sound   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜のようだ
   
sounds fair enough: 正解のようだな ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 301
〜ような口をきく
   
sound as if ...: 〜ような口をきく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 171
〜を告げる合図
   
sound midnight: 午前零時を告げる合図 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 128
〜語調だ
   
sound a bit testy: やや刺を含んだ語調で ベイカー著 岸本佐知子訳 『もしもし』(Vox ) p. 51
〜的
   
sound Zen: 禅的 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 57

いう
   
sound rather helpless: あんな憐れっぽい事をいう 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 135
いましょう
   
sound to sb like ...: 〜していましょう 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 35
いわれる
   
sound so absolutely calm and certain: 落ち着き払って、自信たっぷりにそういわれる デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 69
うがった
   
that’s pretty good sound rule: なかなかうがった言葉だ アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 287
きこえる
   
it sounds like it’s meant to: なんか意味ありげにきこえる ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 53
ぐっすり
   
sound asleep: ぐっすり眠って 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 21
さえずり
   
make the sound of a bird in sb’s ear: (人の)耳もとで小鳥のさえずりを始める プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 267
さざめき
   
the sound of waves is soothing and pleasant: 波のさざめきは快い 北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 132
そうな
   
sure sound interesting: 面白そうな話ではある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 155
それらしい
   
do not sound like one: それらしくない ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 13
ちゃんとした
   
sound reason: ちゃんとした理由 レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 221
どうも〜
   
sound like a phony: どうもあやしい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 97
におう
   
sound like ...: 〜の感じがにおう サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 127
ひびき
   
sound slightly forced: ちょっとわざとらしいひびきがまじっている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 83
ひびく
   
sound faint and a little frightened: 弱々しく、いくらか怯えているようにひびく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 408
まともな
   
sound men: まともな人間 ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 216
be sober and of sound mind: まともな精神の持ち主だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 373
まるで
   
sound like ...: まるで〜といったおもむきだ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 16
もっとも
   
Sound but depressing advise: もっともながら、気の滅入る忠告だった メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 51
もっともな
   
sound logic: もっともな論法 シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 163
ゆっくり
   
have a sound sleep: ゆっくりおやすみ 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 66
ようだ
   
sound like that ...: 〜ようだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 284

安らかな
   
sound sleep: 安らかな眠り ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 18
一見
   
sound very simple: 一見きわめて単純だ ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 119
   
there came a great roar of sound: 大きな音が轟いた 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 17
the sounds of traffic ceased miraculously: 交通の騒音も嘘のようにとだえた ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 78
the sounds from the street: 表の音 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 57
the sound of the fans out back spinning around: 換気扇のまわるブーンという音 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 19
the sound of the ball exploding: ボールが炸裂するようなすさまじい音 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 287
the sound of a trigger being cocked: 銃の撃鉄を起こすカチリという音 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 122
the sound of a taxi horn: タクシーが鳴らすクラクションの音 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 355
the sound of a carpet sweeper being drawn back and forth over a rug: 掃除機が絨毯の上を行きつもどりつするときのうおーんという音 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 355
the horrible snapping sound: ぽきんという恐ろしい音 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 85
the cork sound of the bat against the ball: バットがボールを弾き返すときのカキーンという音 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 326
terrible sound: すさまじい音 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 233
sound of the air: 風の音 カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 44
sit bolt upright at the sound of ...: 〜の音にはっと身を起こす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 134
rhythmical sound fill one’s ears: 規則的な音がやたらに大きく聞こえる 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 10
put together a routine of one’s best sounds: 得意の音をいくつも組み合わせて聞かせる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 401
produce an infinite variety of sounds: 千変万化の音を無限につくりだす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 107
produce a clear sound: 冴えた音を立てる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 18
produce a big evocative bwong sound: 現実へ引き戻すような、ぶおんという音をさせる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 207
pounding sounds of the court: コートの足音とボールの音 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 287
memorable sound: 耳に残る音 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 198
many sounds that make little sense: いろんな得体のしれない音 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 268
make real sounds: 生きている証のように音をたてる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 361
make an equivocal sound: あいまいな音を発する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 124
make a sound but otherwise failed to react: 反応はフムというあいまいな音だけ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 231
make a sound: あいまいな音を発する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 312
make a dusty, slithery sound: 砂がすべるようなさらさらとした音をたてる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 325
listen for the sound of a train: 列車の音が聞こえてくるのを待つ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 268
like the sound of a frayed nerve vibrating: ほころびた神経がふるえるとこんな音かと思うような イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 61
let forth a tremendous sound on impact: 衝撃音がものすごい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 331
laugh with a strange low sound: 声をしのばせ、不思議な音を出して笑う 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 187
hear an odd sound of running water: 妙にいつまでも水の流れる音が続く 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 13
catch the sound of ...: 〜の音を聞きつける ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 51
be coupled with the sound of ...: 〜に混じって、〜という音がひびく タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 122
at the sound of the thing: 音で判断できる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 200
a thick ripping sound: 分厚いものを引き裂くような鈍い音 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 312
a sloppy flapping sound comes again: 間のびした音がふたたびおそいかかる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 156
a rumbling sound: がたがたという音 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 305
a rattling sound: カタカタとなにかを打ちつけるような音 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 249
a loud flush sound: 盛大にひびきわたる水洗の音 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 127
a large, lazy flapping sound: ばさりという妙に間のびした大きな音 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
a grinding sound: グリグリとなにかをこすりつけるような音 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 249
音色
   
