shadow   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
かげり
   
sunshine on one’s face and shadows: 顔にさす日の光にもかげりにも ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 85
くま
   
the heavy shadows under the eyes: 目の下の深いくま ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 353

暗がり
   
still keep to the shadows: やはり暗がりから出ぬようにする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 424
   
glow among the shadows: 闇にぬらぬらと光る 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 31
   
with the shadows of ...: 〜の影をまといつかせて ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 398
make white shadows on the floor: 床に白い影を投げかけます ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 66
like sth’s vastly bigger shadow: 〜の幾まわりも大きい影みたいに ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 513
follow sb like a shadow: 影のように張りついている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 523
cast a faint shadow: ほのかな影をうつす 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 6
be in the shadow: 影におおわれる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 407
be crouched in the shadows: 〜が影の中にうずくまる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 268
a world of weird psychic shadows: 浮世離れした心霊術の影の世界 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 129
a shadow crosses one’s face: 顔に影がさす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 195
影にひたす
   
a gloomy, shadowed corridor: 灰色の影にひたされた廊下 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 64
影絵
   
the shadow-animals: 影絵の動物 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 203
On the wall, a shadow-rabbit poked up its ears: 壁に映ったのは、耳をぴんと立てたウサギの影絵だった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 83
影法師
   
slow shadows against the fog: 霧に映ったのろい影法師 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 421
幻影
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 491
黒影
   
out of the unreal shadows of the night: 夢のような夜の黒影のなかから ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 195
小暗い
   
in the shadow of the trees: 小暗い木立のなかの 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 14
人影
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 141
曇り
   
notice a shadow cross sb’s face: 変な曇りが(人の)顔を横切る事がある 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 19
曇る
   
a shadow crosses sb’s brow: (人の)眉がちょっと曇る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 20

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the world of shadows: 冥土
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 84
shadows cast by ...: 〜の投影
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 12
shadows: 暗がり
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 258
shadowed feet: 足の影
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 239
sb’s walking shadow: (人の)分身だ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 216
sb’s shadow: (人の)腰巾着
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 196
live without shadows: ひっそりと暮らす
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 103
black dimpled shadows: えくぼのように窪んだ黒いふたつの点
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 162
a shadow of life: 人影
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 19
work in the shadow of sb: (人の)ために手となり足となって働く
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 49
there is not a shadow of originality in sb: 独創的なところは一つもない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 125
there can be no shadow of ...: 〜はかけらほどもありえない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 221
subterranean shadows of ...: 秘密の隠れ家みたいな(場所)
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 276
soft mingling of fireshine and shadow: 炉の火がぼんやり照らしている小暗いとき
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 342
sit in the dim shadow of one of the confessionals: あの薄暗い部屋のなかに坐る
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 196
only a shadow of one’s former youth: 少年のなれの果て
新井素子著 マッカンドレス訳 『ブラック・キャット』(Black Cat ) p. 60
one’s eyes are sinking into shadow: 目は前より落ちくぼみつつある
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 273
no complexity shadows his happiness at sb’s doing ...: 彼は(人が)〜するのを呑気に喜んでいる
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 28
lurk in the shadows: 待ち伏せる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 240
live in sb’s shadow: いつも(人の)存在が覆いかぶさってる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 182
laying the palest shadow of a stress upon the second word: 後半の言葉には、ほんとにかすかながら、妙に力がはいっている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 72
keep skulking in sb’s shadow: (人の)身辺についてまわる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 257
in the shadows of ...: (場所)の暗がりには
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 171
in the shadow of a rhododendron forest: シャクナゲの木立ちのうしろに
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 124
in the shadow of ...: 〜のすぐそば
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 166
in the shadow of ...: 〜のふもとで
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 82
go deep into one’s shadow: すっかり鳴りをひそめる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 74
cast a shadow over sb’s heart: (人の)心に翳る
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 122
be shadowed with a sadness: 哀愁の影が宿る
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 52
be in impenetrable shadow: ぼんやりとしている
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 23
a shadow passes over sb’s face: (人は)顔を歪める
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 16
be reduced to the ambiguity of a shadow: 自分自身が影みたいに曖昧になる感じが強く襲う
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 50
at least ascertain one thing beyond the shadow of a doubt ...: 〜が判ったのが唯一の収穫と言える
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 195
like a black-eyed shadow of sb’s former self: ありし日の(人の)おとろえはてた影というありさまで
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 141
blackness of the cliffs shadow: 岩壁の黒々とした影
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 75
the blundering mechanisms that spring up in sth’s shadow: (物の)ぶざまな追随者
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 78
in the shadow of some boulder: そこらの岩かげに
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 160
burst through the shadow: 影の部分を突きぬける
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 62
cast a glowing shadow over ...: 〜に光る影を映す
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 122
shadow cast by ...: 〜がなげる影
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 304
reddened and cratered by firelight and shadow: 炎と影とで、赤くまだらに染められた
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 46
deep shadow: 蒼い影
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 185
existing as one do in sb’s demanding shadow: 口うるさい(人の)陰にひかえている
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 69
In the deep shadow cast by the side of the bridge, he seemed disembodied: 艦橋の側壁がなげる濃い影のなかで、提督は魂のぬけがらのように見えた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 304
shadow fall across sb’s face: (人の)顔に影をおとす
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 200
The sunlight, filtering through the pines, gave way to shadow: ついさっきまで射し込んでいた木洩れ陽に代わって、影がゆっくりと翼を広げてくるのだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 54
find one’s own bit of shadow: ふとおのれの影を見てしまう
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 360
... give way to shadow: 〜に代わって影がゆっくりと翼を広げてくる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 54
His face was in shadow but his eyes gleamed: 顔は影になっていたが目はぎらぎら光っていた
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 214
under the shadow of something high and gloomy: なにか暗い影のようなものの下に
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 143
a human shadow: 人影
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 13
there is an illusion of coolness and shadow: 気は心ながら、日陰の涼しさに救われる思いを味わう
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 207
immensely long shadow: 恐ろしく長い影
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 93
lose the shadow: 影を捨てる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 108
With hyperbole, Westerby's shadow mercifully receded: 誇大表現とともに、ウェスタビの影はうまいこと薄れた
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 18
..., mocking shadow of ...: 〜をうっすらと模した〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 331
cast a perfect shadow: 精緻な投影がある
三島由紀夫著 モリス訳 『金閣寺』(The Temple of the Golden Pavilion ) p. 28
release a movement of shadow: 待ちかねていたように影が踊る
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 29
shadow-scarred face: 影が醜いあばたをおとしている顔
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 57
shadow-man:影法師
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
remain out of sight in the shadow: 物蔭に身をひそめる
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 400
But sometimes I would notice a shadow cross his face: けれども時として変な曇りがその顔を横切る事があった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 19
A layer of purple shadow lay thickly on her lids like pollen: 両のまぶたに紫のアイシャドーが花粉のようにこってりと塗られている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 220
You'll have to go fast to keep up with me today, shadow-kid he thought: 「おい影法師、ついてくる気なら、今日は相当スピードをあげなきゃ無理だぞ」口には出さず、ブライアンはそういった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 125
with one’s shadow doing ...: 〜するみずからの影を従えて
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 48