strength   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
はげしく
   
its strength and ardor: はげしく熱っぽい〜 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 263
ものをいって
   
on the strength of a glowing recommendation from sb: 〜の熱のこもった推薦状がものをいって クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 536

エネルギー
   
waste one’s strength rolling around: エネルギーをむなしく費やす ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 102

頑強さ
   
sb’s undiminished stamina and strength: 衰えを知らぬスタミナと頑強さ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 116
気丈さ
   
<例文なし> 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 155
気力
   
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 95
強さ
   
have the inner strength to do ...: 〜する強さをもつ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 115
強味
   
This was his strength: それが彼の強味だったんだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 171
苦労
   
it takes all one’s strength to push the words from one’s mouth: 言葉を口から押し出すのにたいへんな苦労がいる フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 66
屈強
   
an impression of considerable strength: いかにも屈強という印象 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 11
元気
   
would not have the strength to do: 元気が残っていない ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 424
体力
   
you have to get your strength back: まず体力を取り戻さなきゃだめだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 213
require the utmost remaining strength of the two ancient clerks: やっと残る老いの体力をふりしぼって、必死に足を踏ん張っていなければならない ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 265
張り
   
sb’s voice has no strength: 声にまるで張りがない リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 111
度胸
   
have the courage and strength to do: 〜するだけの度胸もあり勇気もある 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 237
味方にする
   
be strengths for sb: (人の)味方にする サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 164
勇気
   
gathering one’s strength: 勇気をふるって フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 75
draw strength from ...: 〜を見て勇気をふるいおこす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 163
頼もしい
   
there is hope and strength in sb: 希望するような頼もしい人だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 49
   
great strength: 力いっぱい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 109
gather strength: 力がこもる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 285
every fiber of strength in one: 自分のなかの力の細胞 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 346
call out with particular strength still retaining one’s clarity of tone: 力をこめて朗々とよみあげる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 78
become over-confident about one’s own strength: 自らの力を過信するに至る 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 178
力づよさ
   
be circled by one’s strength: (人の)力づよさにつつみこまれて スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 202

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

with all one’s strength: 体ごと
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 441
strengths and weaknesses: 得失
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 73
physical strength: 体力
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 24
on the strength of: 〜で
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 155
greater strength: 重味
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 252
gather strength: 勇を奮う
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 27
feign strength: 虚勢を張る
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 506
a lady of such obvious strength of character: この気性
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 166
with all one’s strength: 渾身の力をこめて
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 413
with all his slender strength: かぼそい力のありったけをふりしぼり
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 461
take strength from each other: おたがいに力を吸収しあう
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 38
take all sb’s strength to do ...: 必死に〜しようとする
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 130
strength is lent to sb’s supposition by ...: その仮説は〜でも裏付けられる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 84
put one’s monstrous strength to proper effect: 滅法もない怪力をふるう
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 371
one’s effort has drained one of even the strength to stand: もう立っているのもやっとなくらい体力と気力を使い果たした
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 292
need to keep up one’s strength: 消耗しちゃったらどうしようもない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 139
keep up one’s strength by ...: 〜で元気をつける
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 267
just to give strength to their elbow: 激励役といったところだな
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 228
I wish I had my strength: 私の体が普通だったら
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 281
have the strength of mind to hide it: それを隠すだけの図太い根性を持っている
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 103
have such strength of mind: 気がしっかりしている
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 271
go from strength to strength: 前進また前進だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 259
exerting all one’s strength: 渾身の力をふるって
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 258
can almost see the strength flow back into sb: (人が)ふたたび難攻不落の印象に立ちもどっていく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 292
His teammates admired Keller's strength of character: チームメイトたちはケラーの芯の強さに一目おいていた
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 100
fling all one’s strength against ...: ありったけの力を〜にそそぐ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 430
heedlessly apply all one’s strength to sth: うっかり〜に力をとられる
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 160
unintentionally put strength into the arm: 手に思わず力が入る
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 57
become isolated and bereft of strength: 孤立無援に陥る
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 300
call up one’s reserves of strength: 残っているだけの力をふりしぼる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 218
be at the center of German economic strength: ドイツ経済の主力をなす
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 266
strength of character: 芯の強さ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 100
be pleasantly charmed by the strength and swirls of the letters one produced: 堂々と力強い筆跡に一安心する
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 27
Close-knit, Stern's children appeared to take strength from each other: スターンの子供たちは固く結びついていて、おたがいに力を吸収しあっているように見えた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 38
with the return of strength and comfort: 体力と安心感が戻ってくるにつれて
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 59
with the return of strength and comfort: 力と安堵をとり戻してくるにつれ
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 139
survive more by deception than by strength: 力より狡猾な知力によって生き延びてきた
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 166
one’s strength desert one: 力が抜ける
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 109
disintegrate under one’s sheer physical strength: 自分の純粋な肉体的な力だけで消滅させてしまう
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 308
drain the last reserves of sb’s frail strength: 〜ののこり少ない体力のありったけをしぼりとる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 203
a state of emergency gives you superhuman strength: 火事場の莫迦力
新井素子著 マッカンドレス訳 『ブラック・キャット』(Black Cat ) p. 136
without strength enough to do ...: 〜する力すら失う
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 82
find no sense or strength to flesh itself in: (感情を)言葉にするほどの知覚も力もない
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 156
a fussy pomposity replacing any real strength: 本当の実力のかわりにこけおどしの尊大さだけで取りつくっている
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 186
a notion gains strength in sb’s mind: 考が頭を擡げて来る
谷崎潤一郎著 チェインバーズ訳 『痴人の愛』(Naomi ) p. 235
read the strength of one’s hand: 手の内を読む
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 173
hold back one’s strength: 力を加減する
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 59
industrial-strength mysteries: 産業の原動力になる疑問
with the last of one’s strength: 最後の力をふりしぼって
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 267
maintain most of physical strength of youth: 若いころの体力の大部分をいまだに持ち続けている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 24
a beautiful note of strength run in its depth: その底に一筋の美しい強さが通っている
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 24
outlive sb’s bodily strength: 肉体の力より長もちしている
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 130
a person of considerable strength: 相当な力の持ち主
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 61
must be the pioneer in this turning inward for strength: この我々の内部に力を求めるということの先駆をなさなければならない
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 53
a fussy pomposity replacing any real strength: 本当の実力のかわりにこけおどしの尊大さだけで
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 186
have a sombre pride and strength: りんとした傲りと強さがある
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 59
If you want to recover, you have to get your strength back: 「よくなりたいと思うなら、まず体力をとりもどさなきゃだめだ」
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 213
with one’s remaining strength: やっとの力で
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 223
one’s tiny reserves of strength: のこり少ない体力
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 350