The sound seemed to come from an impossible distance away: その音色は信じられないほど遠い遠いところから聞こえてくるようだった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 93
the delicate sound catches sb by surprise: 細やかな音色にはっとする フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 97
make interesting sound modulations: 音色におもしろい変化がつく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 116
indescribably lovely sound: なんとも言えずきれいな音いろ 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 103
音声
   
make a few embarrassed sounds: 照れ隠しの音声を二つ三つ洩らす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 30
害がない
   
ecologically sound: エコロジーの観点からも害がない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 27
気配
   
sound of people moving around: 人が立ち動く気配 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 194
a sound of sb’s movements: (人の)動きまわる気配 安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 42
擬音
   
do some of one’s better sounds: なにか得意な擬音をやる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 214
擬声音
   
skillful use of gestures and sounds: たくみな身ぶりや擬声音 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 53
響き
   
the sound of ... reaches sb’s ear: 〜の響きが聞こえる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 76
the sound is like ...: 〜のように響く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 210
do not like the sound of ...: いやな響きだ グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 251
賢明なる
   
a very sound idea: まこと賢明なるお考え マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 506
言いかた
   
sounds pretty bitter: 少し酷な言いかた キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 54
言い方をする
   
sound ominous: 縁起でもない言い方をする デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 108
言う
   
this may sound strange: 妙なことを言うようだが 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 34
there is no need to sound that way: そんなふうに言わなくたっていいでしょう ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 183
言葉
   
utter a sympathetic sound: 同情の言葉をつぶやく トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 324
no sound comes out: 言葉は出てこない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 283
言葉は〜に聞こえる
   
be not as ... as sb sound: (人の)言葉は〜に聞こえるかもしれないが、内心はそれどころではないのだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 117
口ぶり
   
you sound like you’re ready: その口ぶりでは、いよいよ用意なったようだな クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 126
sound cheerful enough: 口ぶりは元気 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 275
口ぶりだ
   
sound authoritative: まるで経験者みたいな自信に満ちた口ぶりだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 260
口をきく
   
sound racist: 人種差別主義者のような口をきく デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 41
口調
   
sound like one can picture the whole scene: だいたいのことを納得したような口調だ 吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 103
sound as if one is angry: まるで怒るような口調で 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 235
one did not sound petulant: (人の)口調は怒ってはいない アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 28
make it sound like ...: まるで〜みたいな口調で トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 254
雑音
   
gather sound: 雑音が入る トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 303
思う
   
sound screwy to me: あまりまともだとは思えないな デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 367
思える
   
this certainly sound like a tall tale: どうみても作り話としか思えない アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 215
笑い声
   
the sound bangs off the walls: 周囲の壁にぶつかった笑い声がはねかえってくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 113
a free, pleasing sound: ものごとにこだわらない、楽しげな笑い声 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 195
信用できる
   
mightn’t be really sound in one’s views: (人の)物の考え方は全面的に信用できないところがありそうだ アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 41
人声
   
the murmuring and the intermittent sounds: つぶやくような、とぎれとぎれの人声 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 166
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 245
水音
   
a soft, swishing sound: 柔らかな、しゅうっという水音 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 224
   
