sb1’s   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

(人と)別れなければと気負いこんだ決心は、もうとうに鈍っている: sb1’s decision to leave sb2 is almost forgotten
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 55
〜は意外に大きい〜のいびきに脅えてしまった: sb1’s unexpectedly loud snoring has annoyed sb2
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 154
(人にとって)新しい〜の家は複雑迂遠な距離感をもっていたのかもしれない: the trip to sb1’s new place might seem complex and circuitous to sb2
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 162
どんな波紋も〜という巌だけは、さけてひろがる: no matter how many waves crash around sb2, sb1’s rock, would never cleave
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 44
〜の訪れを待つなどという甘い期待ももとよりみごとに裏切られた: of course, sb1’s anticipation of a visit from sb2 foreshadowed no such event
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 110
貪婪に(人を)むさぼる: sb1’s craving for sb2 is insatiable
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 38
激しいけんか別れ: sb1’s dismissal of sb2
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 116
(人の)言った言葉が強く(人を)とらえる: sb1’s exclamation have deeply impressed sb2
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 65
(人は)その言葉で、どきんとする: sb1’s words strike sb2 forcibly
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 162