seems   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

it seems absurdly simple: ちょっと見ると、ばかばかしいほど簡単だ
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 169
this seems absurdly dramatic: そんな大袈裟なことをするのも馬鹿馬鹿しいかぎりです
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 237
the act seems petulant, almost girlish: こいう堪え性のないやり方は、まるで女だ
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 70
the alcohol seems to course through sb’s veins far faster than usual: 酔いはいつもよりもずっと早く回ってきているようだ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 223
the shop seems to be full of all manner of curious things: 店はありとあらゆる奇妙な品々でいっぱいだ
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 102
that seems to be all: だいたいこんなところだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 76
fear that seems to one at times to be almost to great to be borne: 時にはそれ以上とても耐えられぬ烈しい恐怖
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 205
a quiet neighborhood that seems almost rural: 村とも町とも区別の付かない静かな所
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 69
sb’s voice seems almost too docile: やけに素直な声
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 27
mechanism seems to be moving along its cycle properly so far: メカニズムは一応正常に働いているように見える
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 105
as fate always seems to have it: えてしてあることで
nothing seems amiss: べつに支障はなさそうだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 332
amplified music seems to play throughout the game: ゲームの間じゅうアンプを通した音楽がぶんちゃか流れている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 172
An angry young man, it seems who was forever brandishing his samurai sword: 血の気だけは多くていつも日本刀をふりまわして、といったタイプさ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 186
neither of whom seems anxious to explain one’s presence: どちらも用件を切りだしにくそうにしている
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 132
the current crisis seems to have passed, anyway--and then she made coffee: なんていうか、とりあえず最悪の状態だけは脱した感じになって……そのあとで彼女、わたしにコーヒーをいれてくれたの
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 359
this appeal seems to produce some effect: この叫びは、いくらかみなを動かしたらしい
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 47
a gentle accent which seems molded exactly to his appearance: といっても、顔かたちを見て初めてそれとわかるていどのなまりだ
マクベイン著 加島祥造訳 『死にざまを見ろ』(See Them Die ) p. 11
one’s approach seems too cut-and-dried: 科学的に割切りすぎている
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 175
it seems an appropriate response: 決して的外れな反応ではないはずだ
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 94
it seems as if sth will do: (物が)〜しそうだ
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 20
it seems astonishing that ...: 〜を誰も夢みることさえできない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 169
the peculiar aura of silence that seems to surround sb: その身辺にただよう一種の謐かさ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 10
circumstantial evidence which seems to bear ... out: 〜はかならずしも無理な憶測ではあるまいと考えるための傍証
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 78
the murky substance beyond the railing seems to beckon with a seductive promise of rest and serenity: 暗い水ともつかぬなだらかな海面はひきこまれるような、魅惑的な安らぎと憩いにみちているように感じられてくる
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 49
one’s own befuddled behavior seems rather comical: 若干うろたえ気味であった自分のことがおかしくなる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 81
sb’s behavior never seems quite right to one: (他人の)行動ってやつは(人)には完全に理解できないんじゃないかな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
it seems beyond belief: 信じようとするほうが無理にちがいない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 224
it seems a shame to betray the boy’s trust: 若者の信頼を裏切るのは忸怩たる思いだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 298
one’s tone seems unusually bitter: (人の)口気は珍しく苦々しい
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 74
that certainly seems a most blameless life: まさに品行方正な暮しをしてきたと言われる通りだ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 159
it seems that sb might scream at sth, rail at sth, challenge sth blindly: 〜に向かって声の限りに悪口雑言を投げつけたい衝動に駆られる
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 182
sth seems to blister one’s heart: 〜のために、心臓が火あぶりになったような思いをする
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 177
the sky is so blue that it seems transparent: 蒼い透き徹るような空
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 69
sb’s loneliness seems to grip sb’s whole body: 侘しさが( 人の) 身体に食い込むような感じがする
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 219
it seems so James Bond to do: 〜というのは、いかにもジェームズ・ボンドもどきだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 388
nobody seems unduly bothered by ...: 誰もとくに〜を気にしないようだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 586
it quite seems to take one’s breath away: ほんとに息が止まるかと思うほどだ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 34
it quite seems to take one’s breath away: いまにも息がとまりそうだ
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 36
the entire place seems to brighten: その場の空気が一気に華やぐ
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 33
but the taste of sb seems to be decidedly opposed to ...: 第一、〜は、およそこの(人の)趣味とはそぐわないものだ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 327
it seems to carry such cachet to be called ...: 〜なんて呼ばれるととてもハクがついていいらしい
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 33
it must certainly seems so to sb: (人から)見たらなおそう見えるでしょう
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 174
this seems a good chance to have our embarrassing chat: 言いにくいことを言い出すにはいい雰囲気なんじゃない?
