slightly   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜げ
   
one’s slightly suspicious expression: いぶかしげな表情 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 152
〜になりかけた
   
slightly numb from the cold: 無感覚になりかけた 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 68
〜気味
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 236
〜気味の
   
one’s slightly bowed back: 猫背気味の(人の)背中 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 26

あいまいな
   
smile slightly: あいまいな薄笑いを浮かべる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 61
いくぶん
   
with a slightly wild-eyed look about one: いくぶん険しい目をして デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 58
slightly embarrassed by one’s own effusiveness: 余計なことをいったかもしれない、といくぶん戸惑いながら デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 112
<例文なし> 小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 15
いくらか
   
with fine, slightly sad features: いくらか侘しい感じのするほど細面の 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 433
say in slightly pessimistic tones: いくらか心細そうに言う 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 373
say in a slightly petulant tone of voice: いくらか愚痴っぽく言う 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 378
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 118
いささか
   
turn into slightly warped ding-a-ling: いささか世を拗ねた偏屈者になっていく オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 71
slightly embarrassed: いささかバツのわるい思いで ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 295
Mikhel, as so often, answered a slightly different question: 例によってミケルは、質問からいささかずれたこたえかたをした ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 174
I‘m getting slightly p.o.’d: いささかおかんむりだ マクベイン著 加島祥造訳 『死にざまを見ろ』(See Them Die ) p. 21
Chieko was slightly surprised: 千重子はいささかおどろいた 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 222
be slightly taken aback by the directness of the query: 単刀直入の質問にいささか不意をつかれる アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 86
be slightly off target: いささか手元が狂う 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 148
"You want to know more about me?" "I'm interested, slightly": 「私のこともっと知りたい?」「興味はあるね、いささか」 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 46
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 39
いささかの
   
there is a slightly disproportionate representation of minorities: 少数人種の入隊率にいささかの不均衡を見る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 479
いささか恥じ入る
   
be slightly shamed: いささか トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 183
うすく
   
laugh slightly: うすく笑う 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 190
うっすら
   
smile slightly: うっすらほほえむ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 109
うっすらと
   
one’s face slightly give way to one’s jowls: 頬や顎のあたりにうっすらと肉がつく アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 86
かすかな
   
one’s voice take on a slightly uneven cadence: 抑揚にかすかなむらが出ている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 96
かすかに
   
one’s voice rises slightly: (人の)声がかすかにうわずってくる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 171
one’s jaw working slightly on gum: ガムを噛む顎をかすかに動かしている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 194
flinch slightly: かすかにひるみを見せる ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 20
かすかに弱々しく
   
shake one’s head slightly: 首がかすかに弱々しく振られる クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 154
かるく
   
slightly nod: かるく会釈をする 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 48
がち
   
walk looking slightly down: 伏目がちに足を運ぶ フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 241
こきざみに
   
be heaving slightly as if one were out of breath: 荒い息のなかでこきざみにふるえている 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 15
こころもち
   
slightly lift from one’s sides: こころもち体側からはなす ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 308
shake slightly: こころもちふるえる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 202
one’s eyes widen slightly: (人の)眼がこころもち見ひらかれる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 342
one’s eyes widen slightly: こころもち眉を上げてみせる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 165
lower one’s voice slightly: こころもち声はおとす マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 83
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 19
こまかく
   
be quivering slightly: こまかく震えている 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 203
ざっと
   
change ... slightly: 〜にざっと化粧直しをほどこす ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 90
すこし
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 87
ちょっと
   
Smiley protested, slightly alarmed: スマイリーはちょっとおどろいていい返した ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 402
She was shivering slightly She had announced cheerfully,: ちょっと震えていたが、彼女は元気よくいった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 97
She had come to know Howard Hunt Slightly: ハワード・ハントをちょっと知ってる ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 37
seem to shrink away slightly: ちょっとたじろいだ風だ 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 49
readjust sth slightly: (物)の位置をちょっとずらす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 72
modify ... slightly: 〜にちょっと手を入れる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 224
Mizoguchi's eyes widened slightly behind the lenses: 眼鏡の奥で、弁護士の目がちょっと見開かれた 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 174
be slightly disconcerted: ちょっとびっくりしたようだ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 144
a slightly dim angel: ちょっと鈍くさい天使 オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 306
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 83
ちょっぴり
   
