side   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いっしょ
   
there was a girl at one’s side: 女がいっしょだった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 546
かたわら
   
I am attending night school on the side: かたわら夜間学校にもかよっている ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 221
したがう
   
at sb’s side: (人に)したがう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 331
そば
   
sit quietly by one’s side: 自分のそばにじっとして座る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 208
have to stay by sb’s side: (人の)そばを離れてはいけない 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 202
つけ合わせ
   
with a side of sth: つけ合わせには〜 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 47
なんの関係もなさそうな
   
cause an apparent side issue to lure sb into disclosing sth: 一見なんの関係もなさそうな論点をもちだして〜を人から引きだす フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 109
ほとり
   
by the side of ...: 〜のほとりに 三島由紀夫著 モリス訳 『金閣寺』(The Temple of the Golden Pavilion ) p. 18
わき
   
take sb off the side: (人を)わきにひっぱっていく デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 187
stand to the side: そのわきに立つ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 56

サイド
   
my side of the story: こっちサイドの話 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 220

一所
   
stroll unconcernedly by one’s side: ぶらぶら一所に歩いて行く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 17
一面
   
be revealing this side of one’s life: 秘められた一面をさらけだしている タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 69
   
turn one’s head to the side: 首を横にねじる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 223
squint nervously toward one side of the room: 目を眇めて横のほうを見る 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 264
comb sb’s hair down and to the side: いったん垂らした前髪を横に流す タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 149
be knocked on its side: 横倒しの状態だ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 130
at sb’s side: (人の)横に控えて ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 261
横向き
   
roll over on one’s side: 横向きにころがる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 421
横手
   
from the side of the room: 部屋の横手から プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 232
appear over the side: 横手から現れる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 193
横手の
   
near the side door: 横手の入り口近くに ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 95
a side window blows out: 横手の窓のひとつがはじけとぶ クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 454
横腹
   
in the boat with the soft smacking on either side: 波がひたひたと船の横腹を打つなか ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 18
寄せる
   
side together: 二人寄せる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 103
   
side of one’s mouth: 口の隅 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 288
   
be on the whole disposed to side with sb: どちらかといえば(人)の肩を持ちたい気がする 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 48
肩入れする
   
side with sb: 〜に肩入れする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 85
舷側
   
Ralston looked over the side with an air of large surprise: ラルストンは大仰におどろいて見せ、舷側からいわれたほうをながめた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 64
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 409
   
hold one’s hand against one’s side: 片手を腰にあてる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 208
<例文なし> 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『どんぐりと山猫』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 17
   
in sides sprouting watercress: 流れの際にはオランダガラシが芽を出している ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 59
車体
   
comes a huge, rumbling tractor-bus its side dull with sand: でっかいトラクター・バスがのろのろやってくるぞ、砂にまみれた車体 ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 61
身体の脇
   
with sth swinging at one’s side: (物を)身体の脇でぶらぶらさせながら タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 104
陣営
   
contribute to both sides in a campaign: 選挙ともなれば、対立する両陣営に献金する クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 170
   
work the other side of the street: 逆の側ではたらく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 152
the other side of ...: 〜のむこう側 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 439
stand oneself one side of sb: (人の)片側に立つ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 517
sb’s hair is combed along sb’s sides of sb’s head: 髪はぴたりと頭の両側になでつけられている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 129
pick targets on the other side: むこう側の標的をさがす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 506
on the far side of the Bay: 湾の向こう側 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 371
come down on sb’s side: (人の)側に肩入れする ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 295
be unwilling to play for either side: どちらの側にも属したくない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 189
be brought to side with A against B: Bを裏切ってA側につく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 158
側面
   
have a mean and fairly ruthless side to one: ずいぶん無慈悲な側面を持ち合わせる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 304
   
tattered on the sides: 端がずたずたになった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 293
She sat on the side of my bed, I sat up, and she handed me a plastic mug: シンシアはわたしのベッドの端に腰かけていて、わたしが身を起こすと、プラスチックのマグを渡してくれた デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 391
pant from the sides of one’s mouth: 結ばれた口の両端からあえぐように息を吸いこむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
one side: 片端 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 185
move sth to one side of one’s tray: (物を)トレイの端っこにやる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 310
内壁
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 234
二次的
   
a side issue: 二次的問題 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 328
半身
   
suffer a slight paralysis of one’s right side: 右半身に軽い麻痺が残る 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 12
肘かけ
   
the side of one’s chair: 椅子の肘かけ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 165
perch on the side of sb’s chair: 肘かけのところにちょこんと腰をおろす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 102
部分
   
the positive side of the equation: 等式のプラス部分 サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 113
a side to sb one has never realized existed: 自分の知らない部分が(人に)ある 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 55
副次的
   
one of the side benefits of doing ...: 〜の副次的効果のひとつは〜という利点だ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 201
並ぶ
   
walk by sb’s side: (人と)並んで足を運ばせる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 240
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 323
   
remain awkwardly to one side: 傍に突っ立っている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 451
keep close to sb’s side: 引き添うように傍に付く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 60
味方
   
be on one’s side: (人の)味方だ レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 323
   
on the plus side: プラスの面をあげるなら オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 126
have such a mundane side to one: こんな俗な面がある 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 194
立場
   
inadvertently take sides with ...: 心ならずも〜の立場に与する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 513
   
one’s hand hang flat and naked at one’s side: (人の)手は手袋もなしで脇にぺたっとつけられる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 517
force hands down to one’s sides: ひきはがした手を両脇にだらりとさげる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 105
bring one’s hand to one’s side: 手を体の脇にやる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 208
脇腹
   
stick a gun in sb’s side: (人の)脇腹に銃をつきつける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 251