though   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜しているくせに
   
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 43
〜すると
   
though not for long: ほどもなく〜すると 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 286
〜だというのに
   
Though it was New Year's Day, a submerged tremolo pervaded the harbor: 元旦だというのに、港に瀰漫する沈んだ顫音は渝らなかった 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 107
〜だとしても
   
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 96
〜とはいいながら
   
though it is raining: 雨の日とはいいながら 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 22
〜と前置きしたうえで
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 225
〜ながら
   
<例文なし> 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 96
〜ながらも
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 100
〜にしても
   
though ...: 〜にしても 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 234
〜のわりには
   
though brilliant: 上出来のわりには ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 43

   
There's one other thing, though: あ、まだつづきがあるの スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 81
ああ
   
You have some first, though: ああ、お前さきにおあがり 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 59
いいえ
   
<例文なし> 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 155
いや
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 56
   
though one don’t imagine there is any cause for worry in this case: その心配はないと思うが 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 119
しかし
   
though ...: しかし〜 アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 335
It wasn't all fabrication, though was it, Toby?: しかしトビー、全部が全部つくりごとでもなかっただろう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 235
しかしながら
   
<例文なし> ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 48
しかも
   
though never succeed in gaining anything for sb discomfiture: しかも、失敗するだけで、何一つ得るところがない ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 53
そして
   
<例文なし> ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 56
それでも
   
though it is just enough to do: それでも〜する 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 131
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 93
それにしても
   
She was right, though: それにしても彼女の言う通りなんだ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 269
She was nice, though: それにしても彼女はいい人だった サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 237
If he's an assassin, though he sounds like a bit of an amateur: それにしても、その浪人が仕掛人だとすれば、こいつ、よっぽど間ぬけなやつだなあ 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 68
ただ
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 100
ただし
   
though it’s one’s belief ...: ただし(人の)見るところ〜 デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 54
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 411
だけどね
   
There is one other thing, though: だけどね、もうひとつ条件があるんだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 190
だだし
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 388
ではあったものの
   
<例文なし> べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 144
でも
   
though ...: いくら〜でも 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 193
というのに
   
though ...: 〜というのに カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 93
といっても
   
Plenty of time, though: といってもまだ時間はある マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 259
ところが
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 295
とにかく
   
"This is what I mean, though" I said: 「とにかく、僕の言うのはこういうことなんだ」と、僕は言った サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 227
どうも何だね
   
It's a strange diversion, though isn't it?: どうも何だね、ひょんな横道へ逸れてしまいそうだ 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 109
ないにしろ
   
though this is not a very good opportunity for doing: 〜する格好の機会ではないにしろ ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 13
ながら
   
though still early: 朝ながら 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 17
though it is a little late: おそまきながら クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 588
<例文なし> 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 35
   
though one’s reasons for sorrow or joy rarely seem convincing to the observer: 不幸につけ幸福につけ、傍から見ればいつも理由の薄弱なこの人の 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 118
むろん
   
though dismiss the idea as baseless: むろん根も葉もないこととすぐに打ち消したが ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 152
もっとも
   
though it is usually performed a good two hours earlier: もっともいつもなら、用事はもうたっぷり二時間は早く終っているのだろうが ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 185
though I must admit ...: もっとも〜だが アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 155
He caught on quickly, though: もっとも、さすがにハッカーはすぐに自分の誤りを悟った ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 37
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 288

元来〜であるが
   
though a strong and vigorous man: 元来頑健な人間ではあるが アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 28
他方
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 71
第一
   
