281
be running along the beach barefoot, in a pair of shorts: ショートパンツにはだしで砂浜を走っている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 362
a thin crack runs up the wall: 壁には、縦に、細い亀裂が走っている 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 9
続く
   
the words run together: 言葉が次から次へと続く フィッツジェラルド著 野崎孝訳 『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby ) p. 28
叩く
   
run a cash-register: レジスターを叩く スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 125
奪う
   
run sb out of office: 座を奪う トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 22
逐電する
   
run off in the middle of the night: 真夜中に逐電する カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 45
追う
   
run over the assault plan in one’s mind: もう一度襲撃の手順を追う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 45
追突
   
run up the rear end of sth: (物に)追突する デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 39
通る
   
a beautiful note of strength run in its depth: その底に一筋の美しい強さが通っている 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 24
転がる
   
run about twelve feet past sth: 〜の十二フィート先まで転がる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 261
   
really need a run: どうしても点が欲しい ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 96
get a run: 一点をあげる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 388
伝う
   
the butter run down sb’s cuff: バターが袖口を伝いおりる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 30
日報に出る
   
run for three days straight: 三日つづけて日報に出る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 73
逃げる
   
run the other way: まわれ右をして逃げる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 138
run home: 逃げて帰る 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 76
keep sb on the run: 〜から逃げまわる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 216
be buying sb time to run: (人に)逃げる暇をかせいでやってる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 241
逃げ惑う
   
do not see people running for split trenches: 塹壕へ逃げ惑う人の姿は目に入らない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 12
逃亡
   
on the run: 逃亡中 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 289
動かしている
   
run things: 事を動かしている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 487
動かす
   
run agents: エージェントを動かす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 410
business runs America: ビジネスがアメリカを動かす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 226
突き倒す
   
would run sb over rather than call hinders: たとえファウルだろうと、(人を)突き倒してでも〜する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 160
突き当たる
   
run hard into the blank wall of reality: 現実の分厚い壁に突きあたる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 393
入れる
   
run the heater in the car: 車のヒーターを入れる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 160
敷く
   
run wall to wall: (敷物が)床いっぱいに敷きつめてある ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 157
撫でつける
   
run one’s hand through one’s hair: 手で髪を撫でつける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 112
撫でる
   
run a hand across one’s jaw: 顎を手で撫でる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 21
   
get sb through the run: (人は)役を無事に務めることができる デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 14
溶け出す
   
kind of moldy where sth have run together: 〜が溶け出してあちこち染みになっている フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 62
律する
   
run one’s life: みずからの私生活を律する フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 33
流れる
   
run in a horseshoe cut into a giddy cleft: 馬蹄状に鋭く屈曲して流れる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 445
連中
   
the common run of one’s profession: あの職業の連中 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 467
梳く
   
run one’s hand through the close crop of one’s hair: 五分刈りに近い髪の毛を手で梳く プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 327