speech   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ことば
   
human speech: 人のことば 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『鹿踊りのはじまり』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 109
しゃべり方
   
sb’s slurry speech and blazing eyes: とろんとしたしゃべり方や赤く血走った目 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 347
しゃべる
   
resume one’s speech: またぞろしゃべりだす ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 29

悪口
   
when one finish one’s speech by knocking sb under its feet: ちょうど悪口が終わった(人は)、いきなり馬の足もとに(人を)なぐりたおす E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 57
一席
   
make a speech about sth: 〜について一席をぶつ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 21
make a speech: 一席ぶつことになる ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 101
演説
   
make speech: 演説をぶつ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 146
make an impassioned speech: 熱情的な演説をする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 414
know every word of sb’s speech by heart: (人の)演説を一言一句諳んじる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 28
言葉
   
one’s speech come: 言葉が口をでる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 87
hold one’s own speech: 言葉を極力おさえる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 16
have the power of human speech: 人間の言葉をしゃべっている 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 159
語り口
   
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 19
広舌
   
lengthy speech: 好き勝手な長広舌 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 195
雄弁
   
somewhat puzzle at sb’s speech: (人の)雄弁にいささかまごついて E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 88
与太話
   
Dundy, still scowling at the girl, ignored Spade's speech and asked her: ダンディは女からきびしい目を放さず、スペードの与太話を無視して、たずねた ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 117
用語法
   
admire sb’s economy of speech: (人の)簡にして要をえた用語法には感服する アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 131
話す言葉
   
one’s speech is littered with ... terms: (人の)話す言葉の中に〜の専門用語がどんどんまざり込む 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 108
訛り
   
with one’s North End speech: スラム地区ノースエンド訛りまるだしでしゃべる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 328

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

unwarranted little speech: 要らざる口添え
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 100
speech teacher: 話し方教室の先生
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 186
polite, feminine forms of speech: 女言葉
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 43
make a speech: ひとしきりしゃべる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 195
make a speech: 一席ぶつ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 305
make a speech: 何かしゃべる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 285
make a speech: 説教する
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 30
intimidating speech: 凄文句
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 112
figure of speech: もののたとえだ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 126
will make a little speech about something complicated and intellectual: なにか難解で知的なことについて一席ぶってやる
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 220
toil without speech across ...: 口一つきかず、〜をとぼとぼ横ぎりつづける
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 23
the sound that emerges was no intelligible human speech: 何を云っているのか意味を持つ言葉になりかねていた
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 36
one’s speech has run for a deal longer than either of sb apparently expected: どちらが予期したよりも長広舌になる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 225
make the speech on ...: 〜に対する意見をおおやけにする
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 284
make speeches at sb until sb come around to one’s side: (人が自分の)側に立つまで説得する
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 54
make sb a speech: (人に)向かって口を切る
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 38
make no more outraged speeches to sb: (人に対しては)今後口を慎む
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 256
lose one’s power of speech: 舌が段々もつれてくる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 136
grand speech of sb’s: まくしたてる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 14
be no mere figure of speech in sb’s case: 〜の場合、決して誇張ではない
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 3
be just full up with speeches: 話したくて胸がいっぱいだ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 212
be good enough to say so, as a fashion of speech: 一応の挨拶としては、そう言ってくれる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 42
be a long speech for sb: 〜にしては珍しく多弁だ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 75
an army edict controlling freedom of speech: 軍の言論統制令
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 6
a speech might help matters: 一席ぶちまくれば形勢好転する
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 274
a figure of speech: 言葉のあや
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 19
predictably banal speech of welcome: お定まりの平凡な歓迎スピーチ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 101
stubborn brevity of sb’s speech: (人の)執拗なまでの言葉すくなさ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 87
sb’s speech is lively and sb’s face bright.: 言葉遣は活溌である。顔はつやつやしている。
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 158
burst into a torrent of impassioned speech: 激烈な、早口でしゃべりはじめた
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 134
childish manner of sb’s speech: あどけない(人の)口ぶり
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 105
sb’s rough manner and coarse speech: (人は)お行儀が悪く、言葉遣いもぞんざいだ
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 107
confused speech: 言語不明瞭
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 46
speech is the deadliest of revealers: 話をしていると、何かわかってくるものだ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 224
speak deliberately, as though one were reciting a prearranged speech: 前もって打ち合わせをした台詞をのべるように
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 117
Her speech came flowingly: 言葉はよどみなく口をでた
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 87
elaborate formality of speech: 四角四面な言葉づかい
フィッツジェラルド著 野崎孝訳 『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby ) p. 68
James made an impressive speech: ジェームズは堂々たるスピーチを行った
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 332
giggle incessantly through sb’s speech: (人の)言葉にいつまでもくすくすと笑う
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 76
provoke sb into unguarded speech by increasing that hostility: (人を)怒らせてその敵愾心をかき立て不用意な話をさせる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 99
indecisive tone of sb’s speech: 思い切れない様な話の調子
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 147
mongrel in speech: 喋りかたはどこのものともつかない
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 134
mutter, as if one have a speech defect: 舌がうまくまわらないというふうに繰返す
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 161
through habits of speech that are nonessential: さしたる意味もない慣用語を使って
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 61
nuances of sb’s speech: 言葉の含み
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 240
be alert as ever to nuances of speech: その曰くありげな言い方に気づいて
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 473
obligatory speech: 最初に決まって行われる演説
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 27
sb’s manner of speech is so peculiar that ...: へんな言い方をするので〜
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 27
a piss-awful speech: くだらん一席
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 21
one’s slowness of speech: 口下手
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 166
speech therapy class: 話し方教室
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 97
an unwarranted little speech: 要らざる口添えをする
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 100