try to sound bright and lively: できるだけ元気な声を出そうと努める スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 271
thin, cool sound: 涼しげな声 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 36
the sound of sb’s laughter reaches sb’s ears: ( 人の) 笑い声が( 人の) 耳に響く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 217
sound sad and thoughtful: 自分の内側をのぞきこむような悲しげな声でいう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 82
sound as weary as ...: 〜の声も、〜のようにものうい マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 65
one’s voice sounds strange to one: 自分の声が自分の声でないように聞こえる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 317
never heard the sound of laughter: 高い笑い声などの聞こえる試しはまるでない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 25
make a sound: あいまいな声を発する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 34
incoherent sounds of lamentation and regret: 悲しみと後悔の入り乱れた声 ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 37
have never heard a sound so sweet and dear as ...: 〜ほどなつかしい優しい声をまだ聞いたことがなかった ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 233
get away from the sound of sb’s crying: (人の)泣き声を耳にするのが嫌だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 78
do not make a sound: 声一つたてない マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 40
already feel better than one look or sound: 見た目や声より、気分のほうはだいぶよくなっている デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 69
a weak, bewildered sound: かぼそくて途方に暮れた声 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 273
声が流れる
   
sb sound sad and failing: (人の)ひっそりとした、悲しげな声が流れる カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 32
声だ
   
sound undone: 途方にくれた声だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 70
sound on the verge of rage: いまにも怒りだしそうな声だ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 183
声音
   
respond with tha inarticulate sound of negation: 何とも形容し難い異様な声音で拒絶の意を示した スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 147
静寂
   
the sounds of the night return: 夜の静寂がよみがえる バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 194
説明の仕方だ
   
sound so factual, so clinical: とても理屈っぽい、いかにもお医者さんらしい説明の仕方だ グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 112
装う
   
sound innocent enough: さもあらぬふうを装う クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 183
足音
   
the sound of sandals slapped against the tiles of the hallway: タイル貼りの玄関をぺたぺたと叩くサンダルの足音 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 256
打つ
   
sound in sb’s ears: (人の)耳を打つ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 316
探る
   
unsuccessfully sound out one’s true feelings: (人の)意識の底を探りそこなう 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 30
地道な
   
sound tactics: 地道な戦術 コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 18
調子
   
the sound of them: 声の調子 ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 66
調子だ
   
sound casual: さりげない調子だ 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 30
吐息
   
make a deeper sound: 深い吐息をつく トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 121
不満の声
   
make a sound: 不満の声を発する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 348
物音
   
there is no sound at the other end of the line: 電話の向こうには物音ひとつ聞こえない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 125
the sounds in the room: 部屋の物音 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 61
the departing sounds of sb: (人が)出かけていく物音 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 123
strain one’s ears to catch the slightest sound: まわりの物音に賢明に耳を澄ませてみる 小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 11
spooky sounds: 薄気味わるい物音 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 328
notice a curious sound: 奇妙な物音を耳にする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 224
hold to the sounds of ...: 物音に聞き入る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 123
hear a sound from above: 頭上で物音がするのに気づく タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 129
物言いをする
   
do not wish to sound particularly curt: 格別そっけない物言いをするつもりはない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 208
聞こえる
   
sounded off the plate to one: (人の)耳にはプレートの上を通らなかったように聞こえた プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 304
sound too anxious: 上ずって聞こえる ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 57
sound sort of ...: 〜に聞こえる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 219
sound gentle to sb: (人に)優しく聞こえる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 25
sound extraordinary: 異様に聞こえる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 188
make sb sound like ...: こんなふうにいうと、(人が)〜のように聞こえる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 64
it certainly sounds reasonable: これはきわめてもっともに聞こえる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 322
do not sound like much: なんでもないように聞こえる サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 125
聞こえるもの
   
there is no other sound: その外には何の聞こえるものもない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 39
鳴らす
   
sound three blasts on her horn: 三度汽笛を鳴らす 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 92
鳴り響く
   
sound in one’s head: 〜の頭のなかで鳴り響く フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 165
様子だ
   
sound positively alight: 大いに活気づいた様子だ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 187
理に叶ってる
   
be a very sound ecological practice: エコロジー的にみると、〜だって、とても理に叶ってる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 64
良識家
   
sound and cautious: 良識家で慎重 セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 88
話し方になる
   
sound as if ...: 〜といわんばかりの話し方になる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 28