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 173
the chance for doing seems good: これで〜しなかったらどうかしているというものだ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 17
everything seems to have changed: 何もかも様変わりしてるみたい
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 49
one’s chief regret seems to be that ...: 〜が痛恨事だといわんばかりの(人)
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 148
it seems clear to sb that ...: (人は)明らかに〜と知っている
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 15
it seems clear that ...: 〜は疑いようがない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 312
one’s voice seems clogged with phlegm: 痰がからんだような声をだす
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 114
sb’s thoughts seems to cloud too: (人の)心にもまた雲がかかってくるようだ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 35
the sound seems to come from everywhere at once: 音がいちどきに四方八方から聞こえてくる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 68
would be inadequate compensation, it seems me: 価しないような気がする
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 92
exchange views with sb by means of a complicated sort of sign language that seems to involve the use of every joint in one’s body.: (人と)手ぶり足ぶりチャンポンな言葉で応酬する
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 165
the concept seems new: その言葉があまりにも唐突だ
マクベイン著 加島祥造訳 『死にざまを見ろ』(See Them Die ) p. 193
when the whole world seems to be conspiring against one: なんだかひどく徒労感をおぼえる時
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 122
more sand seems to issue constantly: 次々と新しい砂がつくりだされていくようである
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 45
My sulkiness seems to have been convincing: 僕の不機嫌はおそらく真に迫っていた
三島由紀夫著 サイデンスティッカー訳 『天人五衰』(The Decay of the Angel ) p. 185
sb’s name seems to crop up everywhere: (人の)ことがあちこちで評判になっている
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 466
the shop seems to be full of all manner of curious things: なんだか店じゅう妙てけれんなものずくめみたいだ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 93
these oval heavy-lidded eyes seems to look curiously at sb: この卵型をした重たげな瞼(まぶた)の眼は、なにかもの問いたげにこちらを見ているではないか
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 210
something about sb seems to make one a daunting proposition: (人)には何か男をひるませるものがあるように見える
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 162
sb’s head seems to throb with despair and regret: (人の)頭は悔恨に揺られてぐらぐらする
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 229
automaton fever seems to be dying out: からくり熱にかげりが見えはじめる
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 80
be not a man who seems to value discretion: あまり隠密性を重んじる男ではないようだ
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 74
what seems to be a hideous and distorted child: 気味のわるい、からだをおりまげた子どものようなもの
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 237
the depth of one’s commitment there seems no doubt: 信念は揺るぎない
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 74
seems unusually fond of each other: 睦まじそうだ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 34
it seems too early, even though it isn’t: じっさいにはなんの障害もないのに〜するのが早すぎると思ってる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
it seems sb got off too easy, even though sb didn’t: じっさいには〜が頭にこびりついているってのに〜のことをさっさと頭から追い出そうとしている気がする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
one’s voice seems to have a slight edge: 声に、ほんのわずかだがとげがある
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 224
the effort to move seems so massive: 引越しの準備にとりかかるのは、とりあえず大儀な気がする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 268
one’s embarrassment seems genuine: 心からとまどっている
ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 119
the letter seems to emit a fragrance of strangely youthful emotion: 異様なほど若々しい情緒に匂う文面だ
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 78
there seems no end to it: 底が知れないように思われる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 175
maybe that seems like where this story should end: ここでこの物語を終えてしまうのが妥当のようにも思える
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 546
readily enough it seems: そう言われるのを待っている気味もある
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 282
especially seems overly modest: 殊更肉を隠しがちだ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 10
it seems as essentially formless and unruly as the unconscious mind: もともと形がなく、秩序もない無意識そのもののようでもある
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 33
sb’s anger seems to have evaporated: (人の)憤りは一ぺんに消散してしまったようだ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 314
even sb’s happiness seems to speak against sb: こうなると、(人の)幸せそうな様子も不審に思えてくる
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 108
the evening seems more melancholy: 宵闇は寂しさをいや増す
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 388nutty