<例文なし> オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 173
反面
   
<例文なし> クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 67

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

though AA, BB: AA割にBB
池波正太郎著 フリュー訳 『秋風二人旅』(Master Assassin ) p. 133
though ...: なのに〜
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 260
first though: それよりまず
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 450
even though ...: 〜なのに
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 192
even though ...: 〜にはちがいないが
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 116
even though ...: せっかく〜なのに
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 490
even though: 〜だというのに
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 127
even though: ただし
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 8
as though unconsciously: 無意識を装って
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 97
as though ...: 〜という風に
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 129
as though ...: 〜な様子で
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 95
as though ...: 〜めいた感じがある
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 94
as though: 〜だといわんばかりに
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 75
as though: 〜みたいに
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 33
as though: どこか〜というふうだ
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 71
actually, though: でも
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 216
..., though ...: ただ
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 37
though of course I should like to be ...: そりゃもちろん、〜になりたいのは山々だけど
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 42
though for different reasons: 理由こそちがえ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 294
the lips parted as though in anticipation: 小さく「あ」と言っているような唇
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 43
that sounds as though ...: ということは〜
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 261
looking as though ...: いかにも〜といったような顔つきをした
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 217
look at sb as though to do: 〜する目つきになる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 116
look as though one would burst into tears any minute: いまにも泣きだしてしまいそうな顔をする
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 18
look as though one might expire at any moment: いつ息が絶えるとも知れぬ様子だ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 59
it seems too early, even though it isn’t: じっさいにはなんの障害もないのに〜するのが早すぎると思ってる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
it seems sb got off too easy, even though sb didn’t: じっさいには〜が頭にこびりついているってのに〜のことをさっさと頭から追い出そうとしている気がする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
it looks as though ...: 〜そうな気配になっている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 224
it looks as though ...: 〜のようだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 240
it is as though one have not heard a thing: (人は)何一つ聞こえたそぶりもみせない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 483
it is as though ...: 〜した観がある
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 53
I understand though ...: ま、わかんなくはないけどさ・・・
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 75
have clarity of thought: きちんとした判断ができる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 46
feel as though one have a chance to affect things: みずから作戦向上に参加できるとの意識を持てる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 116
feel as though one’s chest would burst: 胸が引裂ける思いだ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 283
even though the hagiographic attitude of historians writing for young people: 青少年向けにいささか史家が聖人列伝めいた書き方をしているきらいはある
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 82
even though one know that ...: 〜と思ったのだれど
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 61
even though I tell ...: 〜って言ってるのに
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 20
can tell that something is up, though one don’t know what: どうも雲行きがおかしい
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 61
behave as though words are too precious a commodity to squander: 言葉を惜しがる人のように
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 231
as though to prove that ...: 〜の証拠に
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 94
as though sb is sth: (人を)(物に)見立てて
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 102
as though one was doing: 〜したのか
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 90
... even though one had to do: 〜した。〜するのが骨だった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 519
... as though absent-minded: 放心したように
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 19
Not so absorbed though as to ...: 〜するほど没頭しているわけじゃない
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 415
accidental charm of sb’s graceful, though to sb only half-serious, fopperies: (人)自身にしてみればちょっとしたおしゃれにすぎないのだがその趣味のよさが偶然醸しだす魅力
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 192
act as though nothing ever happened: けろっとしている
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 303
act as though ...: 〜する真似をする
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 209
as though at a signal previously agreed upon: 諜し合わされたように
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 203
be alive though in a bad way: 息はあったが重傷を負っている
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 243
though sb have been all ears: 幾ら体じゅうを聞き耳にしてみたところで
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 200
even though sb had allegedly done ...: (人が)みずから買って出たという話だが
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 114
almost as though ...: あたかも〜のように
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 125
as though he alone bears all the pain and misery in the world: この世の虐待を一身に背負ったような
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 81
as though they are completely alone: 人もなげに
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 209
he spoke out as though threatening them, his outlandish tone altogether unsuited to the setting: 脅かすようなその場にそぐわない奇矯な大声で言った
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 153
be the type of man who, though not amusing, has a knack of knowing things: 面白味こそないが、いろんなことに通じるこつを心得た男だ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 60
He read it anyway, though: それでもかまわず先生は読みやがった
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 20
even though one knew such an argument is unreasonable: 云いがかりと承知で
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 102
as though: 〜げに
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 32
as though to say ...: 〜と謂わんばかりに
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 24
as though sb were a stranger: 他人がましい
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 99
as though sb was sth: (人を)(物に)見立てて
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 102
as though sb is doing: 〜する気配をみせる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 54
as though: どうやら〜らしい
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 207
Mr Entwhistle assented, though with no enthusiasm: エントウイッスル氏はあまり乗り気でもなさそうにうなずいた
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 49
even though the hagiographic attitude of historian writing for young pople: 青少年向けにいささか史家が聖人列伝めいた書き方をしているきらいはある
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 82
as though too aware of how intently I was looking at sb: 私がしげしげと(人を)見つめているのにテレたみたいに
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 17
though usually the barkeep knew enough to give her a call: もっとも、わたしの場合はバーテンが心得ていてノラに電話してくれるのがふつうだったが
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 276
even though one firmly believe that ...: 〜も承知の上だが
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 103
it’s not the way to go on at all, though they swear blind that it is: 奴らが何と言おうと、そんな人生ってあるものか
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 57
as though bored with everything: 物に倦いた様子で
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 95
though brilliantly sunny: 太陽こそまばゆいくらいに照っていたけれど
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 8
as though an intimate secret has been brought to light: 自分の秘密でも見つけられたように
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 29
It made me mad, though when I was getting my coat: でも、オーバーを受け取りながら、腹が立ってたまんなかった
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 137
as though mean to charge it, crash it down: 今にもドアに体当りして押し倒さんばかりの剣幕になる
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 22
as though one is moving a checker to another square: まるで将棋の駒でも動かすように
フィッツジェラルド著 野崎孝訳 『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby ) p. 19
Collectively, though they offered no help.: しかし、全体としては協力の意思は表明されなかった。
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 176
get though the works and days with vigor and competent: こつこつと日夜勉学にいそしむ
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 167
though conscious of the risks involved: そういう危懼を抱きながらも
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 248
look as though one expect sb to contradict the statement: 反駁を見こんでいるような顔つきだ
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 42
though of course, ...: もっとも、〜したが
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 48
You should've heard the crowd, though when he was finished: でも、弾き終わったときの聴衆のさわぎは聞かせたかったよ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 132
I didn't do it crudely, though: でも、露骨にやったわけじゃない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 111
as though someone has just cried “Boo!” at sb: 誰かにたったいま「ブー!」と野次られたような
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 53
I will definitely get in touch with you soon, though don't worry: 近いうち、かならず呼び出すからね
池波正太郎著 フリュー訳 『おんなごろし』(Master Assassin ) p. 36
speak deliberately, as though one were reciting a prearranged speech: 前もって打ち合わせをした台詞をのべるように
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 117
as though dying to do: 待ちかねたというように
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 92
even though dimly: おぼろげながら
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 63
be dipping now one wing and the other, as though testing them: 両翼をためすようにかわるがわる撓らせる
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 7
as though something dreadful was going to happen: 虫が知らせたのか
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 246
feel an emptiness, and a lack, as though one were emerging from a state of possession: 憑き物が落ちたような虚しさと白々しさの中にいるじぶんを感じている
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 163
as though encouraged by sb’s presence there: (人が)いるのを見て安心したのか
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 105
even though it’s true enough to say that ...: 〜というのは確かだとしても
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 124
puzzled though enraged: 困惑しつつも激怒に駆られ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 364