theory   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
やりかた
   
What's the theory: やりかたは? プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 149

憶測
   
air these theories to sb: その辺の憶測を(人に)いう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 493
仮説
   
But they are only theories, and all of them would upset you: ありますが、あくまで仮説にすぎませんし、聞けば動転なさるでしょうから デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 133
be just theories: ただの仮説 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 267
advance certain theories: いくつか仮説を立てる オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 22
観察
   
it is sb’s theory that ...: 〜の観察では〜 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 148
筋のとおる解釈
   
A dozen other theories could satisfy the data: このデータから筋のとおる解釈はいくつも引き出すことができるだろう ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 263
建て前
   
in theory: 建て前としては ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 274
見こみ
   
I am afraid that whatever theory we state has very grave objections to it,: われわれがどんな見こみを立てようと、警察の考えとはひどく食いちがうにきまってるさ ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 18
考え
   
Smiley was teasing himself with the theory he was determined to hold at bay: スマイリーはそれだけはよせつけまいとしていた考えを、頭のなかでいじっていた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 130
持論
   
have the cockeyed theory: 風変わりな持論を持っている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 222
心当り
   
have some theories about sth: (物事)について心当りがある ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 100
推測
   
outlandish theories are being passed round: あれこれ突拍子もない推測がとびかう ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 263
推理
   
test a theory: 推理をためす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 94
my theory certainly presents some difficulties: ぼくの推理には、少し無理があるようだ ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 227
idle theories: やくたいもない推理 ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 117
evolve a theory: 推理を展開する アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 193
But that's just a theory: だかこれはあくまでひとつの推理にすぎん デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 54
推量
   
sb’s secret theory: (人の)ひそかな推量 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 365
推論
   
You have a theory: 推論があるのかい ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 68
form theories: 推論を立てる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 246
   
Which is, in short, the present theory about the Milky Way: これがつまり今日の銀河の説なのです 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 56
That was one theory put forward in the newspapers: これは新聞で取り上げられた説の一つである レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 440
our theory: 私たちの説 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 68
But you must have a theory or two, Mr Brenner: しかし、きみにもなんらかの説があるだろう、ミスター・ブレナー デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 133
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 78
理屈
   
theory assume that ...: 〜というのが理屈だ サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 121
may have disposed of sth in theory: 一応理屈はつくことはつく 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 119
理想
   
theory and practice don’t always go hand in hand: 理想と現実は、食いちがいを生じ易い 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 299
理論
   
swallow sb’s theories whole: (人の)理論をそのまま鵜呑みにする 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 48
in theory: 理論上は トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 123
be quite a theory: たいした理論である トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 232
   
illusion theory: 幻の論 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 230

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the theory is that ...: 〜なのだ
one’s theories and ideas: 観念
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 228
in theory yes: たしかにそうです
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 105
in theory: はずである
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 193
in theory: 原理は〜というものである
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 60
in theory: 順序からいえば
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 28
in theory: 表向きは
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 199
in theory: 本来なら
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 96
form a theory: すじ道が立つ
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 10
psychologists have various theories to explain it: 学者のあいだにも色々な説がある
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 172
motivating theory was ...: 思い立ったのも〜という理由から
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 118
have some theories about ...: 〜に一家言をもっている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 181
have a theory that ...: 〜ことになりそうだ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 54
frame theory after theory: ああでもないこうでもないと考える
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 60
form theories about ...: 〜について想像をたくましくする
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 47
be reminded of sb’s theory that ...: 〜としか思えなくなってくる
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 210
be not much on theory: 理論的に〜してなんかいない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 187
become almost completely absorbed in developing one’s theory of ...: もっぱら〜の問題を追求する
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 2
Actually, I agree in theory: ごもっとも。おれも理論的にはそう思う
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 49
Just another theory to store in the hanger: ただの仮説のひとつさ。これも格納庫におさめておくべきだな
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 161
an extremely astute theory: なかなかうがった説
安部公房著 ソーンダーズ訳 『他人の顔』(The Face of Another ) p. 51
sb’s statements that ... provide the basis for establishing the love suicide theory: 〜という言葉が、この二人の情死説を裏づける、ほとんど唯一の証言となっている
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 95
change one’s theory: 説を考えなおす
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 158
be a comforting theory: まったく虫の良い理論だ
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 68
be consistent with theory: 理屈にかなっている
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 31
whether or not sb’s theory is correct: その説の真偽はさておくとしても
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 13
be not entirely sold on the lover theory: 愛人説には半信半疑だ
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 79
proceed, rather more tentatively, with the rest of one’s theory: それでも前よりは試験的に、自説の残りを書き進める
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 172
so much for sb’s theory: 〜の説はあっさりくつがえされた形である
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 68
remarkable theory: 卓抜な理論
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 96
one’s wee-hours theory: 深夜に立てた仮説
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 132