taken   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

be genuinely taken aback by the irrelevancy: まるで見当違いのことが出てきたのには(人は)唖然となる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 125
be taken aback when: 〜のときには、意表を衝かれる
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 216
seem taken aback by ...: 〜に思いも寄らないという風をする
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 247
one might call sb taken aback: 辟易したという言葉が当っている
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 249
have seemed taken aback: あっけに取られているようだ
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 38
be understandably taken aback by crudeness of sb: (人の)口からこんな下品な言葉を聞かされて、腰を抜かさんばかりに驚く
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 148
be taken slightly aback: びくっとする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 312
be taken aback to find sb: (人の)姿を目にして驚く
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 172
be taken aback by sth: 〜で、少しひるむ
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 261
be taken aback by sth: どきんとする
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 20
be taken aback by its brightness: とまどうくらいの明るさがみちている
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 198
be taken aback by ...: 〜にぎくりとする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 190
be taken aback by ...: 〜に押されて閉口する
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 196
be taken aback by ...: あっけにとられる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 140
be taken aback at sth: 〜に度肝を抜かれる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 413
be taken aback: あっけにとられる
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 65
be taken aback: あっけに取られる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 210
be taken aback: びっくりする
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 264
be taken aback: ギョッとする
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 106
be taken aback: 意外な気がする
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 9
be taken aback: 気をのまれる
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 179
be taken aback: 虚をつかれる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 114
be taken aback: 思わずたじろぐ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 197
be taken aback: 度肝をぬかれる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 10
be taken aback: 不意をつかれてたじたじとなる
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 138
be taken aback: 不意をつかれる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 371
be taken aback: 呆れる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 183
be taken aback: 呆気にとられる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 42
be taken aback: 目を疑う
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 85
be taken aback: 愕然とする
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 80
be somewhat taken aback: ちょっと意外である
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 17
be so taken aback: あっけにとられる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 268
be quite taken aback: 唖然とする
有吉佐和子著 タハラ訳 『紀ノ川』(The River Ki ) p. 12
be a little taken aback: いささか虚をつかれる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 88
be a little taken aback: 怪訝な顔をする
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 56
sth is taken into account: (物に)気をくばる
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 23
one’s head aches from the tumble one have taken: ころんだときにぶつけた頭はがんがんする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 311
be taken full advantage of by sb: (人から)大いに乗ぜられるところとなる
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 71
be afraid of being taken for ...: 〜と取られては困ると思う
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 46
have taken to pills and alcohol, bringing on ...: 酒と睡眠薬ののみ過ぎが引き金になって〜
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 211
They had all taken place in the early hours of the evening: 盗難はいずれも宵の口であった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 43
not only do it all get taken up: 一滴残らず飲み干されたばかりではなく
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 52
that’s all taken care of: それなら心配ないわ
レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 53
for all the reverses one’s life have taken in the past year: たとえこの一年、いくら自分の人生が不運つづきだったにしても
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 77
have always rather taken to sb: 以前から(人に)好感を持っている
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 295
great care is to be taken in drawing analogies: 安易ななぞらえ方をされないように細心の注意を払う
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 80
That's taken care of, big boy, and I must get to work!: これでもうだいじょうぶよ、さ、仕事に出かけなきゃ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 180
Ueberroth had taken a minute before asking,: しばらく間をおいてからユベロスは問い返したという
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 209
ask oneself why it have taken so long: どうしてこう手間取ったんだろうと思う
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 37
get taken in by a bad one: 飛んだところへ引き取られる
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 182
do not seem to have taken the break too badly: 失恋でひどい痛手を受けたようには見えない
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 146
be taken quite off balance: ときまぎしてしまう
川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 60
have taken only a few blistering occasions to teach sb: たった二、三度手きびしい叱責を受けただけで、(人の)頭にすっかり刷りこまれている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 331
be obviously quite taken with the remark and grin broadly: まんざらでもなさそうに破顔する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 84
But he'd taken the time and endangered himself to rescue Doris: それでいて、わざわざ手間をかけ、自分を危険にさらしてまで、ドリスを救い出しているのだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 566
have the problem taken care of: 本格的に治療する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 433
that’s taken care of: これでもうだいじょうぶよ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 180
I would have taken care of it!: わたしにもできたことがあったのに
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 358
have taken care of oneself a long time: 長い間、自分のことは自分で始末をつけてきた
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 38
care needs to be taken: 慎重なふるまいに出たのは当然のなりゆきといってよい
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 219
care have to be taken: 慎重にふるまわなければならない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 220
can not be taken care of by doing: 〜しても役に立たない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 21
be taken care of for you: 誰かが代わりにやってくれる
be being taken care of: 着々と進んでいる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 458
get to taken to the cleaners by sb: (人に)身ぐるみはがされてしまう
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 429
all the left-hand tunnels cleared of sth, and sth taken: 左側のトンネルにいた獲物は一網打尽にしたと
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 263
be completely taken in by ...: まんまと〜に乗ってしまう
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 65
be so completely taken up with oneself that ...: 自分のことしか念頭にないから
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 87
The Boss's condition has taken a sudden turn for the worse: 先生の具合が急に悪くなったんだ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 205
be taken into consideration: 〜ということをしかるべく斟酌する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 456
The two had taken the tops off their cardboard containers of coffee: ふたりは、コーヒーを入れて運んできたボール紙のお盆のふたをとりのけたところだった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 365
no prisoners could be taken: 敵を捕虜にするゆとりは消えてなくなる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
could be taken either as A or B: AともBともつかぬ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 13
be now taken as a matter of course: いまではごくあたりまえのこととして受けとられている
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 113
Most of the fuchsia cuttings had taken and were looking good: フューシャの苗木はよく根づいて生育もよさそうだった
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 38
decide that sth can be taken as evidence that ...: 〜ことを裏書きしているようなものだと思う
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 51
be slightly taken aback by the directness of the query: 単刀直入の質問にいささか不意をつかれる
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 86
one’s voice have taken on that nagging, tired edge: (人の)声が疲れといらだちの色を帯びる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 188
they’ve taken enough photographs: さんざん写真も撮っていった
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 17
never has a pickax been taken up with more enthusiasm: これほど張り切ってツルハシをふるったことはいまだかつてない
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 60
be entirely taken up with ...: 〜に心を奪われている
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 36
be especially taken by sth: (物が)気にいる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 253
The first time even I had been rather taken aback: 私だって、最初は相当にどぎもをぬかれたものだ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 10
haven’t been taken in, even for a moment: 一瞬たりとも欺かれはしなかった
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 45
as if the heat had taken everything out of sb: 暑さに精を吸いとられたかのように
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 81
everything one say can be taken two ways: ことばの裏はもう一度ひっくりかえせば表になる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 119
taken at face value: ありのままに受けとる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 102
a woman who has taken his fancy: 男が心を寄せた女
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 136
be taken up with half-drunk fantasies: 生酔いの幻想にとりつかれて
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 113
have taken on a far-seeing sharpness: 遠くのものを見すかすような鋭さをおびてくる
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 55
a pleasure that made one feel as if one had taken a pill: 覚醒剤でもやったようなすてきな気分
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 175