Toby shrugged, slightly embarrassed: トビーはちょっぴり戸惑ったふうに肩をすくめた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 223
slightly worried: ちょっぴりとまどったような プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 294
have a slightly intellectual conversation: ちょっぴり知的な話の相手になる サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 211
find oneself slightly anxious if ...: 〜と、ちょっぴり心配になる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 150
ちらりと
   
look at sb with earnest and slightly anxious eyes: おびえの影をちらりと浮かべた瞳に力をこめて、(人を)見る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
つい
   
be slightly ahead: つい目前にいる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 318
どことなく
   
have a slightly disheveled look: どことなくしどけない印象だ イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 22
なんだか
   
all the colors in the lounge go from slightly wrong to right: なんだか妙な具合だった店内の照明も正常な光にもどった エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 170
ほの
   
turn slightly dark: ほの暗くなる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 191
ほんのすこし
   
cock one’s head slightly: ほんのすこし頭をかたむける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 249
ほんのり
   
slightly sweet: ほんのり甘い 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 96
color slightly: ほんのり頬を染める O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 92
ほんのりと
   
The nail were slightly yellow and quite long: ほんのりと黄色い爪がかなり長くのびている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 107
ほんの少し
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 330
まだいくぶん
   
against slightly better instincts of sb: まだいくぶんマシなセンスをしていた(人の)反対を押し切って アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 129
やや
   
slightly pert: ややこましゃくれた 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 187
sashaying slightly a hip-rolling walk: やや斜にかまえ、腰をゆすりながら歩くさま トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 170
lean forward slightly: やや前かがみになる イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 54
It was thick-sided, slightly irregular, a pale, weathered grey: どっしりと厚みがあり、ややいびつながら、年代を経て青みがかった灰色の肌理が美しかった メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 285
It was slightly wider than the others, and was dated April 10: ほかの小切手よりやや幅が広く、日付は四月十日になっている ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 53
head tilt a little to the left: 首をやや左にかしげる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 177
He hunched his back slightly like some sort of strange, erratic bird: やや背を曲げて、奇矯な、狂おしい鳥のようだった 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 35
bend down slightly: やや前こごみになる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 23
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 366
やれやれと
   
shake one’s head slightly: やれやれと首を振る セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 163
やんわり
   
add a slightly sarcastic jibe: やんわり皮肉をつけ加える 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 131
わずかな
   
be slightly uneasy: わずかな乱れはある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 381
わずかに
   
have a slightly deviated septum: 鼻中隔がわずかにずれている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 361

ピクリと
   
flinch slightly: ピクリとひきつる ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 285

一瞬
   
flush slightly: 一瞬気色ばむ マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 22
気味に
   
He sounded slightly embarrassed: 困惑気味にきき返した ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 51
軽く
   
tip one’s head slightly: 軽く頭をさげる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 232
rock slightly: 軽く体を揺り動かす ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 529
nod slightly to one another: たがいに軽く頭をさげ 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 55
cock one’s head slightly: 頭を軽く反らせる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 114
bow slightly: 軽く頭をさげる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 25
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 238
   
slightly strict teachers: 小うるさい先生 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 94
小きざみに
   
tremble ever so slightly with delight: 歓びに身を小きざみに震わせる バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 26
小さく
   
shake one’s head slightly: 小さく首を振る 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 46
小刻みに
   
shake slightly: 小刻みに揺れる 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 36
少々
   
find slightly specious: うわべを繕った少々体裁のよすぎる言葉のように思える デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 109
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 14
少し
   
slightly stooped, withdrawn, meditative figure: 少し前かがみの、いかにも瞑想的な姿勢 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 53
from a slightly different angle: 少し違った角度から 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 122
chew slightly: 少し考える トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 139
chair pushed back slightly: 椅子は少しうしろに引かれている ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 388
少しばかり
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 197
心持ち
   
slightly parted red lips: 紅い唇は心持ち受け口である 有吉佐和子著 タハラ訳 『紀ノ川』(The River Ki ) p. 20
blush slightly: 心持ち薄赤い顔をする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 220
浅く
   
the earth is hollowed out slightly: 地面を浅く掘る 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 182
多少
   
vary slightly in price: 値段に多少開きがある アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 151
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 255
   
slightly red: 薄赤い 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 222