seriously   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
かなりすさまじく
   
get seriously bent: かなりすさまじくヘロヘロになる オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 209
じっくり
   
think more seriously of ...: 〜のことをじっくり考える デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 451
すっかり
   
be seriously troubled: すっかり憂慮顔である マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 121
せずにはいられない
   
seriously wonder if ...: 〜ではないかと思わずにはいられない スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 32
ちゃんと一人前に
   
take sb seriously: 子供をちゃんと一人前に扱う応対をしてくれる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 31
ほんとうに
   
seriously expect to find one’s photograph plastered across the front page: 自分の顔写真が一面にでかでかと載っているとほんとうに思う フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 35
まじめな顔
   
look at ... seriously: まじめな顔で〜を見つめる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 309
まじめな話
   
Seriously: まじめな話 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 264
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 280
まじめに
   
take sb seriously: (人の)訴えをまじめに聞く ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 68
まじめ一途の
   
Here was a guy who took his computing seriously: ボブは近ごろまれな、まじめ一途のコンピュータ人間である ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 297
まともに
   
answer sb seriously: まともに答える 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 31
まともには
   
no one takes sb seriously: だれもまともには相手にしない アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 307
よく
   
think seriously: よく考える 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 16
よくよく
   
think it over very seriously: よくよく考える ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 338

シラを切るなよ
   
But seriously Bill: シラを切るなよ、ビル デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 345

額面通りに
   
take ... seriously: 〜を額面通りに受けとる ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 367
鹿爪らしく
   
say sth so seriously: 鹿爪らしく言う 三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 49
重い
   
many of them, seriously ill: 病が重い人が多い 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 37
心のうちで
   
consider seriously doing: 心のうちで〜しようかと思案する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 107
深刻に
   
take sth seriously: 深刻に受けとめる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 69
真っ向から
   
seriously challenge sb’s central point: (人の)論議の核心に真っ向から挑戦する ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 167
真顔で
   
say seriously: 真顔で言う 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 12
say quite seriously: 真顔で言う レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 231
真剣に
   
wonder seriously: 真剣に考える ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 257
listen seriously to sb: (人の)話に真剣に耳をかたむける グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 20
真剣味
   
become more seriously: いよいよ真剣味を増す クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 21
誠実に
   
take sb seriously: (人を)誠実に受け入れる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 238
絶対に
   
seriously need sth: 〜は絶対に必要だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 166
熱心な
   
take one’s work very seriously: 非常に仕事熱心な カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 75
熱心に
   
discuss the matter seriously: 熱心に説明する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 78
本気で
   
wonder seriously whether ...: 〜かしらと本気で思う ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 345
must take these scurvy fellows seriously: この手のほどこしようのない馬鹿どもに対して、ちっとばかり本気を出さねばなるまい ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 96
Did you mean that seriously: 本気で、おっしゃったのですか 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 233
be looking seriously alarmed: 本気でひきつっている デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 212
本気に
   
always take things so seriously: なんでもものごとを本気にとりすぎる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 45
本来の目的で
   
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 123
由々しく
   
seriously compromise our national security: わが国の安全を由々しく脅かす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 105
来る日も来る日も
   
drink from that bottle seriously for ten years: 以後十年間というもの、来る日も来る日も酒壜片手に飲みつづける クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 46

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

very seriously: 笑わずに
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 133
take sth seriously: 〜を真に受ける
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 200
take sth seriously: (物事を)重視する
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 63
take sb seriously: (人のことを)心に懸けている
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 250
take sb seriously: ちゃんと一人前に扱う応対をしてくれる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 31
take sb seriously: 心底ギクリとする
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 22
take sb seriously: 真に受ける
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 19
somewhat more seriously: さっきより真剣な態度で
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 306
seriously annoy sb: (人に)後足で砂をかける
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 11
say seriously “are you sure?”: 念を押す
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 248
say seriously: 真顔でいう
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 87
say quite seriously: すまして云う
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 230
quite seriously: 生真面目な
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 205
perfectly seriously: 済まして
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 227
look seriously puzzled: 怪訝そうな顔をする
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 263
hold conviction seriously: 抜きがたい信念の持ち主だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 395
fell seriously impressed: 感銘を受けずにいられない
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 290
be taken seriously: 重んじられる
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 39
be so seriously ill: 病篤い
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 183
you shouldn’t take yourself so seriously: 過度の思い込みは禁物だ
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 222
will not take any of ... seriously: まったく〜をとりあわない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 179
the world of science doesn’t take sb seriously: (人は)学界では相手にもされない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 63
take themselves very seriously: 御本人たちはひとかどの権威だと思っている
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 31
take the warning seriously: 警告を真にうける
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 113
take the Sabbath seriously: 安息日を厳守する
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 34
take such matters very seriously: こういうことを決して軽く見るものではない
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 156
take sb more seriously: (人に)一目おく
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 292
sb had seriously underestimated the prices: (人の)引いた価格は過小評価もいいところだ
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 293
refuse to take sb seriously: 肯がってくれない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 39
refuse to take oneself seriously: 自分自身を笑い飛ばしている
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 313
people take sex seriously in this part of the world: よその世界とちがい、ここではセックスは冗談事ではない
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 147
no one takes sb seriously any more: 誰も相手にしない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 205
never take sb seriously: (人を)莫迦にしている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 43
look seriously at ...: 〜を見定める
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 247
laugh and refuse to take sb seriously: 笑って(人に)取り合わない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 273
it is undoubtedly a day sb take very seriously: この日を特別あつかひしてゐることは、かへつてかういふところによく出てゐるやうな気がする
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 82
have to consider most seriously: まさに思案のしどころ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 219
have not begun to think seriously about one’s future: これから何をしようというあてもない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 87
have compromised oneself seriously: たいへんなことをした
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 22
have compromised oneself seriously: とんだことをした
have compromised oneself seriously: はなはだ不注意だった
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 22
have been seriously wronged by sb: (人に)ひどいめにあわされている
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 97
can not take sb’s words of love seriously: (人の)ことばを受けとめかねている
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 37
be taking that seriously: 〜を大事のように思っている
ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 85
be still quite seriously ill: 病気はかなり重いようだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 96
be really seriously implicated: 深みにはまりこんでいる
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 31
be not too seriously affected: そんなにまいっていない
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 131
be not to be taken seriously: 取り合う必要もない
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 89
be comfortably, if not seriously rich on the begetting: 大富豪とはいえないまでも、店の経営でかなりの財産を築いている
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 37
a competent guy who takes his job very seriously: 仕事もよくできるまじめな男
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 244
look seriously into sb’s face: 真正面から(人の)顔をまじめに見つめる
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 42
Ray seemed to be an outgoing, competent guy who took his job very seriously: レイはなかなか社交的な人柄で、仕事もよくできるまじめな男らしかった
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 244
be speaking quite seriously: 口調もまじめそのものだ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 157
refuse to take it seriously: そんなことを真面目に考えても仕方がないと思う
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 68
sufficiently if not seriously hungover: あまりひどくないにしても二日酔いに悩まされている
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 59