shriek   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
「きゃあッ」と悲鳴をあげる
   
<例文なし> 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 104

わめく
   
wildly shriek: 泣きわめく O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 98
<例文なし> 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 26

泣きわめく
   
wildly shriek in a panic of terror: 恐怖におののき、やたらに泣きわめく O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 146
叫び
   
sb’s shriek split the household: (人の)叫びが家じゅうをつんざいた トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 36
金属音
   
in a great roaring shriek of sth: (物の)まきおこす怒号のような金属音につつまれて バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 28
甲高い声で絶叫する
   
<例文なし> タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 52
声をしぼるようにさけぶ
   
<例文なし> ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 133
絶叫する
   
Nettie shrieked: ネッティは絶叫した スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 312
頓狂な声
   
let out a shriek: 頓狂な声を出す 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 9
悲鳴をあげる
   
shriek at the top of one’s voice: のども破れるばかりの悲鳴をあげる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 322
咆哮する
   
shriek at mankind: 人類にむかって咆哮する ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 126
慟哭
   
the wind howls and shrieks and thrums: 風は怨嗟の声や慟哭や絶叫を孕んで吹き募る スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 48

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

shriek with laughter: キャッキャッ喜んでいる
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 31
shriek one’s rage: 金切り声とともにありったけの怒りを吐きだす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 158
wild shrieks of mirth: けたたましい笑い声
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 122
let out a nervous shriek: 甲高い悲鳴をあげる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 330
kick in with a syncopated shriek: きれぎれの悲鳴に似た音をたてて、〜が割りこむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 135
join in a general shriek of ...: 声をそろえて〜とどなる
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 38
join in a general shriek of ...: 声をそろえて〜とわめく
a wind that shrieks as it come tearing through the prostrate treetops: ひれふす梢をわたる風の叫喚
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 64
force back a shriek: 悲鳴を押し殺す
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 155
accompanied by a terrifying shriek: 背筋をぞっとさせるような悲鳴とともに
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 363