somewhere   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あたり
   
somewhere near ...: (場所)に近いあたりで ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 450
a place somewhere between the two of them: ふたりの中間あたりに ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 368
ある一点
   
be a deliberate stopping, a freezing somewhere along the path of life: 人生のある一点における作為的停止であり、氷結作用である ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 94
どこか
   
somewhere in one’s heart one believe that ...: 〜とどこか心の奥で信じる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 158
どこかで
   
somewhere inside one: 気持のどこかで 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 188
どこからか
   
He had acquired a pair of dress shoes somewhere: 礼装用の靴もどこからか調達したらしい デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 395
どちらかへ
   
go somewhere for a rest: どちらかへ静養に出かける デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 232
よそに
   
lose one’s heart somewhere: 心をよそにうしなう 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 145

何処かで
   
meet sb somewhere: 何処かで見た事のある顔だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 10
何処かに
   
go away somewhere: 何処かに行く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 89
真っ最中で
   
somewhere in one’s REM cycle: まだレム睡眠の真っ最中で、夢かうつつか デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 7
同じ空の下のどこかに
   
Somewhere, I've got this brother who's doing well: 同じ空の下のどこかに、俺の弟がいて、そいつはちゃんとした暮らしをしている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 567
某所
   
somewhere in the town: 市内某所 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 463

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

somebody heard about it somewhere: 風の便り
安部公房著 カーペンター訳 『密会』(Secret Rendezvous ) p. 165
sit still somewhere: 何処か斯うじっと静かに坐っている
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 37
go somewhere else: ほかへ移る
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 130
get somewhere: 核心に近づく
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 287
from somewhere else: ほかの国から来た
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 41
drop sb somewhere: (人を)途中まで送る
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 284
be always somewhere: いつもちゃんと存在を認められている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 160
wear a mysterious expression somewhere between ... and ...: 半分〜して半分〜しているようななんともフクザツな顔をしている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 22
want to lower one’s trousers somewhere: おしっこがしたい
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 126
truly come from somewhere: 根無し草ではない
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 26
somewhere in or around the store: 店舗の内外
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 184
somewhere in color between A and B: A色とB色の中間
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 140
somewhere during this time: この時期に
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 520
somewhere between naive and crude: 素朴とも粗末ともどちらともとれる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 95
somewhere around the area of one’s heart: 胸のどこか横っちょのあたり
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 25
somewhere along the line: いつ頃からか
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 175
place sb from somewhere: (人の)ことを思い出す
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 191
now we’re getting somewhere: これでやっと話が合いそうだ
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 182
move somewhere else to sit: 場所を移動する
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 271
just take it somewhere else: もういいかげんに帰っとくれ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 169
have to draw the line somewhere: 〜にはきりがない
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 50
fall somewhere between A and B: AとBの中間に位置する
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 11
cross paths fuzzily somewhere deep in one’s mind: ちらりと頭のむこう側ですれちがっていく
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 98
be out gallivanting somewhere: どこで何をしているのかまだ帰ってこない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 188
be foraged form somewhere: 拾ったものだ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 165
be always somewhere else: 捕らえようとしてもするりと逃げてしまうような感じ
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 74
... stick somewhere in time about 1945: 時の流れに取り残された〜は一九四五年当時のままである
somewhere beneath the sweet agony of self-denial: この悩ましく甘い自己放棄の裡に
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 87
amble off to somewhere: 〜のほうへ去る
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 9
meander somewhere amid ...: 〜のあいだを揺れている
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 37
Anyway, sit down somewhere: まあこちらに坐って下さい
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 138
arrive somewhere sb belong: 安住の場所を得る
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 141
be in the attic of ... somewhere: 〜の奥の屋根裏に埋もれている
away to somewhere: どこか行く
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 397
lurk somewhere behind it: あの向うのどこかに潜む
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 638
belong somewhere: 帰属する場所がある
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 26
had better clear out somewhere: どこかに逃げねばならない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 236
somewhere between ... and ...: 〜ともつかず、〜ともつかない
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 7
somewhere beyond ...: 〜から遠くはなれたどこか
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 69
But you have to draw the line somewhere: でもいいんだ。ひどいことにはきりがないんだ
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 50
word come from somewhere: 答えがひとりでに口をつく
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 209
seem to be urged on by a seriousness that has come into one’s voice from somewhere: 自分の声に激してくる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 399
a grating noise somewhere in the middle of its cycle: 一定の間隔で聞こえる摩擦音
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 218
debating whether one should stop somewhere for a quick something to eat: どこかで軽く何か食べていこかうと考える
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 45
continued, speaking from somewhere deep inside one: 心の奥の何かにつき動かされるように続ける
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 360
die by roadside somewhere: のたれ死にする
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 118
draw the line somewhere: どっかでけじめをつける
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 232
From somewhere a blue glow shone, picking out cuffs and collars eerily: どこからかぼーっと青い光がさして、カフスやカラーを気味悪くうきあがらせていた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 296
somewhere far, far away: どこか遠くの遠くの
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 74
get to somewhere where the police can’t find me: 何とか警察の目のとどかないところへおちのびる
新井素子著 マッカンドレス訳 『ブラック・キャット』(Black Cat ) p. 130
glimpse a face one knows one has seen somewhere before: どこかで出会ったような顔がある
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 77
go somewhere less grand: もう少し気のおけない店にする
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 374
hang about somewhere in the hills: どこかの山の中に隠れている
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 77
from somewhere in the low, leaden, winter sky: 鉛色をおびた低い冬の雲のどこかで
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 40
somewhere along the line: ここに至る道のどこか
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 120
the answer is located somewhere within ...: 〜に答えを求めるように
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 27
tell me there’s some logic in this somewhere: わたしのいうことが、それほど理不尽なことか
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 226
make sb think of being on a yacht somewhere at sea: どこかの海にヨットをぽっかり浮かべている気分にさせる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 166
sb must have gone off somewhere: (人は)どこへ行ったか
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 79
Now we're getting somewhere: これでうまくいった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 28
hide sb somewhere till sb is old: 老いがくるまでは、がっちりどこかへ隠しておく
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 96
have met originally somewhere: そもそもの出会いは(場所)である
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 40
somewhere particular: どこか当てがある
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 397
Preferably somewhere brighter, maybe in summer,: できればもう少し明るいところで、季節が夏だといいな
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 208
somewhere ... probably: (場所)あたりに
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 49
produce from somewhere sth: どこからか(物を)ひねくりだす
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 68
debating whether one should stop somewhere for a quick something to eat: どこかで軽く何か食べていこうかと考える
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 45
make somewhere to reproduce ...: 〜の風景をつくる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 54
retain sth somewhere in ..: (物を)どこかにしまっている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 318high-pitched