towards   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜のほうで
   
towards the end of the lecture: その講演の終わりのほうで 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 6
〜めがけて
   
come towards sb: (人)めがけて駆け寄る ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 9

のほうで
   
towards the end of one’s paper: その論文の終わりのほうで 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 15
まで
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 218
までには
   
towards the end of the week: 週の終わりまでには ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 202

向き合う
   
have not noticed sb walking towards one: ( 人と) 向き合うまで( 人の) 存在に気がつかない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 220
方に
   
in silence one start to walk towards ...: それぎり話を切り上げて(場所)の方に足を向ける 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 242
方へ
   
walk towards ...: 〜の方へ回って行く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 97

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

towards the end of the Indian summer: 小春の尽きるに間のない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 19
some time towards the middle of August: 八月の半ごろになって
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 109
sb’s apparent indifference towards ...: (人が)〜をさほどに思う気色を見せない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 197
move towards sb like a cloud of locusts: イナゴの大群よろしくどっと押し寄せてくる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 257
walk abstractedly towards ...: 〜に向かってただ夢中で歩く
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 273
advance towards sb: 一歩前につめよる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 51
amble off towards sth: (何かの)ほうに去っていく
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 110
sb’s antagonism towards sb increases: (人に)対して反感を抱く
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 175
feel apologetic towards ...: 〜にたいするうしろめたさがある
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 335
express a strong feeling of apology towards sb: (人に)迷惑を掛けたことに対するわびの気持ちが強く現われている
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 27
a prevalent tendency towards an appearance of vegetating unwillingly: 何かいやいやながら伸びたとても言いたいような気配がありありと見てとれる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 202
sb’s whole attitude towards sb changes: (人の)気分が変わる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 78
sit with one’s back turned towards me: 背中をこっちに向ける
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 184
observe sb’s behavior towards one in a different light: (人の)態度を色々総合する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 176
large coconut palm that curves from behind the pool towards ...: 〜に向かって伸びている、プールの先の大きなココヤシの木
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 21
many people walking towards him beneath umbrellas: 傘をさして歩いてくる何人かの人間
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 77
go very far towards the busier part of town: 賑やかな町の方へ一丁ほど歩く
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 15
feel charitable towards sb: (人に)慈悲心を覚える
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 205
sb’s chin sink towards sb’s chest: (人が)うなだれる
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 61
cock one’s head towards sb: (人の)ほうに頭を傾ける
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 418
the spark comet towards the water: ちかっと光って水におちる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 513
sb’s composure towards sb: (人に)たいするおちつき払った態度
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 473
conceal a lurking resentment towards sb: 内心は(人)に対するうらみを蔵している
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 26
crawl, without a sound, towards ...: 音もたてず、〜の方へいざなって行く
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 222
creep towards ...: 〜の方へにじりよる
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 135
move one’s cushion towards verandah: 半分縁側の方へ席をずらす
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 87
break into a run and dash impatiently towards sb: こらえ性のない駆け足になって、〜の許に一散に走りだす
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 121
head irrevocably towards one’s own death: 自らの死に向かってもはや引き返せぬ道を行く
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 167
show respect or deference towards sb: 〜を敬う
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 65
be answered with a diffident gesture towards the display of maps: 地図をつっけんどんに示されるだけだ
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 19
tell sb directly how one feel towards sb: (人に)直接私というものを打ち明ける
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 223
be nicely disposed towards sb: (人に)好意をもっている
ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 48
shoulder sb towards the door: ぐんぐん体ごと、扉口の方へ押しつけてくる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 268
fly fast towards each other: 二機はみるみる接近する
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 23
walk easily back towards ...: 〜のほうへぶらぶらひき返す
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 40
edge towards ...: だんだんに話をそこへ持て行く
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 118
excessively sensitive towards other people: 対人的に過敏な性質を持つ
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 119
look expectantly towards ...: 〜のほうへ助け舟をもとめるような視線を向ける
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 36
simply express the feelings one have towards sb: (人に)持っている感情をそのまま出す
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 260
turn one’s face towards ...: (場所)の方を向く
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 39
from this place far away one comes walking towards osb: はるかかなたから、だれやら、こちらへ向かって歩いてくる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 37
The traveller fared slowly on his way, who fared towards Paris from England: パリを指してイギリスをたった例の旅人の、旅程は一向にはかどらなかった
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 115
how one truly feel towards each other: 深い消息
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 26
Turner's thought turned fondly towards coffee and cocoa: ターナーの想念は、らちもなくコーヒーとココアにおもむいた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 107
force sb verbally towards ...: 〜の実現のために言質をとっておく
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 259
fulfil one’s giri towards sb: 〜に義理を尽くす
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 31
glance warily towards my person: 疑惑の眼差しを私に向けられます
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 104
glance towards ...: 〜に眼をやる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 166
go out towards ...: 〜に向かう
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 23
feel guilty towards him: あの人には負目がある
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 72
spread out both one’s hands towards sb: 両手を(人の)方にさしだす
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 134
flee headlong towards ...: あたまから〜へ飛びこむ
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 9
sb’s heart warms towards one: (人に)好感をもたせる
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 5
sth help sb towards ...: (人に)〜をもたらす
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 99
Hostility towards Rick was a new and giddying notion for Pym: リックに対する反感というのは、ピムにとってあたらしい、めくるめくような感覚だった
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 188
walk hurriedly towards ...: ずんずん(場所)の方へ曲がる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 249
take immediate steps towards the latter precaution: とりあえず後者の手を打つ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 24
edge towards sth inch by inch: そろりそろりと(物に)近づく
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『鹿踊りのはじまり』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 113
keep walking intently towards ...: ひたすら〜のほうに歩いている
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 274
hold the bottle out in invitation towards sb: どうぞというように壜を(人に)さしだす
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 58
jerk one’s thumb towards sb: (人のほうを)親指でグイグイ指す
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 185
jerk sb mercilessly towards the ceiling: 情け容赦なく天井に引き上げる
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 32
jerk one’s head towards ...: 〜のほうへ顎をしゃくる
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 86
be kindly towards sb: (人に)いい顔をする
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 266
feel kindly towards sb: (人を)かわいそうに思う
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 48
lean ... towards ...: 〜を〜のほうへ倒す
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 256
lean towards sb: (人の)ほうに身を乗りだす
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 13
lean towards sb: 膝を乗り出す
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 41
windows look over ... towards ...: 窓からは〜越しに〜を望むことができる
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 175
look towards sth: 視線を向ける
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 170
look towards ...: 〜を眺める
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 164
manhandle sb towards the door: (人を)ドアのほうへ連れて行く
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 31
mark the shift away from ... towards ...: 〜から〜へのかわり目になる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 457